ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

トヨタとUberが「戦略的パートナーシップ」を締結、これはデカい

Toyota is establishing a 'strategic partnership' with Uber, which is a really big deal

f:id:takamints:20160525064016p:plain



Toyota and Uber are forming a "strategic partnership" which will include an investment by the Japanese automaker in the San Francisco-based ride-sharing company. Under the agreement, Uber drivers can lease their vehicles from Toyota and cover their payments through earnings generated as Uber drivers. The leasing period will be flexible and based on driver needs. The two companies also agree to conduct ride-sharing trials in countries that have yet to establish the practice.

トヨタとUberが「戦略的パートナーシップ」を形成しようとしています。 そこには、この日本の自動車メーカーによる、サンフランシスコのライドシェアリング企業への投資も含まれています。 契約の下で、Uberのドライバーはトヨタから車を借りられ、Uberのドライバーとしてあげた収益を、その支払いに充当できます。 リースの期間はドライバーの必要に応じて柔軟に対応するでしょう。 この2つの企業は、まだライドシェアリングが行われていない国々において、それを運営することにも合意しました。

UBER DRIVERS CAN LEASE THEIR VEHICLES FROM TOYOTA

Uberのドライバーはトヨタから、彼らの車を借りられる

Toyota says it will invest an undisclosed sum in Uber, which is already the most valuable technology startup in the world. The partnership between Uber and Toyota would be the latest in a series of collaborations between established automakers and the ride-sharing startups that are disrupting the transportation world.

トヨタは、既に世界で多大な価値あるテクノロジースタートアップUberへ、金額未公表の投資を行うつもりだと言っています。 このUberとトヨタの提携は、既成の自動車メーカーと、既存の輸送・交通の世界を破壊しつつあるライドシェアリングスタートアップによる、一連のコラボレーションの最新のものになるでしょう。

  • an undisclosed sum - 未公表額

A partnership between Toyota and Uber could help the ride-sharing company solve a lingering question surrounding its self-driving ambitions, namely where its going to get a fleet of cars to equip with its autonomous technology. Toyota, which is the world's largest car manufacturer, is taking self-driving technology very seriously. It recently established the Toyota Research Institute to develop AI technologies in two main areas: autonomous cars and robot helpers for around the home.

トヨタとUberの提携は、ライドシェアリング企業の自動運転への野望の周辺に残る問題の解決を助けられる。すなわち、自律運転技術を装備する自動車を得るために、どこへ向かうかという問題です。世界一大きな自動車メーカーであるトヨタは、とても真剣に自動運転技術を採用しています。先頃、自律運転車と家庭でのロボットヘルパーという、主な2つの分野において、人工知能技術を開発するため、トヨタ・リサーチ・インスティテュートを設立しました。

To date, Uber was the world's loneliest ridesharing startup. Many of its rivals were pairing up with bigger, wealthier companies, like Lyft with General Motors, or Didi with Apple. Just today, Volkswagen announced it was investing $300 million in Gett, a black car-hailing service. Now it appears that Uber has finally found a suitor, which should improve the company's image on the corporate stage.

これまで Uber は、世界の孤独なライドシェアリングスタートアップだった。 Lyft はゼネラル・モータースと、そして Didi はアップルというように、多くのライバル達が巨大な優良企業と提携していた。 ちょうど本日、フォルクスワーゲンが高級車の呼び出しサービスのGettに3億ドルの投資を行っていたと発表しました。 今、Uberは最終的に、同社の企業ステージにおけるイメージを改善するはずのパートナーを見つけたことが明らかになりました。

  • a black car - いわゆる「黒塗りの車=高級車」という意味かな(推測)
  • suitor - 訴人、求婚者。ここでは単にパートナーとしました。

Toyota did not mention self-driving cars specifically, but did say it would explore with Uber the development of in-car apps that support Uber drivers, "sharing knowledge and accelerating their respective research efforts," and establishing a special fleet program to sell Toyota and Lexus vehicles to Uber.

トヨタは特に無人運転車に言及しませんでしたが、Uberのドライバーを支援する自動車内のアプリの開発や、「知識の共有と、彼らの各研究への取り組みの加速」、そしてトヨタとレクサスの乗用車をUberへ販売する特別なプログラムの設立を、Uberとともに、探求したいと確かに言いました。


原文はこちら:

www.theverge.com