ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

SpaceXの初めてのロケット再利用打ち上げは秋に予定されている

Elon Musk Has a Date for the First Relaunch of a SpaceX Rocket

https://fortunedotcom.files.wordpress.com/2016/05/mic06_d.jpg?w=840&h=485&crop=1


打上花火 スターマイン 5本立 定価:864円/1本
カツラギ煙火
売り上げランキング: 24,510

Reusable rockets are expected to save a lot of money. The first relaunch of a SpaceX rocket is slated to take place this fall, according to CEO Elon Musk.

再利用ロケットは、莫大なお金を節約すると期待されています。 SpaceXの CEO イーロン・マスクによると、初めての再打ち上げが、この秋に予定されています。

Musk, who is also the CEO of Tesla, wrote on Twitter: “Fourth rocket arrives in the hangar. Aiming for first reflight on Sept/Oct.”

TeslaのCEOでもあるイーロン・マスクは、Twitterにこのように書きました:「4つ目のロケットが、格納庫へ到着。9月/10月に最初の再飛行を狙っています。」

As CNNMoney noted, the ability to relaunch a rocket will dramatically reduce the costs required for space travel. In May, SpaceX completed its last successful flight when one of its $35 million Falcon 9 rockets landed on a floating barge in the Atlantic Ocean, as Fortune wrote. On April 8, the company successfully landed a rocket on a floating drone ship for the first time after numerous failed attempts. It landed its first ever rocket on the ground in December.

CNNMoneyが、ロケットを再打ち上げする能力は、宇宙旅行の費用を劇的に削減するだろうと指摘しています。 5月、大西洋を浮遊する船へ3500万ドルのFalcon 9ロケットが着陸したとき、SpaceXは最新の飛行の成功を完成させたと、Fortuneが書きました。 同社は何度かの失敗のあと、4月8日に、初めてそのドローン船へのロケットの着陸を成功させました。 昨年12月に地上へ初めて降りて以来のことでした。

SpaceX also published a video showing footage of the April event:

SpaceXは、その4月のイベントの風景を映したビデオを公開してもいます:

www.youtube.com

In March, SpaceX announced that it had plans to launch a rocket into space every few weeks, including having 18 launched by the end of 2016. At the annual Code Conference earlier this year, Musk said that he plans for there to be a human colony on Mars by 2024 or 2025, as reported by Fortune. “It’s important to ultimately be out there among the stars,” Musk said. “It’s the exciting, inspiring future that I think people want.”

3月にSpaceXは2016年の終わりまでに、18回の打ち上げを含み、数週間ごとのロケットの打ち上げ計画があると発表しました。 Fortuneによれば、マスクは今年早くの年次のCodeカンファレンスで、2024年か2025年に火星に人の植民地ができる計画をしていると言いました。 「最終的に星の間の辺りにあることが重要だ。私が考える皆さんが欲する未来を鼓舞するのは、エキサイティングです。」と彼は語りました。


元記事は以下のリンクから

fortune.com