読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

これがSpaceXの惑星間輸送システム ― 火星移住用の宇宙船とロケット

SpaceX unveils the Interplanetary Transport System, a spaceship and rocket to colonize Mars

f:id:takamints:20160928053627p:plain



Private spaceflight company SpaceX has released a video that details its long-awaited "Interplanetary Transport System." The video was published less than an hour before CEO Elon Musk was scheduled to detail the system at the International Astronautical Conference in Guadalajara, Mexico.

民間宇宙企業のSpaceXが、待望の「惑星間輸送システム」の詳細を語るビデオを公開しました。 この映像は、メキシコのグアダラハラでの国際宇宙カンファレンスで予定されていた、CEOのイーロン・マスクによる、そのシステムの詳細説明の1時間ほど前に公開されました。

The video appears to show SpaceX's new rocket — the BFR, or "Big Fucking Rocket" — as well as the company's interplanetary spaceship — the BFS, or "Big Fucking Spaceship."

この映像には、SpaceXの新しいロケット ― BFR つまり「Big Fucking Rocket 超バカでかいロケット」 ― と、同社の惑星間宇宙船 ― BFS 「Big Fucking Spaceship (超バカでかい宇宙船)」が登場します。

youtu.be

The rocket and spaceship combination will apparently be much bigger than SpaceX's Falcon 9. Elon Musk tweeted that, together on the launchpad, they will reach 122 meters tall — almost twice as tall as the 70-meter Falcon 9. The BFR has 28,730,000 pounds of thrust at liftoff. Musk has said that the Raptor engine — SpaceX's next generation rocket engine — has about 500,000 pounds of thrust, which means the BFR would use somewhere in the neighborhood of 50–60 Raptor engines in its first stage. (For reference, the Falcon 9 generates 1.7 million pounds of thrust at liftoff and uses nine "Merlin" engines.)

このロケットと宇宙船の組み合わせは、明らかにSpaceXのFalcon 9よりも、かなり大きくなるでしょう。 イーロン・マスクはそのようにツイートしました。打ち上げ場も同じで、それらは122メートルの高さ ― 70メートルのFalcon 9のほぼ倍の高さです。 BFRの離陸時の推進力は2873万ポンド(約 1300万 kg)です。 マスクは、そのラプターエンジン ― SpaceXの次世代ロケットエンジン ― は、約50万ポンド(約 22万6800 kg)の推進力であり、これが意味するのは、BFRは第一段階で50から60付近のラプターエンジンを使用することを意味すると、言いました。(参考のために書いておくと、Falcon 9は打ち上げ時に、9つの「Merlin」エンジンを使用して、170万ポンド(約 77万 kg)の推進力を生み出します。)

f:id:takamints:20160928053735p:plain

The simulation video shows that, after reaching space, SpaceX plans to park its spaceship in orbit while the BFR returns to the launchpad. SpaceX has landed six of its Falcon 9 rockets so far — two on solid ground and four at sea — and it plans to do the same with the BFR, though the process looks much more precise here. The BFR will apparently land directly back on the "launch mount," in order to allow SpaceX to rapidly attach a fueling tank to the top of the BFR. That fueling tank will then be sent back up into space to fuel up the BFS for its trip through the Solar System.

このシミュレーション映像は、宇宙に達したのち、SpaceXは、BFRが地上の打ち上げ場まで戻る間、この宇宙船を軌道上に停泊させることを計画しています。 SpaceXは、これまで6機のFalcon 9を着陸させました ― 地上へ2度、海上へ4度 ― そのため、BFRでも同じことを計画しています。今回のこのプロセスは、より正確さが必要ですが。 BFRは、直接「打ち上げマウント」へ戻って着陸するようです。SpaceXが、急いで燃料タンクをBFRの先端へ装着できるようにするためにです。 その燃料タンクは、BFSが太陽系を旅するための燃料を補給するため、宇宙へ送り返されるでしょう。

The fuel tanker ship (which looks very much like the BFS in this video) presumably lands back on Earth. The BFR is shown taking off from and landing back at Launch Pad 39A at the Kennedy Space Center. SpaceX signed a 20-year lease for Launch Pad 39A in 2014 — it was the famous launch site for many of the Apollo missions (including Apollo 11) and hosted the first and last Space Shuttle launches.

この燃料タンクの宇宙船は(ビデオではBFSと非常に似ています)恐らく、地球へ戻って着陸します。 BFRはケネディ宇宙センターの39A打ち上げ場から飛び立ち、戻って来るように描かれています。 SpaceXは2014年に 39A打ち上げ場の20年のリース契約にサインしました ― それは、多くのアポロミッション(アポロ11号も含みます)によって有名な打ち上げ場です。 そして、最初と最後のスペースシャトルの打ち上げが行われたところでもあります。

  • presumably - おそらく、あるいは

The BFS is the other major component being shown off here, and it is detailed in the second half of the video. It has solar arrays that will deploy during the trip to Mars, and they are capable of generating 200kW of power.

BFSは、現在披露された、他の主なコンポーネントであり、ビデオの半分で詳細に描かれています。 それは、火星への旅の間展開される、太陽発電パネルを装備しており、それらは200kWの電力を生み出すことが可能です。

f:id:takamints:20160928053808p:plain

The BFS will "coast" to Mars at a speed of more than 62,000 miles per hour, according to the video. Upon entering Mars' atmosphere, the outside of the ship will heat up to more than 3,000 degrees Fahrenheit. It will then use supersonic retro propulsion (or "many rockets firing at once") to lower the giant craft to the surface of Mars.

映像によれば、BFSは火星まで、62000マイル/時(時速10万キロ)の速度で「漂う」ことになるようです。 火星の大気圏に突入するとき、宇宙船の外側の周囲の温度は華氏300度(摂氏5400度)まで熱くなります。 そこでは、火星の表面へ向けて巨大な宇宙船を降ろすために、超音波レトロ推進(または「多くのロケットを一度に噴射」)を使用するでしょう。

  • coast - 動詞では「漂う」

And that's about it. The video is short on details beyond what you see here. We still don't know how Musk plans to keep travelers alive either during or after the trip to Mars, where they'll live, how much any of this will cost, or where he'll get the money from. There is one final bit, though: an animation of Mars becoming a lush, green-and-blue world, much like Earth. Is terraforming going to be part of Musk's announcement, too? We'll hopefully find out shortly when he takes the stage in Mexico.

f:id:takamints:20160928053832p:plain


元記事はこちらです。

www.theverge.com