読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

あなたの未来を支配する新技術の6つの法則

技術と未来

These 6 new technology rules will govern our future

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/09/shutterstock_341653211-930x538.jpg
Above: Robots will make shopping easier. A.I. will make it invisible. Image Credit: Shutterstock.com/Willyam Bradberry


ミライの授業
ミライの授業
posted with amazlet at 16.11.16
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 950

Technology is advancing so rapidly that we will experience radical changes in society not only in our lifetimes but in the coming years. We are already seeing how computing, sensors, artificial intelligence, and genomics are reshaping entire industries and our daily lives.

As we undergo this rapid change, many of the old assumptions we have relied will no longer apply. Technology is creating a new set of rules that will change our very existence. Here are six:


1. Anything that can be digitized will be.

1. 何もかもがデジタル化される

Digitization began with words and numbers. Then we moved into games and later into rich media, such as movies, images, and music. We also moved complex business functions, medical tools, industrial processes, and transportation systems into the digital realm. Now, we are digitizing everything about our daily lives: our actions, words, and thoughts. Inexpensive DNA sequencing and machine learning are unlocking the keys to the systems of life. Cheap, ubiquitous sensors are documenting everything we do and creating rich digital records of our entire lives.

デジタル化は文字と数字で始まった。 そして、私たちはゲームを移行させ、その後、動画や画像、音楽などのリッチメディアを移行した。 さらに、複雑なビジネス機能や、医療用の道具、産業のプロセス、そして、輸送システムも、デジタル分野へ移行した。 今や、私たちは日々の生活において、自身の活動、言葉、そして考えなど全てをデジタル化している。 安価なDNAシークエンシング(DNAの塩基配列を特定すること)と、機械学習は生命システムの鍵を開けた。 安価で、あらゆるところに存在するセンサーが、私たちの行いのすべてをドキュメント化し、我々の生活全体の豊富なデジタル記録を作り出している。


2. Your job has a significant chance of being eliminated.

2. あなたの仕事は無くなる可能性が非常に高い

In every field, machines and robots are beginning to do the work of humans. We saw this first happen in the Industrial Revolution, when manual production moved into factories and many millions lost their livelihoods. New jobs were created, but it was a terrifying time, and there was a significant societal dislocation (from which the Luddite movement emerged).

すべての分野で、機械とロボットが、人類の仕事をし始めている。 私たちは、産業革命で、この最初の出来事を見た。 手作業による製造は工場へ移行し、数百万人が彼らの生計を失った。 新しい仕事が作られたが、それは怖ろしい時間であった。 そして、(ラッダイト運動の発生により)重大な社会的転移があったのです。

  • livelihoods - 生計
  • Luddite movement - ラッダイト運動1811年から1817年頃、イギリス中・北部の織物工業地帯に起こった機械破壊運動

The movement to digitize jobs is well underway in low-salary service industries. Amazon relies on robots to do a significant chunk of its warehouse work. Safeway and Home Depot are rapidly increasing their use of self-service checkouts. Soon, self-driving cars will eliminate millions of driving jobs. We are also seeing law jobs disappear as computer programs specializing in discovery eliminate the need for legions of associates to sift through paper and digital documents. Soon, automated medical diagnosis will replace doctors in fields such as radiology, dermatology, and pathology.

この、仕事のデジタル化の動きは、低所得サービス産業で上手く進行しています。 アマゾンは、倉庫での作業の重要なひとかたまりを行うためにロボットを信頼しています。 SafewayとHome Depotは彼らのセルフサービスのチェックアウトの使用を急速に増やしています。 すぐに自動運転車が数百万人もの運転手の仕事を奪うでしょう。 発見に特化したコンピュータープログラムが、紙とデジタルドキュメントを分類する集団の必要性を排除しているように、 われわれはまた、法律に関する業務が無くなるところを見ています。 もうすぐ、自動化された医療診断が、放射線科や皮膚科、そして病理学の医師を置き換えるだろう。

The only refuge will be in fields that are creative in some way, such as marketing, entrepreneurship, strategy, and advanced technical fields.

これを回避できるのは、マーケティングや起業家、戦略、そして高度な技術分野など、いくつかのクリエイティブな分野だけであろう。

New jobs we cannot imagine today will emerge, but they will not replace all the lost jobs. We must be ready for a world of perennially high unemployment rates. But don’t worry, because …

私たちが現在想像できない新しい仕事が出てくるだろうが、それらは、全ての失われた職を置き換えはしないだろう。 私たちは、多年に渡って失業率の高い世界に対して、準備しなければならない。 しかし、心配はいらない。なぜならば、・・・

  • perennially - 多年生

3. Life will be so affordable that survival won’t necessitate having a job.

3. 生きるために仕事をする必要がなくなり、生活は楽になる

Note how cellphone minutes are practically free and our computers have gotten cheaper and more powerful over the past decades. As technologies such as computing, sensors, and solar energy advance, their costs drop. Life as we know it will become radically cheaper.

この数十年で、携帯電話の使用は事実上無料になり、私たちのコンピューターは安価になり、よりパワフルになったということに、注目しましょう。 コンピューティングや、センサー、太陽光エネルギーなどのテクノロジーが進化すると、それらの費用は安くなります。 それを知っている私たちの生活だって根本的に安価になるでしょう。

We are already seeing the early signs of this: Because of the improvements in the shared-car and car-service market that apps such as Uber enable, a whole generation is growing up without the need or even the desire to own a car. Health care, food, telecommunications, electricity, and computation will all grow cheaper very quickly as technology reinvents the corresponding industries.

既に私たちはこの初期の兆候を見ています: Uberのようなアプリが可能にしたカーシェアリングや自動車サービスの市場における改善の為に、全世代が、自動車を所有する必要性や欲求さえ無しに成長しています。 技術が対応する産業を再発見することで、ヘルスケア、食品、通信、家電、そしてコンピュータ分野は、大変急速に安価になるでしょう。


4. Your fate and destiny will be in your own hands as never before.

4. あなたの未来は、かつてないほど、あなたの手中にある

  • fate,destiny - どちらも「神のお告げ」的な意味で「運命」と翻訳されますが、ここでは未来にしました。destinyのほうが「確実にそうなる」という度合いが強いらしい。

The benefit of the plummet in the costs of living will be that the technology and tools to keep us healthy, happy, well-educated, and well-informed will be cheap or free. Online learning in virtually any field is already free. Costs also are falling with mobile-based medical devices. We will be able to execute sophisticated self-diagnoses and treat a significant percentage of health problems using only a smartphone and smart distributed software.

生活コストの低下の恩恵がもたらされ、私たちを健康や幸福、教育、そして博学さ維持するするためのテクノロジーとツールは、安価、または無料になるでしょう。 いかなる分野の仮想のオンライン学習は既に無料です。 携帯可能な医療機器でも費用は下がる。 私たちは、洗練された自己診断を実行できるようになり、健康問題の多くの割合をスマートフォンや賢い分散ソフトウェアにより扱うようになるのです。

  • plummet - 低下、下げ振り

Modular and open-source kits are making DIY manufacturing easier, so you can make your own products. DIYDrones.com, for example, lets anyone wanting to build a drone mix and match components and follow relatively simple instructions for building an unmanned flying device. With 3-D printers, you can create your own toys. Soon these will allow you to “print” common household goods — and even electronics. The technology driving these massive improvements in efficiency will also make mass personalization and distributed production a reality. Yes, you may have a small factory in your garage, and your neighbors may have one, too.

モジュラー型でオープンソースのキットがDIYを簡単にしました。だから、あなたはあなた自身の製品を作れるのです。 例えば、DIYDrones.comでは、ドローンを作りたいと思うだれもが、部品を組み合わせて無人の飛行機器を作るための比較的シンプルな組み立て方に従います。 3-Dプリンターで、あなたは自分自身のおもちゃを作り出せるのです。 これによって、あなたは、主要な家庭用品をすぐに「印刷」できるようになります ― 電化製品でさえも。 これら強力な効率性の改善を駆動しているこの技術はまた、大衆のパーソナライズと分散した製品を現実にします。 そう、あなたはガレージに小さな工場を持つかもしれませんし、ご近所さんもまた一つ持っているかもしれないのです。


5. Abundance will become a far bigger problem than poverty.

5. 豊かさが貧困よりも、はるかに大きな問題となるだろう

  • Abundance - 豊富、豊かさ、余計
  • poverty- 貧困

With technology making everything cheaper and more abundant, our problems will arise from consuming too much rather than too little. This is already in evidence in some areas, especially in the developed world, where diseases of affluence — obesity, diabetes, cardiac arrest — are the biggest killers.

全てを安価にし、より豊かにするテクノロジーによって、我々の問題は消費から発生するでしょう。 少ないのではなく大量消費によるものです。 これは既にいくつかの地域、特に先進国において、証拠があります。 豊かさの病気である肥満、糖尿病、心停止が死亡要因のトップなのです。

These plagues have quickly jumped, along with the Western diet, to the developing world, as well. Human genes adapted to conditions of scarcity are woefully unprepared for conditions of a caloric cornucopia. We can expect this process only to accelerate as the falling prices of Big Macs and other products our bodies don’t need make them available to all.

また、これらの災害は西洋の食事によって急速に発展途上国へ飛びました。 欠乏状態に適応したヒトの遺伝子は、悲惨なことに、カロリーが豊富な状況に対応できない。 私たちは、このプロセスが加速するだけだと予測できます。ビッグ・マックや他の製品価格の下落のように。 私たちの体は、それらをすべてに対して利用可能にしようとしない。

  • scarcity - 欠乏、希少
  • woefully - 悲惨な
  • cornucopia - 豊富

The rise of social media, the Internet, and the era of constant connection are other sources of excess. Human beings have evolved to manage tasks serially rather than simultaneously. The significant degradation of our attention spans and precipitous increase in attention-deficit problems that we have already experienced are partly attributable to spreading our attention too thin. As the number of data inputs and options for mental activity continues to grow, we will only spread it further. So even as we have the tools to do what we need to, forcing our brains to behave well enough to get things done will become more and more of a chore.

ソーシャルメディアやインターネット、そして常時接続の台頭は、その他の過剰供給です。 人類はタスクを同時にではなく順番に管理するように進化しました。 私たちの重大な注意間隔の分解と、既に経験した注意欠陥問題の急激な増大は、私たちの注意を非常に薄く広げることに、部分的に起因します。 多くのデータ入力と精神活動の選択肢が成長を継続することで、私たちはそれを少し広げるだけでしょう。 だから、私たちが求めることをするための道具を持っているとしても、 我々の脳に事を完遂するために十分に上手く振る舞うことを強制することは、より多くの雑用になるでしょう。

  • degradation - 分解
  • precipitous - 急な
  • attention-deficit - 注意欠陥

6. Distinction between man and machine will become increasingly unclear.

6. 人と機械の区別は、ますます曖昧になるだろう

The controversy over Google Glass showed that society remains uneasy over melding man and machine. Remember those strange-looking glasses that people would wear, that were recording everything around them? Google discontinued these because of the uproar, but miniaturized versions of these will soon be everywhere. Implanted retinas already use silicon to replace neurons. Custom prosthetics that operate with the help of software are personalized, highly specific extensions of our bodies. Computer-guided exoskeletons are going into use in the military in the next few years and are expected to become a common mobility tool for the disabled and the elderly.

グーグル・グラスに関する物議は、社会が人と機械の融合に不安を残しているということを表しました。 人々が装着していた、あのおかしな見た目のメガネを思い出してください。 あれは、彼らの周囲の全てを記録していましたか? グーグルは、あの騒がしさによって中断しましたが、これらの最小化されたバージョンがすぐに何処にでも出てくるでしょう。 移植された網膜は既にニューロンを置き換えるためにシリコンを使用しています。 ソフトウェアの支援により運用するカスタム人工器官はパーソナライズされ、私たちの体の高度な特定の拡張になっています。 コンピューターでガイドされる外骨格は、次の数年で戦闘に使われようとしています。そして、それらは、障害者や高齢者にとって、主要な移動ツールになることが期待されているのです。

  • uneasy - 不安
  • uproar - 騒がしさ

We will tattoo sensors into our bodies to track key health indicators and transmit those data wirelessly to our phones, adding to the numerous devices that interface directly with our bodies and form informational and biological feedback loops. As a result, the very idea of what it means to be human will change. It will become increasingly difficult to draw a line between human and machine.

私たちは、健康のカギを握るインジケーターを追跡するために、体にセンサーのタトゥーをいれるでしょう。 それらの情報をワイアレスでスマートフォンや、数々の追加された機器に送信します。 直接私たちの体とインターフェースして情報提供をする生物的フィードバックループを形成するのです。 その結果として、人間であるという意味が変わるだろう。 そして人と機械の間に線を引くことが、ますます難しくなるのだ。

This post is based on Vivek Wadhwa’s upcoming book, “Driver in the Driverless Car: How Our Technology Choices Will Create the Future,” which will be released this winter.

この記事は、この冬に発売されるVivek Wadhwaの本「Driver in the Driverless Car: How Our Technology Choices Will Create the Future」に基づいています。



Vivek Wadhwa is Distinguished Fellow at Carnegie Mellon University Engineering at Silicon Valley and a director of research at Center for Entrepreneurship and Research Commercialization at Duke. Follow @wadhwa.

Vivek Wadhwaはシリコンバレーカーネギー・メロン大学工学部の有名なフェローで、 デュークの起業家精神と研究商業化のためのセンターで研究のディレクターをしています。 @wadhwa をフォローしてください。


元記事は以下。

venturebeat.com

広告を非表示にする