ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Android N は感圧スクリーンをサポートする

Android N will support pressure-sensitive screens

https://cdn3.vox-cdn.com/thumbor/NkjBtkOlCrvt1PNbPvWfk9unj1s=/0x34:2040x1394/2050x1367/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_image/image/49333485/android-n-multitasking.0.0.jpeg

They probably won't call it 3D Touch, though

しかし、おそらく、彼らはそれを、3Dタッチとは呼ばないでしょう。


プレッシャーに負けない方法 ―「できるだけ完璧主義」のすすめ
水島 広子
さくら舎
売り上げランキング: 18,201

Android N is going to make it easier for device makers to create their own version of 3D Touch pressure-sensitive screens on their devices. Hopefully, when it's officially released, Google will figure out what to call the feature — because Apple 3D Touch is obviously Apple branding, and "support for pressure-sensitive screens" is an awful thing to have to write over and over again.

Android N は、デバイスメーカーが、彼ら独自の3Dタッチ感圧スクリーンのバージョンを作れるようにしようとしています。 それが公式に発表された時に、グーグルがその機能をなんと呼ぶかを明かすでしょう ― なぜなら3Dタッチは、明らかにアップルのブランドですから。そして、「感圧スクリーンのサポート」と何度も書くのは大変ですから。

So how do we know? Well, support for "Launcher shortcuts" is probably the most exciting new thing in the latest beta for the upcoming Android N operating system, which was released last week. It allows developers to "define shortcuts which users can expose in the launcher to help them perform actions quicker." Which is a fairly technical way of describing what people can do now with an iPhone 6S in its launcher: get a pop-up menu that lets you jump directly into a more specific part of your app.

どのように知るでしょう。先週リリースされた Android Nの最終ベータでは「ランチャーショートカット」のサポートが、おそらく最もエキサイティングなことです。 これは開発者に「ユーザーが素早く操作するためにランチャーの中に表示するショートカットを定義」できるようにします。 これは、人々が今iPhone 6Sでできることを、専門用語で説明しているようなものです:あなたのアプリの特定の部分へ直接行けるようなポップアップメニューを得ているということですから。

Want to get even more technical? Phandroid's got you: the site teamed up with the developer of Nova Launcher to test out the new "setDynamicShortcuts(List)" feature. The gist is that Android isn't super specific about how that particular shortcut gets activated, but the method that probably makes the most sense is a pressure-sensitive screen.

さらにもっと専門的でありたいですか?Phandroiがやってくれました:このサイトは、その新しい機能「setDynamicShortcuts(List)」を試験するために、Novaランチャーの開発者とチームを組みました。 その要旨は、Androidは特定のショートカットをどうやって呼び出すかということについて、特定のものではないのですが、 その方法は、おそらく感圧スクリーンが最も理にかなっているでしょう。

  • make the sense - 理にかなう

www.youtube.com

However, it's not a foregone conclusion that these little technical bits in Android N definitely mean something like 3D Touch is coming to Android. So we reached out to Google to see if Phandroid's conjectures here are right. Long story short: they are.

しかし、それは当然の結論ではない。 それらAndroid Nの少し専門的な小さな点は、間違いなく 3Dタッチのような何かがAndroidへやってくるということを意味している。 そのため、私たちは、ここにあるPhandroidの推測が正しいのかどうかを確かめるためグーグルに聞いてみました。かいつまんで言うと:それらはあります。

  • foregone - 逸失
  • a foregone conclusion - 当然の結論
  • conjectures - 推測
  • Long story short - (長い話を短く)=かいつまんで言うと

Google says that the manufacturers who build Android devices wanted this use case addressed by the OS itself — probably so they wouldn't have to develop their own methods individually. That means that we'll as see more devices like Huawei's Mate S with pressure-sensitive screens, they'll be more likely to get 3rd-party developer support because they can code for all Android devices instead of reinventing the pressure-sensitive wheel for each OEM.

グーグルが言うには、Androidのデバイスを作る製造者たちは、OS自身によって定義されるユースケースをほしがった - たぶん彼らは、個々に彼ら独自の手法を開発したくはなかったのです。感圧スクリーンのあるHuaweiのMate Sのような機器に私たちは、多くを見るだろうということを意味しています。 彼らは、サードパーティの開発者のサポートを得る可能性が高くなるでしょう。なぜなら、彼らは、それぞれのOEMのために、感圧ホイールを最発明する代わりに、すべてのAndroid機器のためのコードを書けるのです。

It doesn't, however, mean that you should expect that most (or even many) upcoming Android phones will have the feature. Everything about this sort of scans as a nice option that heads off future fragmentation at the pass.

しかし、それは、あなたが多くの(もしくは幾分多い)Androidスマホに、未来があると期待すべきということは、意味していない。 この種の検査についてのすべてが、その検査にパスした時点で、将来の断片化を食い止める良いオプションです。

  • scans - 検査、検閲、目を通す。
  • heads off - 食い止める

The whole point of releasing these Android N previews so early, Google says, is to get developer feedback and get manufacturers on board to improve the update cycle for newer versions of Android. Building support for something like pressure sensitive screens directly into the OS means that those manufacturers will be more likely to support the new OS instead of hanging on to code they build for older systems.

これらのAndroid Nプレビューをかなり早くリリースするポイント全体は、グーグルが言うには、開発者のフィードバックを得て、新たなバージョンのAndroidの更新サイクルを改善するために製造者をつなぎとめるためなのです。 直接OSの中へ感圧スクリーンのような何かのサポートを構築することは、古いシステムのために、彼らが作るコードにぶら下がるのではなく、それら製造者が新しいOSをサポートする可能性が、より高くなるということです。


元記事:

www.theverge.com

広告を非表示にする