読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

トヨタの新たな自動運転車はこんな感じ ― 10億ドルの人工知能研究センターで開発

自動運転 人工知能・機械学習 交通・輸送 技術と未来

Toyota’s billion-dollar AI research center has a new self-driving car

And it looks like this

f:id:takamints:20170304141613p:plain

The Toyota Research Institute (TRI) showed its first self-driving car this week, a Lexus LS 600hL test vehicle equipped with LIDAR, radar, and camera arrays to enable self-driving without relying too heavily on high-definition maps.

トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)が今週、同社の最初のセルフ・ドライビング・カーを披露しました。 あまり高精度な地図に頼らなくても良いように、LIDAR、レーダー、そしてカメラアレイを装備した、レクサスLS 600hLです。



The vehicle is the base for two of TRI’s self-driving research paths: Chauffeur and Guardian. Chauffeur is research into Level 4 self-driving, where the car is restricted to certain geographical areas like a city or interstates, as well as Level 5 autonomy, which would work anywhere. Guardian is a driver-assist system that monitors the environment around the vehicle, alerting the driver to potential hazards and stepping in to assist with crash avoidance when necessary.

この車は、TRIの自動運転に関する2つの研究「ショーファー(運転手)」と「ガーディアン(保護者)」に根ざしています。 ショーファーは、自動車が都市や州間高速道路のような、ある地理的な領域内に制限されるレベル4の自動運転へ向けた研究です。レベル5では、どこでも機能する自立性を持ちます。 ガーディアンは、車の周囲の環境をモニターして、危険の可能性を警告し、必要に応じて衝突の回避を行うために運転に割り込んでくる、ドライバー・アシストシステムです。

Toyota thinks Guardian’s research will be deployed more quickly than Chauffeur. Similar tech is available in many cars today in safety features like Automatic Emergency Braking.

トヨタはガーディアンの研究は、ショーファーよりも急速に展開されると考えています。 似たような技術は自動緊急ブレーキのような安全機能として現在の車の多くで利用可能です。

The car is part of a billion-dollar investment Toyota announced in late 2015 into the TRI, which has a mandate to develop AI technologies for autonomous cars and robot helpers for the home. The Institute has its headquarters near Stanford in California and satellite facilities near MIT in Massachusetts and the University of Michigan campus in Ann Arbor.

この車は2015年の終わりにトヨタが発表した、TRIへの10億ドルの投資の一部です。 TRIは、自律運転車と家庭でのロボットヘルパーのための人工知能技術の開発を受け持っています。 この研究所の本社は、カリフォルニアのスタンフォード大とマサチューセッツのMIT、そしてアナーバーのミシガン大学のキャンパスの近くにあります。


自律ロボット概論 プレミアムブックス版
George A. Bekey
マイナビ出版 (2016-06-30)
売り上げランキング: 299,696

元記事は以下。

www.theverge.com