ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

地球が熱いドーナツ型?かつて地球は奇妙な「シネスティア」形状だったかも!?

Hot-Donut Earth? Planet May Once Have Taken on Odd ‘Synestia’ Form

f:id:takamints:20170526110746p:plain
The structure of a planet, a planet with a disk and a synestia, all of the same mass. Credit: Simon Lock and Sarah Stewart

Earth probably became a “synestia” for a brief period about 4.5 billion years ago, according to a new study.

最新の研究によれば、約45億年前、地球はおそらく短い間「シネスティア構造」になっていた。

  • brief period - 短期間。

That’s the term for a newly proposed cosmic object: a huge, hot, donut-shaped mass of vaporized rock that results from the collision of two planet-size bodies.

それは、新しく出てきた宇宙の単語です。 2つの惑星サイズの衝突により作られた、巨大で熱く、ドーナツ状に気化した岩の物質です。

  • vaporized - 気化した。

Astronomers think Earth endured such an impact shortly after the planet’s birth, slamming into a Mars-size object known as Theia. (This smashup — or series of smashups, as one recent study posits — also resulted in the creation of Earth’s moon, scientists believe.)

地球は生まれてすぐ、ある衝撃に耐えたのだと、天文学者は考えています。 それは「テイア」として知られている火星サイズの物体にぶつかるという衝撃です。



“We looked at the statistics of giant impacts, and we found that they can form a completely new structure,” study co-author Sarah Stewart, a planetary scientist at the University of California, Davis, said in a statement.

「私達は、巨大衝突の統計データを見て、完全に新しい構造が形成されうることを見つけました。」 カリフォルニア大学の惑星科学者であり、研究の共同執筆者のサラ・ステュアートが、発表の中で言いました

Stewart and lead author Simon Lock, a graduate student at Harvard University, modeled what happens when rocky worlds about the size of Earth crash into other large bodies that are moving, and spinning, relatively fast. The researchers' simulations suggest that the most violent encounters would produce synestias, putative structures that look like gigantic red blood cells.

スチュアートとハーバード大卒である、著者のサイモンロックは、だいたい地球のサイズの岩の世界が、比較的高速に移動・回転する他の天体に衝突した場合に、起きることをモデル化しました。 研究者のシミュレーションが示唆するのは、最も猛烈な衝突は巨大な血液細胞のように見えると推定される構造物「シネスティア」を作り出すだろう、ということです。

Previous studies have posited that such impacts might produce a debris ring around a planet. But a synestia is a far bigger and weirder object; it is made mostly of vaporized rock and has no solid or liquid surface, Lock and Stewart said. (The name synestia, incidentally, comes from “syn,” Greek for “together,” and “Estia,” the Greek goddess of structures and architecture.)

以前の研究では、このような衝突で、惑星の周囲にデブリのリングを作り出すかもしれないとしていました。 しかし、シネスティアは遥かに大きく奇妙な物体です。 それは、多くの帰化した岩で作られており、個体や液体の表面がないのです。このようにロックとステュアートが言いました。 (シネスティアという名は偶然、ギリシャ語で「一緒に」という意味の「syn」とギリシャの構造と建築の女神「エスティア」から作られた造語です)

Synestias — if they exist — are short-lived objects. Earth likely stayed in the synestia phase for just a century or so after the collision with Theia, according to the new study. The synestia-Earth then lost enough heat to condense back into a solid object, the thinking goes.

シネスティアは - それらが存在するならば - 短期間しか存在しない物体です。 新たな研究によれば、地球はシネスティアの段階に、Theiaとの衝突から、ちょうど1世紀ほどの間だけとどまったようです。 そのあとシネスティア段階の地球は充分に熱を失い、個体に凝縮したと考えられます。

  • condense - 凝縮する

At the moment, synestias are hypothetical objects; nobody has ever seen one. But astronomers may be able to spot them in alien solar systems, Stewart said.

その瞬間、シネスティアは誰も見たことのない仮説としての物体となります。 しかし、天文学者は他の太陽系にそれらを見ることができるかもしれないと、ステュアートは言いました。

The new study was published online May 22 in the Journal of Geophysical Research: Planets.

この新たな論文は5月22日に、地球物理学ジャーナル:プラネットにオンラインで発行されました。


元記事は以下からどうぞ。

www.livescience.com