ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

トヨタの空飛ぶ自動車?トヨタは「空中での解決法」を求めてスタートアップを支援している

Toyota flying car? Automaker pursues ‘aerial solutions,’ backs start-up

f:id:takamints:20170605065822p:plain
Tsubasa Nakamura, project leader of Toyota-backed start-up Cartivator, third from left, watches the flight of the test model of the company’s flying car on a former school ground in central Japan on June 3. Another member, fourth from left, operates the remote control. (Photo: Koji Ueda, AP)
6月3日、中部日本の元学校のグラウンドで、トヨタが支援するスタートアップ Cartivatorのプロジェクトリーダー、ツバサ・ナカムラ(左から3番目)が、同社の飛行自動車のテストモデルの飛行を見ています。左から4番目の他のメンバーが操縦しています。

It would be a truly Olympic feat.

真のオリンピックの偉業となるだろう。

A start-up backed by Japanese automaker Toyota revealed a rudimentary prototype of a flying car, aiming to whisk a driver through the air to light the Olympic torch in Tokyo in summer 2020.

日本の自動車メーカー トヨタの支援を受けたあるスタートアップが、空飛ぶ自動車の初期タイプを披露しました。 2020年の夏、東京オリンピックの聖火を灯すためにドライバーを、空中へ移動させることを狙っています。

  • rudimentary - 初歩的な
  • whisk - 特定の方向に(誰かまたは何か)特定の方向に突然そして素早く移動する。

Although the start-up is not officially collaborating with Toyota, the automaker confirmed to USA TODAY that it is exploring “aerial solutions” on its own in early-stage research. And some of its employees are aiding the start-up on a voluntary basis.

しかし、このスタートアップは公式にはトヨタと提携していません。 この自動車メーカーはUSA TODAYに対して、その件y空の初期段階で「空中での解決法」を探っていると認めました。 そして、従業員の何人かがこのスタートアップを自発的に支援しているのです。

  • voluntary - 自発的に、有志

Toyota described its own flying car ambitions as “in the very early stages” and said “nothing has been decided yet about commercialization.”

トヨタは、「全く初期の段階で、商業的なことについてはまだ何も決定していません」として、その飛行自動車への野望に言及しました。

Still, the involvement of the world’s second-largest automaker reflects a serious step forward for flying cars amid a swirling debate over whether they’re realistic at all.

さらに、世界で二番目に大きな自動車メーカーの関与が、飛行自動車を真剣に前にすすめることについて、彼らが、完全に現実的であるかどうかの議論が渦巻いています。

“Within Toyota, we are advancing broad research and development on ways of transportation — including aerial solutions — that can lead to a prosperous society in the future,” the company said in a statement.

トヨタの中で私たちは、将来繁栄する社会へ導ける輸送方法 ― 空中も含む ― の研究開発を幅広く進めています。」同社はこのように言いました。

  • prosperous - 繁栄する

フジミ模型 1/16 トヨタ2000GT
フジミ模型
売り上げランキング: 588,380

To be sure, the start-up venture, dubbed Cartivator Resource Management, got off to a sputtering start Saturday.

念のため、このスタートアップベンチャー、あるいは Cartivator Resource Management は、土曜日に注目され始めた(?)。

  • sputtering - 燻る。沸騰のことでしょうか?

Using aluminum framing, eight propellers and sensors to fly — and cushioned by basketballs attached to the bottom of its frame — Cartivator’s Sky Drive vehicle flew to eye level for several seconds before crashing back to the earth and suffering damage.

飛ぶために、アルミフレームと8つのプロペラ、そしてセンサーを使用して ― そして、そのフレームの底に取り付けられたバスケットボールをクッションにしている ― Cartivator’s Sky Drive は、目の高さまで数秒間飛び、地面に落下しダメージを負った。

Further flight attempts were abandoned. Needless to say, this was not a day of flight that will go down in history alongside the Wright brothers.

さらなる飛行の試みは中止された。言うまでもなく、これは、ライト兄弟以降の歴史上、引き下げられる飛行の日ではなかった。

Still, the company, which got nearly $400,000 from Toyota, deemed the liftoff a success and said it’s charting a path toward manned flight in 2019.

トヨタから40万ドル近く得た同社は離陸を成功とみなし、2019年の有人飛行に向けての道を描いていると言いました。

Project leader Tsubasa Nakamura said in a blog post that Cartivator would reveal a redesigned prototype in November.

プロジェクトリーダーのツバサ・ナカムラは、Cartivatorは11月に再設計されたプロトタイプを披露するでしょうとブログに書きました。

“I really appreciate Toyota group companies, and other companies or individuals supporting us so far,” he said. “We are able to accelerate our development because of this support.”

「これまで我々を支えてくれたトヨタのグループ企業や、他の企業、また個々の人々には本当に感謝しています。 そのサポートによって私たちはこの開発を加速できます」と彼は語りました。

(以降は後ほど)

Cartivator’s formation places the company in direct competition with many other high-profile flying-car ventures, including efforts by Google co-founder Larry Page and ride-hailing app Uber.

Cartivatorの体制は同社を他の多くの人目を引く航空自動車のベンチャーと、直接競合していると位置づけています。 そこには、グーグルの共同設立者であるラリー・ペイジや乗車共有のUberなどの取り組みも含んでいます。

  • high-profile - 人目を引く

Start-ups taking a crack at flying cars include Netherlands-based PAL-V and Slovakia-based AeroMobil, which are accepting orders for flying cars that would require a runway and a pilot’s license. Massachusetts-based Terrafugia and Germany’s Lilium Aviation are developing cars that take off and land vertically.

航空自動車を試みているスタートアップには、道路走行とパイロットの免許を必要とする空飛ぶ自動車の注文を受け付けているオランダのPAL-VやスロバキアのAeroMobilを含んでいます。 マサチューセッツのTerrafugiaとドイツのLilium Aviationは垂直離着陸の車を開発しています。

  • taking a crack at ~ - ~ を試みている

Toyota’s entry into the flying car space could take the race to a new stratosphere.

トヨタの航空自動車の空間への参入は、新たな成層圏での競争になり得ます。

The company said it “shares the same desire” as Cartivator to ignite the Olympic flame in 2020 using the flying car.

飛行する車を使用して2020年のオリンピックの火を添加する Cartivator として、 同社はそれを「同じ欲求を共有する」と言いました。

But the company’s entry into the space also renews the debate over whether flying cars are feasible at all.

しかし同社のその空間への参入はまた、飛行自動車は実現可能なのかどうかという議論を再開します。

Tesla CEO Elon Musk is a skeptic. The billionaire innovator, who doubles as CEO of SpaceX with dreams of colonizing Mars, said recently in an interview at TED Talks that he likes flying things but that flying cars aren’t doable.

テスラのCEO イーロン・マスクは懐疑的です。火星移住の夢を追うSpaceXのCEOでもある、この億万長者は、彼は飛ぶものは好きだが飛行自動車は好きになれないと、最近のTED Talksのインタビューで語りました。

  • skeptic - 懐疑的

“There is a challenge with flying cars in that they’ll be quite noisy, the wind force generated will be very high,” he said.

「飛行自動車については、それらは本当にうるさいという課題があります。その生成される風の力がとても高くなるでしょう」彼はそういいました。

And from a practical perspective: “If something’s flying over your head and there’s a whole bunch of flying cars going all over the place, that is not an anxiety-reducing situation,” Musk said. “You’re thinking, ‘Did they service their hub cab, or is it going to come off and guillotine me?’”

そして、経験的な見通しからマスクは言っています:「もし、何かがあなたの頭の上を飛んでいるなら、そして、多くの飛行自動車があらゆる場所にあるならば、それは、不安を軽減する状況ではない。あなたは『彼らはタクシーを呼んだのか?もしくは、私をギロチンにかけに来るの?』と考えるでしょう」

Consumers are worried, too. About 83% say they’re very concerned or moderately concerned about the overall safety, according to a recent survey by Michael Sivak and Brandon Schoettle of the University of Michigan’s Transportation Research Institute.

消費者も心配しています。 ミシガン大学輸送研究所のMichael SivakとBrandon Schoettleによる最近の調査によると、 消費者の約83%が、とても、または、なんとなく安全性について懸念しているとのことです。

Count Uber among the companies that are taking flying cars seriously. Despite legal roadblocks in Uber’s development of autonomous cars, the company recently pledged to demonstrate a working flying vehicle that takes off and lands vertically at the 2020 World Expo in Dubai.

飛行自動車を真剣に考えている企業間でUberを数える。 Uberの自律型自動車の開発における法的な障壁にもかかわらず、同社は最近、2020年のドバイの万博で、垂直離着陸する空飛ぶ自動車への取り組みのデモを約束しました。

  • roadblocks - 道路のブロック。障壁。道路封鎖。
  • pledged - 約束する。保証する。

“Urban aviation is a natural next step for Uber,” chief product officer Jeff Holden said in April.

「都市航空はUberにとって自然な次の段階です」製品最高責任者のジェフホールデンが4月に言いました。

Contributing: AP

Follow USA TODAY reporter Nathan Bomey on Twitter @NathanBomey.


元記事は以下からどうぞ。

www.usatoday.com