ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Nvidiaがコマツと提携 ― AIで建設工事を安全に

Nvidia partners with Japan’s Komatsu to make construction safer with AI

f:id:takamints:20171213133428p:plain
Above: Nvidia teams up with Komatsu to improve construction with AI.
Image Credit: Nvidia


アメリカの壁 (文春文庫)
小松 左京
文藝春秋 (2017-12-05)
売り上げランキング: 11,316

Japanese construction equipment manufacturer Komatsu will work with Nvidia to use artificial intelligence to make construction sites safer.

人工知能を使って建設工事現場をより安全にするため、日本の建設機械製造メーカーであるコマツNvidiaとともに取り組みます。

Santa Clara, California-based Nvidia announced the deal at its GTC Japan event, where CEO Jensen Huang said that Nvidia graphics processing units (GPUs, which can be used for AI processing) will power visualization and analysis of construction sites for safety issues.

カリフォルニア サンタクララNvidiaは、自身のGTCジャパンイベントで、この取引を発表しました。 そこで CEOのJensen Huangは、Nvidiaグラフィックプロセッシングユニット(GPU人工知能の処理に使える)は、建設工事現場の安全問題の可視化と分析に力を発揮するでしょうと言いました。

Nvidia’s Jetson AI platform, a credit card-sized device designed to drive robots and drones, will serve as the brains of heavy machinery.

NvidiaのJetson AI プラットフォームはクレジットカード大の機器で、ロボットやドローンを動かすために設計されており、重機の脳として動きます。

“Artificial intelligence is sweeping across industries, and its next frontier is autonomous intelligent machines,” Huang said in a statement. “Future machines will perceive their surroundings and be continuously alert, helping operators work more efficiently and safely. The construction and mining industries will benefit greatly from these advances.”

人工知能は産業全体を席巻しており、次の最前線は、自律型知的機械です」Huangは声明の中でこういいました。 「未来の機械はそれらの周囲を知覚し、継続的に警告し、オペレーターの仕事のさらなる効率と安全性を支援します。この建設と採掘産業は、これらの進歩により大きな利益を得るでしょう。」

Construction is the latest in a series of industries in which Nvidia has signed agreements with companies to use AI to change how they operate. Among these are partnerships with GE Healthcare and Nuance in the area of medical imaging; Fanuc in the field of robotics; and more than 225 car makers, startups and research houses — among them Audi, Tesla, Toyota, and Volvo — for autonomous driving.

建設業は、操業方法を変えるためにAIを使用する企業とNvidiaが合意にサインした一連の産業のなかで最新です。 それら提携は、医療画像分野の GE Healthcare や Nuance、ロボティクス分野では Fanuc、さらに、自律運転のための 225 の自動車メーカーや、スタートアップ、そして研究機関 ー その中には Audi、Tesla、トヨタ、そして Volvo があります。

Construction sites are generally considered one of the most dangerous workplaces because of heavy equipment, uneven terrain, and continuous activity. Last year, sites in Japan alone recorded some 300 deaths and more than 15,000 injuries, according to the Japan Construction Occupational Safety and Health Association.

工事現場は、重機や平らでない地面、そして継続的な活動によって、一般的に最も危険な仕事の場所と考えられます。 日本建設業労働災害防止協会によると、昨年、日本の工事現場だけで、300人ほどの死者と15000人以上の負傷者を記録しました。

And Japan’s construction industry suffers from the nation’s severe labor shortage due to an aging population. Of the 3.4 million skilled workers in the domestic industry (as of 2014), roughly 1.1 million, or one-third, are likely to leave in the next decade, according to the Japan Federation of Construction Contractors.

そして、日本の建設業は、この国の高齢化による激しい労働者不足に苦しんでいます。 一般社団法人 日本建設業連合会によれば、国内の(2014年における)340万人の熟練労働者の大まかに110万人、つまり3分の1が、この次の10年でおそらく引退するのです。

日本沈没 決定版【文春e-Books】
文藝春秋 (2017-07-26)
売り上げランキング: 1,019

To help address these issues, Komatsu began in 2015 rolling out its “smart construction” initiative, connecting data related to onsite workers and objects to make work sites safer and more productive. The initiative has been introduced in more than 4,000 sites across the country, with plans to expand both domestically and internationally.

これらの問題を支援するため、コマツは、「スマートコンストラクション」の取り組みを2015年から開始しました。 現場を安全でさらに生産的にするように労働者と対象物に関連するデータを結びつけています。

“By leveraging Nvidia’s experience in image processing, virtualization and AI, we can further transform construction areas into job sites of the future,” said Yuichi Iwamoto, senior executive officer and chief technology officer at Komatsu, in a statement.

Nvidiaの経験と画像処理、仮想化、そしてAIを活用することで、私たちは、建設分野を未来の仕事場所に変化させられる」 コマツの上級執行役員であり最高技術責任者である 岩本 祐一がこのようにいいました。

  • leveraging - 活用

Komatsu will use Nvidia to create 3D visualizations of construction sites, showing the real-time interaction of people, machinery, and objects. Costly onsite equipment can be closely monitored to ensure it is used with optimal efficiency.

コマツは工事現場の三次元の可視化を作り出すためNvidiaを使うでしょう。 これは、リアルタイムに人々と機械と対象物の対話を見せるものです。 高価な現場の機器は、それが最適に効率的に使われていることを確認するために密接に監視され得るのです。

The GPUs will communicate with drones and cameras in the construction sites, acting as an AI platform for analysis and visualization. SkyCatch will provide drones to gather and map 3D images for visualizing the terrain at the edge. Optim, an Internet of Things management software company, will provide an application to identify individuals and machinery collected from surveillance cameras. Both of these Komatsu partners are also members of Nvidia’s Inception program for AI startups.

このGPUは建設現場でドローンやカメラと通信し、分析と可視化のためのAIプラットフォームとして活動します。 SkyCatchは地面の可視化のために3次元画像を集めてマッピングするためにドローンを提供します。 IoT管理ソフトウェア企業のOptimは個人と調査用のカメラから集められた機械を識別するためのアプリケーションを提供します。 どちらのコマツのパートナーも、NvidiaのAIスタートアップ向けInceptionプログラムのメンバーです。


元記事は以下からどうぞ。

venturebeat.com