ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ラスベガスの無人シャトルが運行開始1時間で事故起こす

Driverless shuttle in Las Vegas gets in fender bender within an hour

f:id:takamints:20171109134512p:plain



A driverless shuttle set free in downtown Las Vegas was involved in a minor accident less than an hour after it hit the streets, reported the local NBC affiliate KSNV. Not really the kind of publicity you want, or that self-driving cars need.

ラスベガスの郊外で運行開始した無人シャトルが、道路に出てから1時間以内に小さな事故に遭いました。NBC傘下のローカル局KSNVが報じています。 あなたが望んだり、自動運転車が必要とする宣伝のたぐいではありません。

The shuttle, an egglike 8-seater Navya, is operated by the AAA and Keolis. It was a test deployment along half a mile of the Fremont East “Innovation District,” so this thing wasn’t cruising the strip. Probably a good thing.

このシャトルは、たまご型のような8人乗りのNavyaで、AAAとKeolisにより運営されています。 東フレモント「イノベーション」地区の800メートルに沿った展開テストでした。 そのため、これは道路を巡航中のことではなかったということで、不幸中の幸いでした。

Now, it must be said that technically the robo-car was not at fault. It was struck by a semi that was backing up, and really just grazed — none of the passengers was hurt.

さあ、技術的にこのロボットカーに間違いがあったのではないと言わざるをえません。 想定されていた衝撃の半分ほどでぶつけられ、本当にちょっとこすっただけでした。 乗客に負傷者はいません。

  • struck by a semi that was backing up - 「バックアップされていた半分でぶつかった」ではよくわからないので上のように訳してみましたが・・・。自信ないです。

Like any functioning autonomous vehicle, the shuttle can avoid obstacles and stop in a hurry if needed. What it apparently can’t do is move a couple feet out of the way when it looks like a 20-ton truck is going to back into it.

他の自律運転車の機能と同じく、このシャトルは障害物を避け、必要ならば緊急停止できます。 しかし、20トンのトラックが後退してくるような時に、道路の外へ2フィートほど移動するのが、明らかに不可能なのです。

A passenger interviewed by KSNV shared her frustration:

KSNVにインタビューされた、ある乗客はフラストレーションを共有しました:

The shuttle just stayed still and we were like, ‘oh my gosh, it’s gonna hit us, it’s gonna hit us!’ and then.. it hit us! And the shuttle didn’t have the ability to move back, either. Like, the shuttle just stayed still.

このシャトルは止まったままで、私たちは「なんてこと!(前方のトラックが後退して)私たちにぶつかってこようとしている、ぶつかる!」そして、、、ぶつかりました。 さらにシャトルには後退する能力がなかったのです。シャトルは、あのように、まだとどまっています。

Surely this situation is not so rare that the shuttle’s designers did not allow for it? Moving the car out of the way of an oncoming vehicle seems like a pretty elementary safety measure.

たしかにこの状況は、シャトルの設計者が許可しなかったというほど稀なものではありませんよね。 向かってくる乗り物の道の外へ車を移動させるのは、とても初歩的な安全措置のように思います。

A City of Las Vegas representative issued a statement that the shuttle “did what it was supposed to do, in that its sensors registered the truck and the shuttle stopped to avoid the accident.” It also claims, lamely, that “Had the truck had the same sensing equipment that the shuttle has the accident would have been avoided.”

このシャトルが「想定されることをした。そのセンサーはトラックを登録し、シャトルは事故を避けるために停止したのです」という声明を ラスベガス市の代表は問題としています。さらにこれはクレームであり、恥でもあります。 「トラックがシャトルと同じセンシング機器を持っていたら、この事故は防げだでしょう」

Not if it failed to react properly, as arguably was the case with the shuttle. Testing will continue, but I have to say I wouldn’t get on this thing until they demonstrate that it can do more than just stop.

確実な反応をするのに失敗したかどうかではないにしろ、間違いなくシャトルのせいです。 テストは継続するでしょう。しかし、それが停止する以上のことができるようになったとデモンストレーションを彼らがするまで、私はこのモノには乗りたくないと言わざるをえない。

  • arguably - 間違いなく

元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

イーロン・マスク「テスラは700人を解雇した。彼らは会社の高い基準を満たしていなかった」

Elon Musk said Tesla fired 700 people because they didn’t meet the company’s high standards

f:id:takamints:20171102110233p:plain
Tesla CEO Elon Musk Mark Brake / Getty

Elon Musk disclosed in today’s quarterly earnings call that Tesla fired 700 people last month, or 2 percent of the company’s 33,000 employees.

イーロン・マスクが本日の四半期決算で明かしたのは、テスラが先月700人を解雇していたということです。これは同社の33000人の従業員の2%を占めていました。

  • quarterly earnings call - 四半期決算

He said they didn’t meet the company’s high standards and that Tesla is one of many companies that fire employees based on regular performance reviews.

イーロン・マスクは次のように言いました。 彼らは同社の高い基準を満たしていなかった。そして、テスラは定期的なパフォーマンスのレビューに基づいて、従業員を解雇する多くの企業のうちのひとつである。ということでもある。

  • regular - 定期的な

The Tesla CEO blamed the headlines about the firings on “journalists and editors without integrity” who didn’t provide context.

テスラのCEOは、この解雇についての見出しに文脈を提供しなかったジャーナリストと編集者は不誠実だ」と非難しました。

  • blamed - 非難した。
  • without integrity - 誠実さのない、不誠実な。

"Any journalists who've written articles to this effect [about the firings] should be ashamed of themselves," Musk said.

「この(解雇についての)影響に対して、記事を書いたジャーナリスト全員が、彼ら自身を恥じるべきです」とマスクは言いました。

The firings were related to performance issues, and he considered the number of people affected to be small. This is the first time the number of employees fired has been confirmed.

この解雇は、パフォーマンスの問題に関連していた。そして、彼は影響を受けた人の数は少ないと考えたのです。 これは多くの従業員が解雇されたのが確認されたはじめての事例です。

“Our standards are high not because we believe in being mean to people, they're high because if they aren’t high we’d die,” Musk said.

「われわれの基準は高い。人に意味があると信じているからではありません。彼らがハイレベルでなければ私たちは終わりを迎えるのだから、彼らはハイレベルなのです。」

Tesla posted a record net loss of $619 million in its earnings release today.

本日、テスラは決算報告で、6億1900万ドルの記録的な損失を報告しました。


元記事は以下からどうぞ。

www.recode.net

「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」が3ドル!iTunes、Kindle、Google Playで

Add ‘Becoming Steve Jobs’ to your iTunes, Kindle or Google Play library for $3

Amazon offers Becoming Steve Jobs as a Kindle eBook for $2.99. Also available via iTunes and the Google Play Store. For comparison, it sells for $22 as a hard cover and is usually listed at $12 for a digital copy. This is the best offer that we’ve seen. With iPhone X hitting consumer’s hands on Friday, now is the time to refresh yourself on Apple’s history. Rated 4.5/5 stars.

Amazonが「Becoming Steve Jobs(邦題:スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで)」をKindleeBookとして2.99ドルで提供します。 iTunesGoogle Play ストアからも利用可能です。 ハードカバーは22ドルで販売されており、デジタルコピーは通常12ドルとなっています。 これは私達が今まで見た中で最高の提供です。 金曜日、消費者の手に iPhone X が渡ります。今こそAppleの歴史における、あなた自身をリフレッシュする時ですよ。 レビューで星は5つ中4.5となっています。

f:id:takamints:20171031074311p:plain


※日本国内の販売価格は不明。


Becoming Steve Jobs:

Drawing on incredible and sometimes exclusive access, Schlender and Tetzeli tell a different story of a real human being who wrestled with his failings and learned to maximize his strengths over time. Their rich, compelling narrative is filled with stories never told before from the people who knew Jobs best, including his family, former inner circle executives, and top people at Apple, Pixar and Disney, most notably Tim Cook, Jony Ive, Eddy Cue, Ed Catmull, John Lasseter, Robert Iger and many others.


日本語版は上下巻に分かれていますが、どうなるんでしょうね。


元記事はコチラからどうぞ。

9to5toys.com