読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

分子サイズの「ナノカー」が走る!顕微鏡レベルのレースイベント

Molecule-Size ‘Nanocars’ Gear Up for Microscopic Racing Event

f:id:takamints:20170413121035p:plain
Credit: Alexander Softog/Shutterstock

In the late 1800s, France hosted the world’s first competitive motor race, and now, the country will set the stage for the next revolution in motor sports: the first-ever “nanocar” race.

1800年台の後半にフランスは世界初の自動車レースを開催しました。 そしてこの国は今、モータースポーツの次なる革命のステージを設定します: はじめての「ナノカー」レースです。



Four teams will race tiny vehicles made of a single molecule at The National Center for Scientific Research (CNRS) in Toulouse on April 28. The competition will be broadcast live on YouTube for fans of both motorsports and cutting-edge science.

4月28日、トゥールーズの国立科学研究センター(CNRS)で、4つのチームが、単一の分子から作られた小さなクルマのレースをします。 この競技は、モータースポーツと最先端科学の両方のファンのために、YouTubeで生中継されます。

  • Toulouse - フランス南西部のコミューン(地方自治体)

Aside from putting on a spectacle, the competition is aimed at demonstrating the growing capabilities of so-called molecular machines. Three European academics won the 2016 Nobel Prize in chemistry for demonstrating the ability to design and build devices at the molecular level that work like traditional machines by converting input energy into mechanical work. [Magnificent Microphotography: 50 Tiny Wonders]

ショーとは別に、この競争はナノマシンと呼ばれるものの成長能力のデモンストレーションを狙っています。 3つのヨーロッパの学会が、分子レベルの機器を設計、構築する能力のデモンストレーションで2016年のノーベル化学賞を受賞しました。 これは入力されたエネルギーを機械的な動作に変換して、伝統的な機械のように動きます。

Several of the nanocars taking part in the race have a similar layout to conventional car designs, but others are mimicking the motion of things as varied as caterpillars, hovercraft and windmills. Christian Joachim, a senior researcher at CNRS and director of the NanoCar Race, told Live Science the organizers were keen to maintain the innovative spirit of early motorsports.

レースに参加する複数のナノカーは、従来の自動車のデザインに似たレイアウトを録っていますが、他のものは、キャタピラーホバークラフト、あるいは風車のような動きを真似ています。CNRSの上級研究者でNanoCarレースのディレクターである Christian Joachim は、主催者は初期のモータースポーツの革新的な精神を維持することに熱心だったとLive Science に語りました。

  • keen - 熱心
  • maintain - 維持

“In 1894, the first ever car race was organized between Paris and Rouen and if you look carefully, they decided at that time to keep all kinds of propulsion,” he said. “In our competition, three cars from three different teams have wheels, a chassis, things like that. Three are nothing like that. We accepted a large variation of molecular designs on purpose to try to understand what works best.”

「1894年、最初の自動車レースが、パリとRouenの間で開催され、注意深く見れば、彼らはそのとき、すべての種類の推進力を維持することを決めました」と彼は言いました。 「我々の競争では、3つの別のチームからの3つの車がホイールとシャーシのようなものを持っています。他の3つはそうではありません。私たちは、どれが上手く働くかを理解するという目的のために、分子のデザインの多くのバリエーションを受け入れました。」

The race is made possible by a one-of-a-kind scanning tunneling microscope (STM). An STM allows researchers to image and manipulate individual atoms using an ultrafine metallic tip, but the device housed at CNRS has four tips, allowing four different users to work on the same surface simultaneously.

このレースは、スキャニングトンネリング顕微鏡(STM)の1種類によって実現されます。 STMによって、研究者が、超微細な金属チップを使用して、個々の原子の画像を見えるようになり、操作できるようになるのですが、CNRSにあるこの機器には4つのチップがあるため、同時に同じ面で作業できるのは4人のユーザーまでとなります。

These tips will be used to deliver tiny electrical pulses to the vehicles — each consisting of just a few hundred atoms — to power them around a racecourse made of gold atoms. The chemical structure of each nanocar has been specially designed so that the energy from these pulses propels it forward, Joachim said.

これらのチップは弱い電気パルスをクルマ ― それぞれ100個ほどの原子で作られたものです ― に送るために使用されます。 それらは、金の原子で作られたレースのコースを周回するための動力となるのです。 それぞれのnanocarの化学組成は、特別に設計されてきましたので、これらの電気パルスから得られるエネルギーが、それを前へ推進するのです。 このように、Joachim が言いました。

The idea for the competition came in 2013, but it has taken more than three years for the organizers to design the racecourse, adapt the STM for the race and for the teams to design their nanocars.

この競争のアイデアは、2013年に出てきましたが、主催者がレースコースを設計し、STMをこのレースに適合させ、各チームがそれぞれのnanocarを設計するために3年以上かかりました。

Nine teams initially applied to take part, and six were selected to go forward to the final stages of the race. Only four nanocars will be able to take part on the day, so the best-prepared teams will be chosen shortly before the race, according to the race organizers. Unlike other motor sport competitions, there’s no prize money at stake for the teams; the researchers are just vying for a trophy and bragging rights.

最初に9チームが参加して、6チームがこのレースのファイナルステージへと進みます。 主催者によれば、4つのnanocarだけが、その日に参加でき、一番うまく準備ができたチームが、レース直前に選ばれます。 他のモータースポーツの競争のような、賞金はありません。研究者は単にトロフィーと自慢する権利のために争うのです

  • vying - 争う
  • bragging - 自慢する

The technology at the heart of the race has potentially transformative applications in fields ranging from medicine to microelectronics. Advances in electronics have traditionally relied on the ever-increasing miniaturization of components like transistors, Joachim said, and continuing this trend will eventually require the ability to construct devices atom by atom.

レースの中心の技術は、潜在的に、薬品からマイクロエレクトロニクスまでの範囲の分野に転換して適用できます。 エレクトロニクスの進歩は伝統的に、トランジスタのような構成部品の小型化に頼ってきました。 そして、このトレンドは最終的に、原子レベルの機器を構築する能力を必要とするでしょう。 このように、Joachim は言いました。

This technological reality may be a long way off and it is hard to predict the ultimate potential of the molecular machines, but the race will help answer important questions about their robustness to sustained pulses from the STM and the ability to coordinate multiple devices on the same surface, Joachim added.

この技術的現実は長い道のりになるかもしれず、分子マシンの究極の可能性を予測するのは困難ですが、 このレースは、STMからの継続的なパルスに対する、それらの堅牢性と、同じ面の上で複数の機器を扱う能力についての大切な質問に答えを出すための助けにはなるでしょう。 Joachim が付け加えました。

“One lesson we will learn will be, can we really put four different molecules on the same surface and drive them on the same surface?” he said. “This has never been done before so we will learn the machinery, the software, the technology that enables us to do that.”

「私たちが学ぶであろう、ひとつのレッスンは、私たちは本当に4つの別の分子を、同じ面の上におけるのか、そして、それらを同じ面の上で駆動できるのかということになるでしょう。 これは、従来なされたことがありません。そのため私たちは、それを可能にする、機械やソフトウェアの技術を学ぶことになるでしょう」 彼は、このように言いました。


元記事は以下です。

www.livescience.com

SpaceX、再利用ロケットの打ち上げと着陸の成功により航空宇宙史に名を残す

SpaceX makes aerospace history with successful launch and landing of a used rocket

f:id:takamints:20170331110707p:plain

After more than two years of landing its rockets after launch, SpaceX finally sent one of its used Falcon 9s back into space. The rocket took off from Cape Canaveral, Florida, this evening, sending a communications satellite into orbit, and then landed on one of SpaceX’s drone ships floating in the Atlantic Ocean. It was round two for this particular rocket, which already launched and landed during a mission in April of last year. But the Falcon 9’s relaunch marks the first time an orbital rocket has launched to space for a second time.

2年以上、打上げ後の着陸を行ったあと、ついにSpaceXが使用済みのFalcon 9を宇宙へ送りました。 ロケットは今夜(米国東部時間)ケープカナベラルから飛び立ち、通信衛星静止軌道へ送り、そして、大西洋に浮かぶSpaceXのドローン船へ着陸させたのです。 このロケットにとっては2回めでした。昨年の4月のミッションで既に打上げられ、着陸していたのです。 しかし、Falcon 9の再打上は初めてですが、軌道へ到達するロケットが宇宙へ打上げられたのは2回めのことです。

SpaceX CEO Elon Musk appeared on the company’s live stream shortly after the landing and spoke about the accomplishment. “It means you can fly and refly an orbital class booster, which is the most expensive part of the rocket. This is going to be, ultimately, a huge revolution in spaceflight,” he said.

SpaceXのCEOイーロン・マスクは、同社のライブストリーミングに着陸後すぐに現れ、この達成について話しました。 「これは、あなた方が、軌道投入できるクラスのロケットブースターを、飛ばしてから再び飛行させられるということを意味しています。 ロケットの最も高価な部分です。これは最終的に航空宇宙史における巨大革命になろうとしている」


新・宇宙戦略概論 -グローバルコモンズの未来設計図-
坂本 規博(自民党 総合政策研究所)
科学情報出版 (2017-02-27)
売り上げランキング: 40,363

THIS EVENING’S MISSION WAS A CRITICAL MILESTONE FOR SPACEX
SpaceXにとって今夜のミッションは重要なマイルストーンだった

This evening’s mission was a critical milestone for SpaceX, which has been working to make its rockets partially reusable since as early as 2011. Up until now, practically all orbital rockets have been expendable, so they’re basically thrown away once they launch into space. That means an entirely new rocket — which can cost tens to hundreds of millions of dollars to make — has to be built for each mission to orbit. SpaceX’s strategy has been to land its rockets after launch in an effort to fly them again and again. That way the company can partially save on manufacturing costs for each mission.

SpaceXにとって今夜のミッションは重要なマイルストーンでした。 2011年の早くから、ロケットを部分的に再利用することに取り組んできたのです。 今まで、すべての軌道ロケットは実質的に消耗品でしたから、一度宇宙へ打上げられたら捨てられていたのです。 製造するのに1000万ドルから1億ドルの費用がかかる新しいロケットを、それぞれの軌道投入ミッションの度に丸ごと作らなくてはならないということを意味しています。 SpaceXの戦略は、ロケットを繰り返し飛ばすために打上げたあと着陸させるというものでした。 その方法で、同社は各ミッションのための製造コストを部分的に節約できるのです。

  • expendable - 消耗品

SpaceX doesn’t save the entire Falcon 9 rocket after each launch though. It saves the first stage — the 14-story core of the Falcon 9 that contains the main engines and most of the fuel needed for launch. About a few minutes after takeoff, the first stage separates from the top of the rocket and makes a controlled descent back to Earth — either landing on solid ground or on one of the company’s autonomous drone ships in the ocean. Prior to tonight’s launch, SpaceX had attempted 13 of these rocket landings and eight vehicles had successfully stuck the touchdown. But as SpaceX slowly acquired a growing stockpile of recovered rockets these last two years, the company had yet to actually reuse one of these vehicles.

しかし、それぞれの打上げの後、SpaceXはFalcon 9ロケット全体を保存しない。14階建ての高さがあり、メインエンジンと打上げに必要な燃料の多くが含まれる、Falcon 9の中心部分である第一段を保存する。だいたい離陸から数分後、第一段ロケットはロケットの先端部分から切り離され、 地上、もしくは同社の洋上に浮かぶ自律型ドローン船への着陸のどちらであっても、制御された降下によって地球へ戻る。 今夜の打ち上げの前に、SpaceXは13回のこれらロケットの着陸を試み、8つを成功させている。 しかし、SpaceXはこの2年間で修復されたロケットの備蓄の増加がゆっくりであったので、同社はまだ実際の再利用が出来なかったのです。

Now with today’s launch, SpaceX has proven that part of a used Falcon 9 can successfully launch to space again. And the fact that the vehicle successfully returned to Earth in one piece means that the rocket is poised to launch for a third time. Now SpaceX can boast nine successful rocket landings, as well as a Falcon 9 that has gone to and from space two times now.

本日の打ち上げで、SpaceXは使用済みのFalcon 9の一部を宇宙へ再び成功裡に打ち上げられることを証明しました。 そして、地球への上手く地球へ戻ってきたという事実は、一方で、三回目の打ち上げに向けた体制が整えられたということを意味しています。 いま、SpaceXは2度宇宙へ行き戻ってきたFalcon 9と同様に9度のロケットの着陸を誇ります。

“It’s been 15 years to get to this point, it’s taken us a long time,” Musk said. “A lot of difficult steps along the way, but I’m just incredibly proud of the SpaceX for being able to achieve this incredible milestone in the history of space.”

「私達が、この瞬間に辿り着くまで15年間という長い時間がかかりました。」マスクは言いました。「その道程には、多くの難しい段階がありましたが、SpaceXが、この宇宙の歴史において、このような信じられない程のマイルストーンを達成できるようになっていることに、今の私は大きな誇りを感じています。」

The rocket used for today’s launch was the second Falcon 9 that SpaceX ever recovered. It was the vehicle used for CRS-8, the company’s eighth cargo resupply mission to the International Space Station. On April 8th, the rocket sent nearly 7,000 pounds of supplies — including an inflatable habitat module called the BEAM — to the station for NASA. After launch, the rocket then landed on SpaceX’s drone ship, titled Of Course I Still Love You. SpaceX decided to launch this Falcon 9 again first, since the company wanted to save the first rocket it ever landed — a vehicle that sent 11 satellites into orbit for the company ORBCOMM in December 2015. That stage is now on display at SpaceX’s headquarters in Hawthorne, California.

本日使用されたこのロケットは、SpaceXが修復した2番めのFalcon 9でした。 これは同社の8番目の、国際宇宙ステーションへの再供給ミッションである、CRC-8に使用されたものです。 4月8日に、このロケットは7000ポンド近くの供給品を送りました。

AN IMPORTANT STEP TO MAKE SPACE ACCESS CHEAPER

Though today’s launch was historic for the aerospace industry, it was otherwise routine for SpaceX. The Falcon 9 help to loft a communications satellite for the company SES, which is based out of Luxembourg. The satellite, called SES-10, will eventually sit in a high orbit 22,000 miles up and deliver communications services exclusively to Latin America. SpaceX confirmed that SES-10 was successfully deployed shortly after the launch.

SES had been very vocal about its desire to be the first company to launch on a used rocket. And there is certainly financial incentive for customers. SpaceX president Gwynne Shotwell has said that customers that fly on a used Falcon 9 could eventually get discounts of up to 30 percent. Since the cost to launch a Falcon 9 starts at around $60 million, launching on a used rocket could start at around $40 million. For the first few relaunches, though, Shotwell told Space News that the discounts will be more in the order of 10 percent. Neither SpaceX nor SES disclosed how much money was saved for this flight.

“We did receive a discount. Obviously to fly this there was some interest and there was some incentive to do so,” Martin Halliwell, CTO of SES, said in a press conference prior to the launch. “But it is not just the money in this particular case. It’s really, ‘let’s get this proof-of-concept moving.’ Someone has to go first here and SES has a long history of doing this.”

If SpaceX wants to maximize the economic benefits of its reusable rockets, the best method is to launch these vehicles as frequently as possible. But before a rocket can launch again, it has to be inspected, refurbished, and tested a few times to ensure that it’s ready for spaceflight. It took SpaceX up to four months to get this rocket ready for flight today, according to Shotwell, but the company is working to trim down that turnaround time. SpaceX could have a lot of practice on that front soon, as it expects to launch up to six pre-flown Falcon 9s this year.


元記事はこちら。

www.theverge.com

SpaceXが使用済みFalcon 9ロケットの再打ち上げで歴史を作ろうとしています

SpaceX is about to make history by relaunching a used Falcon 9 rocket

And the vehicle’s going to attempt another landing, too

そして、そのロケットは別の着陸も試みようとしています。

f:id:takamints:20170329151550p:plain
The Falcon 9 first stage that is relaunching this week. Photo: SpaceX
今週再び打上げるFalcon 9の最初のステージ。

On Thursday, SpaceX is set to launch yet another satellite into orbit from the Florida coast — but this mission will be far from routine for the company. The Falcon 9 rocket that SpaceX is using for the launch has already flown before. Around the same time last year, it sent cargo to the International Space Station for NASA, and then came back to Earth to land upright on a floating drone ship at sea. This is the first time that SpaceX will attempt to reuse one of its rockets.

木曜日に、SpaceXはフロリダの海岸からまた別の衛星を軌道へ打ち上げる予定です。 しかし、このミッションは、同社にとってルーチン作業からはかけ離れたものとなるでしょう。 SpaceXが打ち上げに使用するFalcon 9 ロケットは既に以前飛行しました。 昨年の大体同じ時期に、NASAの為に、貨物を国際宇宙ステーションへ送りました。 そして、地球へ戻ってきて海上に浮かぶドローン船に垂直に着陸したのです。 これはSpaceXがロケットの再利用する初めての試みです。


【科学工作】力学 超飛距離ペットボトルロケットキット
アーテック (2013-08-10)
売り上げランキング: 5,123

It’s a feat that SpaceX has been working toward for more than five years now, and it could be a watershed moment for the aerospace industry. Up until now, practically all rockets that can achieve orbit are either destroyed or go unrecovered after each mission. That means an entirely new rocket — which costs tens to hundreds of millions of dollars to make — has to be built for each launch. But SpaceX’s plan has been to recover its rockets after launch rather than throw them away, so that the vehicles can be used again. That way, the company can save on manufacturing a completely new vehicle, and potentially lower the cost of each mission.

これは偉業です。SpaceXは現在まで5年以上の間取り組んできました。そして、航空宇宙産業として評価の分かれ目の瞬間に成り得ます。 現在までに起動に到達できた実質的なすべてのロケットは、それぞれのミッションの後、破壊されたか、未回収となったかのどちらかです。 これは、まったく新しい ― 製造に1000万ドルから1億ドルの費用がかかる ― ロケットを、打ち上げの度に作らなくてはならないということを意味しています。しかし、SpaceXの計画はそのロケットを打ち上げ後に捨て去るのではなく回復してきたので、そのロケットは再び使用できるのです。 その方法は、同社が完全に新しいロケットを製造するときに節約できて、潜在的に各ミッションの費用を低く抑えることができます。

  • feat - 偉業、すばらしいこと
  • watershed - 流域、分水嶺

A WATERSHED MOMENT FOR THE AEROSPACE INDUSTRY
航空宇宙産業としての評価の分かれ目

In truth, only part of the Falcon 9 is being reused on this upcoming mission. After each launch, SpaceX tries to save just the first stage of its vehicles. That’s the 14-story-tall main body of the Falcon 9 that contains the primary engines and most of the fuel. About 10 minutes or so after each launch, the first stage separates from the top portion of the rocket and makes a controlled dive back to Earth. The leftover fuel is used to reignite the engines on the rocket in a series of burns, to help the vehicle reenter the Earth’s atmosphere and then slow down for landing. This technique is known as supersonic retro propulsion.

実際には、Falcon 9の部分だけが、これからのミッションでは再利用されます。 各打ち上げの後、SpaceXはそのロケットの最初のステージの節約を試みます。Falcon 9の主要な胴体は14階建ての高さがあり、第1エンジンと多くの燃料を包有しています。打ち上げから約10分ほどで、第一段ロケットはロケットの先端部分から分離し、制御されて地上へ戻ってくるのです。 残った燃料は、一連の燃焼中に、ロケットのエンジンに再燃焼させるために使用されます。 ロケットの地球の大気への再突入を支援し、着陸に向けて減速するためです。 この技術は「超音速逆流推進(スーパーソニックレトロプロパルション - 超音速逆噴射かも)」として知られています。

  • 14-story-tall - 14階建ての高さ

It’s “an approach that requires minimal modification,” Bobby Braun, dean of the College of Engineering at the University of Colorado at Boulder, tells The Verge. “You don’t need to add wings, you don’t need to add a parachute. You’re using the same systems you would use for launch. So in terms of the investment required, I would think it would be the most straightforward and the lowest investment.”

それは「最小の変更が必要なアプローチ」だと、ボルダーにあるコロラド大学の工学部長 ボビー ブラウンが The Vergeに語ります。 「翼を付ける必要はありません。パラシュートも不要です。同じシステムを打上げのために使っているのです。したがって、必要な投資の面では、最も簡単で低価格であると考えています。」

www.youtube.com

SpaceX has tried landing most of the rockets it has launched over the last two years, either by having them touch down at a ground-based landing site or by landing them on one of two autonomous drone ships in the ocean. Out of 13 attempts, eight of the rockets have stuck the touchdown. SpaceX has been testing the recovered stages to see if they are capable of spaceflight again and to figure out how much repairs and refurbishment are needed to make them fly again.

SpaceXは、過去2年間に打上げたロケットの多くで着陸を試みました。 地上サイトや海上の2つの自動ドローン船へ着陸させてきたのです。 全体で13の試みのうち、8つのロケットが地上へ降りてくるのに立ち往生した。 SpaceXは、再び宇宙飛行の可能性があるかどうかを見て、再飛行のためにの修復と改装にいくらかかるかを計るために、回復ステージをテストし続けてきました。

THE SECOND FALCON 9 THAT SPACEX EVER RECOVERED HAS BEEN PICKED TO BE THE FIRST ONE TO FLY AGAIN
SpaceXが回復させていた2つ目のFalcon 9が初めての再利用打上げに選ばれた。

Now, the second Falcon 9 that SpaceX recovered has been picked to be the first one to fly again. It’s the same rocket that was used for CRS-8, the company’s eighth cargo resupply mission to the ISS for NASA. Launched on April 8th, 2016, the rocket lofted nearly 7,000 pounds of supplies to the crew of the space station, including a new inflatable habitat, and then landed on one of SpaceX’s drone ships in the Atlantic Ocean. SpaceX decided to reuse this booster first, partly because it wanted to hold onto the first Falcon 9 the company landed in December 2015. That one was deemed special by CEO Elon Musk and is currently on display at SpaceX’s headquarters in Hawthorne, California.

現在、SpaceXが修復した2番めのFalcon 9は、初めての再利用飛行に選ばれている。 これは同社のNASA向けに行ったISSへの貨物再共有ミッションのCRC-8 のために使われたロケットと同じものです。 2016年の4月8日に打ち上げられ、このロケットは、拡張可能な居住空間を含む7000ポンド近い供給品を宇宙ステーションのクルーへ届けました。 そして、大西洋に浮かぶSpaceXのドローン船のひとつへ着陸したのです。 SpaceXは、2015年の12月に同社が着陸させた最初のFalcon 9を留めておきたかったため、このブースターを最初に再利用することを決定した。 それはCEOのイーロン・マスクにとって特別だと考えられ、現在カリフォルニアのホーソーンSpaceXの本社に飾られている。

  • lofted - 持ち上げた
  • deemed - 考えられる

The customer flying on this first “flight-proven” rocket is SES, a satellite operator based out of Luxembourg. And the cargo is the SES-10 satellite, which is meant to provide communications services to Latin America. SES-10 will eventually sit in a super high orbit 22,000 miles above the Earth’s surface, known as geostationary orbit. On this path, the satellite follows the Earth’s rotation, allowing it to continuously hover over the same patch of the planet at all times.

この初めての「証明された飛行」で飛ぶ顧客はルクセンブルグの衛星通信事業者SESで、 運ばれるのは、南アメリカへ通信サービスを提供する人工衛星SES-10です。 SES-10は最終的に静止軌道として知られる地表から2万2千マイルの超高軌道に投入されます。 この軌道では、人工衛星が地球の自転に追従し、いつでも地球の同じ領域の上に浮き続けられるのです。

f:id:takamints:20170329151821p:plain
A rendering of the SES-10 satellite on-screen. Photo: SES

SES has been very vocal about its desire to be the first company to launch on a landed rocket, and announced in August that it would be the one to fly on this inaugural mission. “Having been the first commercial satellite operator to launch with SpaceX back in 2013, we are excited to once again be the first customer to launch on SpaceX’s first ever mission using a flight-proven rocket,” Martin Halliwell, CTO of SES, said in a statement. “We believe reusable rockets will open up a new era of spaceflight, and make access to space more efficient in terms of cost and manifest management.”

SESは、一度着陸したロケットで打ち上げられる最初の企業になるという願望について、まったく遠慮なく意見を述べてきており、 昨年8月には、この新しいミッションで飛行したいと発表しました。 「2013年にはSpaceXと共に打上げた最初の商用衛星通信事業者である私たちが、SpaceXの使用済みロケットを使った、かつて無い初めてのミッションの顧客に再びなるということに興奮しています。」と、SESのCTO マーティン・ハリウェルが表明しました。 「我々は、再利用ロケットが、宇宙飛行の新しい時代を開き、費用や貨物の管理の点で、より効率的に宇宙へアクセスできるようになることを信じています。」

  • vocal - 音声を発する、自由に意見を述べる、遠慮なく言う。
  • inaugural - 就任、新任の。
  • manifest - 船や積載する荷物の詳細について記した文書。

Not only is this Falcon 9 rocket launching for a second time, but it’s landing again, too. The first stage will attempt another drone ship landing in the Atlantic Ocean after takeoff, meaning this particular vehicle could see even more flight time in the future. It’s still unclear just how many times a single first stage of a Falcon 9 can be used again. In the past, Musk has boasted that parts of the Falcon 9 could be reused up to 100 times, but he expects 10 to 20 reuses out of a single vehicle.

このFalcon 9は、2回打ち上げられるだけではなくて、再び着陸もするのです。 第一段は離陸後大西洋に浮かぶ別のドローン船へ着陸を試みます。 このことは、この特定のロケットが、将来さらに多く飛行するとみられることを意味しています。 まだ、ひとつのFalcon 9 1機が何度再使用できるのかは明らかではありません。 過去には、イーロン・マスクが、Falcon 9は最大100回使用され得ると言い放ったことがありましたが、 彼は1機の再利用を10回から20回と考えています。

THE MORE FREQUENTLY SPACEX CAN REUSE ITS FALCON 9S, THE GREATER THE ECONOMIC BENEFIT TO THE COMPANY
SpaceXがさらに頻繁にFalcon 9を再利用できるなら、同社により大きな経済的恩恵をもたらす

The more frequently SpaceX can reuse its Falcon 9s, the greater the economic benefit to the company. The rocket’s engines and tanks are the most expensive part of the vehicle to make, whereas refueling and refurbishing the vehicle could cost as little as a few million dollars. It’s not known just how much launching a used rocket saves the company, but SpaceX President Gwynne Shotwell estimated that customers could see a price reduction of about 30 percent for launches that use landed rockets. (In October, however, she told Space News that SpaceX is only offering 10 percent discounts for the time being.) That means the Falcon 9, which starts at a little more than $60 million, could eventually go for $40 million if it’s a reused vehicle. And lowering the cost of access to space could make spaceflight a more affordable investment for companies in the long term.

より頻繁にSpaceXがFalcon 9を再利用できると、同社への経済的恩恵が大きくなります。 このロケットのエンジンとタンクは製造するのに最も高価な部分であり、燃料の補給や修復の費用は、数百万ドル程しかかかりません。 再利用ロケットの打ち上げ費用がどれほど同社を救うのかは知られていませんが、SpaceXの社長 グウィン・ショットウェルは、再利用ロケットなら、およそ30%値下げできると見積もりました(しかし彼女は昨年10月には、その時点で10%の値下げしかできないとSpace Newsに言っています)。 それが意味するのは、このFalcon9は、6千万ドルよりも少し多いところから始まって、再利用であるなら最終的には4千万ドルになるということです。 そして、宇宙へのアクセスにかかる費用を抑えることは、長い目で見て、より手頃な企業のための投資を宇宙飛行に行えるように出来ます。

“We could open the space frontier,” says Braun, who added that reusing the entire rocket would mean even greater cost savings. “Then you’re talking about a different set of economics for space transportation, and that’s really the key to access to space and what’s been holding us back for decades.”

「私たちは宇宙の境界を開けます」 ロケット全体の再利用が更に大きな費用の節約になると加えられた ブラウンが言います。 「そうすれば、あなたたちは、宇宙の輸送のための別の経済について話しており、それが本当の宇宙へアクセスするカギであり、私たちを数十年間捉えてきたものなのです」

SpaceX performed a successful static fire test of the Falcon 9 engines on Monday, and right now, takeoff of SES-10 is scheduled for 6PM ET on Thursday from Kennedy Space Center at Cape Canaveral, Florida. There’s a two-and-a-half-hour launch window, so the Falcon 9 can conceivably take off anytime until 8:30PM ET. So far there’s a 70 percent chance that weather conditions will be favorable, according Patrick Air Force Base. Check back here about 20 minutes before the launch window opens on Thursday to watch the launch live.

月曜日、SpaceXはFalcon 9のエンジンの静的燃焼試験に成功しました。 そして今、SES-10の離陸は米国東部標準時で木曜日の午後6時(日本時間では3月31日金曜日の朝8時)、フロリダ州のケープ・カナベラルのケネディ宇宙センターで予定されています。 打上げ枠は2時間半ありますので、Falcon 9は8時30分(同10時30分)までには離陸します。 パトリック空軍基地によれば、今のところ天候の状態が良好である可能性は70%。 打上げの生中継を見るために木曜の打上げ枠の20分前から、ここをチェックして下さい。

  • conceivably - おそらく、考えられるところでは

元記事はこちら。

www.theverge.com