読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

マイクロソフトが作りたい未来都市は自動車で始まる

ウェアラブル・IoT 自動運転 クラウド マイクロソフト

Microsoft wants to build the city of tomorrow, starting with cars

f:id:takamints:20170111125022p:plain



Forget what you know about autonomous cars for a moment. In the future, that’s only one small piece of the puzzle. The real money is on data-driven cars, a vast array of connected vehicles that feed rich data to a central server in hopes of improving more than just traffic flows. We’ll save time in traffic, avoid accidents, save fuel, find better nav routes, and much more.

しばらく自動運転車については忘れてください。 それは未来においてパズルのたったひとつの小さなかけら。 現実のお金はデータで駆動される自動車の上にあるのです。 これは、膨大な数の接続された乗り物の集まりであり、 中央のサーバーへ豊富なデータを与え、 単なる交通渋滞の解消よりも多くを期待されているのです。

Even in the next decade or two, there’s a slim chance most of us will own a brand new autonomous car or even one that’s retrofitted. That 2017 Subaru Outback is still going to be on the road, and someone — a second- or third-hand owner — will still drive it.

これから10年20年でさえ、私たちの多くが真新しい自動運転車を所有する、わずかなチャンスが有ります。改造されたものかもしれません。 あの2017年のスバル・アウトバックは、まだその道程にあるでしょう。そして、誰か - 二番目や三番目のオーナー - が、まだ運転するでしょう。

  • slim - 「わずかな」という意味があるようです。

Yet what will happen is that cars will be connected to one another, the roadway, the infrastructure, and even beyond — to the Internet of Things, to the office, and to your home. This is a future Microsoft envisions, one that operates in the cloud. Even older cars could connect to the cloud, not just those that have self-driving features. And it could happen sooner than you think.

まだ、自動車が他の別のもの、道路やインフラ、さらにそれを越える「モノのインターネット」、オフィスやあなたの家にまで、接続されると何が起こるのかは分かりません。 これはマイクロソフトが描き出した未来であり、クラウドで運用されるものです。 古い自動車でさえクラウドに繋げられ得るのですから、自動運転機能が装備されているものだけではありません。 そして、それはあなたが考えているよりも早く起こりうるのです。

One big step forward is the recently announced Microsoft Connected Vehicle Platform, which provides the tools and algorithms automakers and any company in the automotive space needs to build the technology, analyze the data, and help drivers.

最近発表されたマイクロソフトのコネクテッド・ビークル・プラットフォームが、大きく前へ一歩を踏み出しました。 これは、自動車メーカーやどのような企業にでも、自動車の空間で必要になる、技術を構築したり、データを分析したり、運転者を支援するツールとアルゴリズムを提供します。

Doug Seven, the principal program manager for Microsoft Azure IoT-Things That Move, told me that the platform is a bit like having a set of Lego blocks. The platform can help with things like electronic payments in the car, or traffic reporting, or collision avoidance.

このプラットフォームは、レゴ・ブロックのセットを持っているようなものだと、マイクロソフトAzure IoT Thigs That Moveの主要プログラムマネージャであるダグ・セブンが私に語りました。 このプラットフォームは、自動車の中での電子決済や、交通情報、または衝突回避のようなことで支援できます。

He gave a really good example. Let’s say you are sitting at home, wondering when you should head to work. Cortana on your laptop chimes in — you better leave for your meeting across town. The bot knows this because of a traffic delay. You decide to delay a bit, and when you finally climb into your Honda Accord, Cortana lets you know that you’ll be late and offers to conference you into the meeting. Because wireless congestion is a problem in your city, Cortana then picks a route that optimizes the call quality. You’re also low on fuel, so Cortana picks a station that’s along the route and one you normally like. You sit back and drive, letting the bot do the thinking.

彼は良い例を与えてくれました。 あなたは、いつ仕事に向かおうかと考えながら自宅で座っているとしましょう。 ノートPCのコルタナがチャイムを鳴らして、町の向こうのミーティングに向けて、もう出かけたほうが良いと言っています。 このボットは交通渋滞のことを知っているのです。 あなたは少し遅れることにして、最終的にホンダ・アコードに乗り込んだ時、コルタナはあなたが遅れるであろうことを教えてくれて、ミーティングに招待します。あなたの町の無線の混雑の問題によって、コルタナは電話の品質を最適化するルートを選び出します。 燃料も少ないので、コルタナは普段あなたが好んで利用しているガソリンスタンドを通り道に応じて選び出します。 あなたは座って運転しているだけ。考えているのはぼボットです。

  • congestion - 混雑

This is distinct from autonomous driving. It’s data-driven driving, and it makes perfect sense given our hectic lives. (One side benefit to having a bot provide these services is that we won’t be as distracted — a problem that has created a rise in traffic fatalities for the first time in years.)

これは自動運転とは別のものです。 これはデータ駆動型運転であり、我々に与えられた忙しい生活に完全な意味があります。 (ボットにこれらのサービスを提供させることに対する利益の一面は、私達の気が散らさないということです - 数年間で初めて交通事故死を増加させた問題から)

  • hectic - 忙しい、めまぐるしい
  • distracted - 気を散らす

Seven gave another example of how this might work for safety purposes. As you drive, your car might connect to the cloud and look for roadway problems. Since many cars are connected to the cloud, you’d know that a ladder fell off of a truck a few miles ahead, based on reports from other cars. (Normally, it takes a long time before actual roadway incidents like this show up on traffic reports.) You decide to take a different route, avoiding any potential driving mishaps.

セブンはこれがどのように安全目的のために働くかという、別の例を与えました。 あなたが運転しているとして、あなたの自動車がクラウドに接続されて道路上の問題を探していたかもしれない。 多くの車がクラウドに接続されていることで、他の車からの報告に基づいて、あなたは数マイル先でトラックが積荷を崩していることを知るでしょう。 (通常、実際の道路の事故で交通情報に取り上げられるには長い時間がかかります。) あなたは別のルートを取る決定をし、潜在的な事故の可能性を回避します。

  • mishaps - 事故

One of the benefits is that a computer can scan ahead multiple steps beyond what any driver could see. We notice problems just ahead, but data fed into the cloud could analyze many more steps ahead — that there’s black ice on one part of the road, an abandoned car, an unexpected weather condition, and several other issues, analyzing them all at once.

利益のひとつは、コンピュータはドライバーの視界を超えた複数のステップで、前方をスキャンできることです。 私たちは目の前の問題だけに気づきますが、クラウドに送られるデータはもっと先のステップまで分析可能です。 道の一部に黒い氷があること、放棄された車があること、予想できない天候状態や、他の複数の問題など、これらを一度に分析可能なのです。

This will all lead to smarter cities where — as Seven explained — the data is all fed into a traffic management system and fed back out to drivers. It wouldn’t quite work like an air traffic control center, but the rich data would help city planners with load balancing and routing. Maybe parts of the highway system would be expanded or adjusted, or speeds changed, or lights adjusted in real time. As Seven noted, this could be the first step to a smart city that knows about every car on the road, the available routes, all traffic incidents, and even the optimal speeds.

これは、よりスマートな都市へ導きます ― セブンの説明として ― このデータは交通管理システムに全て与えられ、ドライバーへフィードバックされるのです。 それは航空機の管制制御センターのように働きはしないでしょうが、豊富なデータは負荷分散とルーティングによって、都市計画者を支援するでしょう。 高速道路システムの一部が拡張されたり、調整されたり、速度が変更になったり、もしくはライトがリアルタイムに調整されたりするかもしれません。 セブンが強調するのは、これはスマートシティへの最初の段階に成りうるということです。 スマートシティは、都市内のすべての自動車、利用可能なルート、全ての交通事故、そして、最適な速度でさえ、知っているのです。

After that, smart cities could start looking into parking, building locations — anything that can be connected and managed. Workers could all arrive around the same time to a perfectly preconditioned building with heating and lighting all preset. It’s all coming soon.

その後、スマートシティは、駐車場やビルの場所を探せるようになります。 ― なんでも接続されて管理され得るのです。 労働者全員が、事前に完璧に設定された温度と明るさに整えられたビルへ、ほぼ同時に到着するのです。 すぐに全てがこうなります。

Here’s a good explainer video on how it all works:

これがどのようになっているのかを上手く説明するビデオをどうぞ:

youtu.be


元記事は以下。

venturebeat.com

米Yahoo!は(少なくとも、まだ)消えてはいない

インターネット 買収

Yahoo isn't really going away (at least, not yet)

f:id:takamints:20170110124739p:plain



Yahoo will be renamed “Altaba” and company CEO Marissa Mayer will step down from its board of directors once its major sale to Verizon closes, according to an 8-K filing released by Yahoo earlier today.

本日早朝(米国時間)ヤフーによってリリースされた8-Kのファイルによれば、 ヤフーは「アルタバ」と改名され、同社のCEOであるマリッサ・メイヤー氏は、Verizonへの大規模な売却が完了すると、取締役会から辞任する予定です。

  • step down - 降りる(=辞任)。辞任はresignとのことでした。他のニュースサイトではresignが使用されています。

It’s a crazy string of events that sounds like the end of one of the web’s most iconic properties. But the reality is a bit different from what the many headlines about this series of moves make it sound like.

これは、ウェブの最も象徴的な存在の1つが終わるかのように思えるクレイジーな出来事です。 しかし現実は、この一連の動きについて、そのように見える多くの見出しとは少し異なります。

That’s because these announcements apply to, essentially, the zombified heart of Yahoo. The Yahoo we all know (and don’t really love) — its search engine, blogs, and homepage — are still sticking around. For all we know, Mayer could be sticking around for awhile as well.

それは、これらの発表が本質的にゾンビ化されたYahooの心臓部に適用されたからです。 検索エンジン、ブログ、ホームページなど、われわれが知っている(そして本当に愛していない)ヤフーはまだまだそこらじゅうに存在しています。 私たちが知っている限りメイヤーは、しばらくの間、同様に存在しうるのです。

  • sticking around - 「そこら辺でうろちょろしている」という感じでしょうか。Google翻訳は「固執する」と翻訳してくれますが、どうも違うっぽい。

YAHOO WILL LIVE ON AT VERIZON — ONLY A HOLDING COMPANY WILL CHANGE NAMES

ヤフーはベライゾンで生きるだろう ― 株式を保有する企業が名前を変えただけ

This is all happening because of Yahoo’s sale to Verizon. Back in July, Verizon agreed to buy a major portion of Yahoo, including its blogs and email service, for $4.83 billion. But Verizon isn’t buying all of Yahoo. It’s leaving behind a valuable stake in, among other things, Alibaba and Yahoo Japan.

これは、まったく、ベライゾンへのヤフー売却による出来事です。 昨年7月、ベライゾンが、ブログとeメールサービスを含むヤフーの主要な部分を48.3億ドルで購入することに同意しました。 しかし、ベライゾンはヤフー全体を買い取ったわけではないのです。 他に、アリババやヤフー!ジャパンの価値のある株式は残っています。

(続きは元記事↓でどうぞ)


元記事は以下。

www.theverge.com

イーロン・マスクがユニバーサル・ベーシック・インカムは避けられないと考えている理由とは

政治・経済 人工知能・機械学習 ロボット

Why Elon Musk Thinks Universal Basic Income Is Inevitable

f:id:takamints:20170102095626p:plain



Jobs were a big topic in the 2016 Presidential election in the United States and continues to be a hot-button issue. The loss of manufacturing jobs in the Rust Belt states was largely responsible for propelling Donald Trump to a surprise win. As President-elect, Trump has continued to push the jobs message, making deals like his recent involvement in the fate of Indiana’s Carrier plant to show that he will bring jobs back to regions with great job loss. Yet, regardless of such efforts, many futurists are predicting that a large amount of our jobs will be replaced by automation and robots within a very foreseeable future. Professor Moshe Vardi projected recently that more than half of the workers in the world will be replaced by robots in just 30 years from now. This is in line with a 2013 Oxford University study that put the future number of robot-replaced jobs in America at 47%.

雇用問題は2016年の米国大統領選挙で大きな話題でした。そして盛んに議論される問題であり続けます。 ラスト・ベルト地帯の製造業の失業は、ドナルド・トランプの驚愕の勝利への推進に、大きな役割を果たしました。 大統領選ではトランプが、大規模な失業があった地域へ雇用を戻そうとしていることを見せるため、 インディアナ州のキャリア社の工場の運命に対する最近の彼の関わりのように、取引を行っており、雇用のメッセージを送り続けています。 そのような努力にかかわらず、我々の仕事の多くが、まったく予見可能な範疇の未来にオートメーションやロボットによって置き換えられるだろうと、多くの未来派たちが予測しています。 今からちょうど30年以内に、世界中の労働者の半数を超える人たちが、ロボットに置き換えられるだろうと Moshe Vardi教授が、最近映し出しました。 これは、アメリカでロボットが置き換える仕事が47%だとする2013年のオックスフォード大学の研究と一致しています。

  • hot-button issue - 多くの人が感情を強く動かされ、議論される問題。
  • the Rust Belt - 錆びたベルト。米国中西部から大西洋側にかけての脱工業化地帯。閉鎖工場が錆びて朽ちる様から。
  • Carrier - 大型エアコン等の製造を行うキャリア・コーポレーション。ユナイテッド・テクノロジーズ社のブランド。
  • foreseeable - 予見可能な
  • be in line with ~ - ~と一致

What to do about this looming threat? One obvious solution would be re-educating the labor force, finding a way for it to work with the automation and artificial intelligence that will become ubiquitous. Still there is a strong likelihood that the inequality of wealth distribution will continue to grow around the world, and large parts of the labor force will be simply unable to find meaningful employment.

この居心地の悪い脅威について、するべきことはなんでしょう。 労働力を再教育し、遍在してゆくオートメーションや人工知能とともに働く道を見つけることは、ひとつの明らかな解決法となるでしょう。 富の分配の不平等が世界中で大きくなり続け、労働力の大部分が意味のある雇用を単に見つけられなくなる公算がまだ非常に高いのです。

  • looming - 居心地の悪い
  • threat - 脅威
  • likelihood - 公算、可能性
  • inequality - 不平等
  • wealth - 富

Elon Musk waded into this discussion recently by suggesting that a different economic system would have to be in place.

最近、イーロン・マスクが、別の経済システムがあるべきであると示唆することで、この議論に参加しました。

  • waded - 徒渉(とちょう)。川を歩いて渡る。
  • waded into - 川に入っていく、激しく攻撃する、決然と取り掛かる

"There is a pretty good chance we end up with a universal basic income, or something like that, due to automation," Musk told CNBC in an interview. "Yeah, I am not sure what else one would do. I think that is what would happen."

「自動化によって、私達がユニバーサル・ベーシック・インカムや、他の同じようなことに、たどり着くとても良い機会です。」 CNBCのインタビューでマスクは語りました。 「ええ、他のなにがそうなるのか分かりません。私はそれは起きると考えています。」

The idea of universal basic income (UBI) is that the government would provide citizens with a minimum amount of money to live on. Proposals for UBI are being considered in Switzerland, Finland and the Netherlands, while Canada is instituting a pilot program in 2017 to provide supplemental income to keep people above poverty level in the province of Ontario.

ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の考えは、政府が市民へ生活するための最低限のお金を支給しようとするものです。 UBIの提案は、スイス、フィンランド、そしてオランダで検討されています。 カナダのオンタリオ州では、人々を貧困レベルよりも高水準に保つために、補足的な収入を提供するパイロットプログラムを2017年に設置しようとしています。

  • instituting - 設置、始める、創設する。
  • poverty - 貧困

While it will dramatically change our lives, Musk doesn’t see automation as an inherent evil, however. It’s just an inevitable transformation in society.

それは私たちの生活を劇的に変えるでしょう、しかし、マスクは自動化を内在する悪として見ていません。 それは、社会の中での避けられない転換でしかないのです。

  • inherent - 内在する
  • inevitable - 不可避な

"People will have time to do other things, more complex things, more interesting things," said Musk. "Certainly more leisure time. And then we gotta figure how we integrate with a world and future with a vast AI."

「人々は他のことをする時間を持つことになるでしょう。 より複雑なことや、もっと面白いことをするための時間、確実に、より多くの余暇の時間を持つことになるのです。 そして我々は、この巨大なAIで如何にして世界と未来を統合するかという絵を描けるようになるのです。」

  • vast - でかい、おおきな

Will Universal Basic Income come to the United States? It’s hard to believe that now when even discussions around increasing minimum wage, which has not kept up with inflation, get bogged down in inaction due to partisan bickering in Congress. But the reality of more than half the population having no work will likely prompt many changes we cannot yet anticipate or feel comfortable with. It’s important to start the discussion now, before being confronted with more and more people who are out of the labor force because there are simply not enough jobs they can perform.

ユニバーサル・ベーシック・インカムは米国にやって来るでしょうか。 インフレで上がることのなかった最低賃金の増額に関する議論が、議会での党派の反発による無反応で、引き伸ばされる今では、信じがたいことです。 しかし、人口の半分以上が職を持たないという現実は、私達には予期できない快適ではない多くの変化を促すことになるだろう。 今、議論を始めることが重要です。 労働力の外側のさらに多くの人々に直面することになる前にです。 彼らが行うことができる十分な仕事が単純にないのですから。

  • wage - 賃金
  • bogged - ぶつかる、引き伸ばす
  • inaction - 無反応
  • partisan - パルチザン
  • bickering - 喧嘩
  • Congress - 議会
  • partisan bickering in Congress - 議会での党派の反発
  • anticipate - 予期する
  • confronted - 直面する

Cover photo: CEO and chief designer of SpaceX Elon Musk speaks at the 2014 annual conference of the Export-Import Bank (EXIM) April 25, 2014 in Washington, DC. (Photo by Alex Wong/Getty Images)


元記事は以下。

bigthink.com