ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ホーキング博士「人類は他の惑星へ向かう光に乗るべきだ」

Stephen Hawking: Humans Should Ride a Beam of Light to Other Planets

f:id:takamints:20170622200800p:plain Stephen Hawking has a long list of warnings about threats to humanity.
Credit: Flickr/NASA HQ PHOTO.

Humanity should focus its efforts on exploring other worlds that we might inhabit, and to get there, Earthlings may need to ride on a beam of light, famed physicist Stephen Hawking says.

有名な物理学者ステファン・ホーキングが語ります。 人類は我々が生活するかもしれない他の世界の探求に焦点をあわせるべきだと。 そして、地球上の生き物はその場所へ行くために「光に乗る」必要があるかもしれないと。

  • Earthlings - 地球に住む生物を指す

Hawking made his remarks today (June 20) at Starmus, an arts and science festival in Norway whose advisory board he sits on. In his speech, he reiterated his belief that humans need to explore space to avoid the dangers of our own finite world. And then he described how humans could one day travel on a beam of light, harnessing the power of Einstein’s theory of relativity to reach mind-bogglingly distant planets. 8 Shocking Things We Learned from Stephen Hawking’s Book

ホーキングは本日(6月20日)、彼が諮問機関として座っているノルウェイの芸術と科学の祭典「Starmus」で、彼の言葉を発しました。 彼はスピーチの中で、彼自身の考えを繰り返しました。人類は我々自身の世界が終わる危険を避けるため、宇宙を探検する必要があるということです。 そして、彼は、とてつもなく遠い惑星へ到達するため、どうすればアインシュタイン相対性理論で生み出される力「ビーム・オブ・ライト」の上で一日の旅ができるかについて言及しました。ホーキング博士の著書から学べる8つの衝撃的事実

  • harnessing - 天然の資源によってエネルギーを生み出すこと

Earth in peril

地球は危険だ

The human imagination has led us to peer ever deeper into the universe with scientific tools, Hawking said. Yet despite this ability to investigate the most distant reaches of the universe without leaving our backyards, humans shouldn’t be content with this sedentary approach.

人類の想像力は科学の力で宇宙の更に深いところまで導いてきました。ホーキングはそう語ります。 しかし、私達が獲得した、家に居ながらにして深宇宙を調査できる、この能力にも関わらず、人類は、この「ただ座っているだけ」のアプローチをとるべきではないのです。


ホーキング、ブラックホールを語る:BBCリース講義
スティーヴン・W・ ホーキング
早川書房
売り上げランキング: 90,822

“Shouldn’t we be content to be cosmic sloths, enjoying the universe from the comfort of Earth? The answer is, no,” Hawking said in his address. “The Earth is under threat from so many areas that it is difficult for me to be positive.”

「宇宙における怠け者になるべきではありません。地球の快適さより宇宙を楽しめってことでしょうか?いえ、違うのです。」 ホーキングは彼の思いを語りました。 「この地球は、私にとってポジティブになるのが困難なほど、たくさんの分野において脅威にさらされています。」

What’s more, humans are naturally curious explorers who are driven to push into the unknown. Hawking described the looming threats of a too-crowded world facing climate change, the collapse of animal species and the draining of physical resources. (Hawking has previously mentioned his conviction that humanity is doomed in the next millennium unless people can come up with an escape plan.)

人類は、生まれつき未知の世界へ入り込むために動き続ける好奇心旺盛な探検家であるということ以上に何があるでしょう。 ホーキングは、気候変動に直面するあまりにも密集した世界の居心地の悪い脅威について語りました。 動物の種の崩壊と、物理的リソースの枯渇。(ホーキングは、人類が逃亡計画を出さない限り、次の千年は運命づけられているという、彼の信念に言及したことがあります。)

  • looming - 居心地の悪い
  • conviction - 信念
  • doomed - 運命付けられた

“When we have reached similar crises in our history, there has usually been somewhere else to colonize. Columbus did it in 1492 when he discovered the New World. But now there is no new world. No Utopia around the corner,” Hawking said.

「私達の歴史の中で、似た危機に遭遇した時、植民地化する他の場所がありました。コロンブスは1492年にそれをやりました。かれが、新大陸を発見したときにね。 しかし、現在、新しい世界は存在しません。そこの曲がり角にユートピアはないのです。」ホーキングはこう言いました。


ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング [DVD]
アルバトロス (2014-06-04)
売り上げランキング: 4,720

Explore the unknown

未知への探求

The easiest targets are the places closest to home: the moon and Mars, Hawking said in his Starmus address. The moon is nearby, but it’s small, has no liquid water and lacks a magnetic field to shield people from radiation. Mars may once have had liquid water and an atmosphere, but no longer.

最も楽な目的地は家に一番近い場所:月と火星だとホーキングはStarmusで発言しました。 月は近いのですが小さいですね。そして、液体の水が存在せず、放射線から人々を守る磁場のシールドもありません。 火星には、かつて液体の水や大気があったかもしれませんが、今はもうありません。

But an even more promising idea is to explore some of the planets in the vicinity of our nearest stellar neighbor, Proxima Centauri, at a distance of about 4.5 light-years from Earth, where 1 light-year is nearly 6 trillion miles (10 million kilometers). A planet circling Proxima Centauri, called Proxima Centauri b, may be somewhat similar to Earth, at least in a few respects, Hawking said.

でも、幾分か確実な考えは、幾つかの近傍の惑星を探検することです。我々の隣りにある元も近い恒星、地球から約4.5光年のところにある、プロキシマ・ケンタウリの惑星などですね。 1光年はほぼ1000万キロメートルです。 プロキシマ・ケンタウリを回るプロキシマ・ケンタウリbと呼ばれる惑星は、どこか地球に似ているかもしれません。少なくとも幾つかの点においては。ホーキングはこのように語りました。

  • vicinity - 近傍
  • stellar - 恒星

However, we’ll never know how hospitable Proxima b is unless we can get there. At current speeds, using chemical propulsion, it would take 3 million years to reach the exoplanet, Hawking said. [Interstellar Space Travel: 7 Futuristic Spacecraft to Explore the Cosmos]

しかし、私たちがプロキシマbへ行かない限り、そこがどれほど過ごしやすいのか決してわからないでしょう。 科学的な推進力を使っている現在の速度では、この系外惑星に到達するために300万年かかってしまいます。恒星感宇宙旅行: 宇宙を探検する7つの未来的宇宙船

Thus, space colonization requires a radical departure in our travel technology.

つまり、宇宙へ移住するには、我々の移動技術から根本的な決別が必要です。

  • Thus - 従って
  • radical - 根本的な
  • departure - 出発、決別

“To go faster would require a much higher exhaust speed than chemical rockets can provide — that of light itself,” Hawking said. “A powerful beam of light from the rear could drive the spaceship forward. Nuclear fusion could provide 1 percent of the spaceship’s mass energy, which would accelerate it to a tenth of the speed of light.”

「さらに速く移動するには科学ロケットが提供するのよりも、大変高い排気速度を要します ― それは光です。」 ホーキングは続けます。 「後部からの強力な光線は、宇宙船を前へ勧めます。核融合は宇宙船の質量エネルギーの1%を提供できます。これは光の速度の10倍まで加速可能なエネルギーです。」

Going faster than that would require harnessing matter-antimatter annihilation or as-yet-undreamed-of technology, he added. (When matter and antimatter come into contact, they annihilate, releasing gobs of energy.)

それよりもさらに速く移動するには、物質と反物質対消滅によるエネルギーや、未だ夢にも見たことのない技術が必要となるでしょう。 こう彼は付け加えました。(物質と反物質が接触するとそれらは消滅し、莫大なエネルギーを解き放ちます。)

Tiny space probes

超小型宇宙探査機

To bring these seeming pipe dreams closer to reality, Hawking, along with physicist and billionaire Yuri Milner, has founded a company called Breakthrough Starshot, which aims to make interstellar travel a reality. As an early prototype, the team is creating a teensy space probe, just a few centimeters wide, attached to a miniscule light sail. The plan is to send 1,000 of these “StarChips” and their sails into the void, with arrays of lasers uniting to form one powerful light beam to propel the tiny sails with gigawatts of power, Hawking said.

これら見るパイプの夢を現実に近づけるために、ホーキングは、物理学者で大富豪のユーリ・ミルナーと一緒に、恒星間旅行の実現を目的として「ブレークスルー・スターショット」という企業を設立しました。 初期のプロトタイプとして、このチームは、十代の宇宙探査機を作っています。たったの数センチメートルで、極小の光の帆が取り付けられています。 この計画はこれら「スターチップス」1000個、宇宙へ送り出します。 数ギガワットのエネルギーで、この小さな帆船を推進させるための強力な光線を形成するためのレーザー配列によってです。

  • teensy - 十代
  • miniscule - 極小

The energy imparted to the tiny space probes could zoom them to speeds reaching about 100 million mph (160 million km/h), which would mean they would reach Mars in a day (as opposed to 260 days using propulsion). At one-fifth the speed of light, the probes would reach Alpha Centauri in just 20 years and send images of any possible planets back on another light beam, Hawking said. Another physicist, Claudius Gros has proposed using these tiny space explorers to colonize far-flung planets with a biosphere of unicellular organisms, Hawking said

“Human colonization on other planets is no longer science fiction. It can be science fact. The human race has existed as a separate species for about 2 million years. Civilization began about 10,000 years ago, and the rate of development has been steadily increasing. If humanity is to continue for another million years, our future lies in boldly going where no one else has gone before,” Hawking said.

Originally published on Live Science.


元記事は以下からどうぞ。

www.livescience.com

「Amazonプライム・ワードローブ」で衣料品の試着が可能に

Amazon Prime Wardrobe will let you try on clothes before you buy them

Amazon Fashion is coming

Amazonファッションがやって来る。

f:id:takamints:20170621092754p:plain

Amazon is launching Prime Wardrobe, a new program that will let you try on clothes before you buy them. Once you select at least three Prime Wardrobe-eligible pieces from over a million clothing options, Amazon will ship your selections to you in a resealable return box with a prepaid shipping label.

(米国の)Amazonは、衣料品の購入前に試着できる新しいプログラム「プライム・ワードローブ」を開始しました。 100万着以上の衣料品の選択肢から、少なくとも3つのプライム・ワードローブに対応した商品を選ぶと、Amazonは返却用ラベルと一緒に再梱包可能なボックスに入れて出荷してくれます。

  • eligible - 適格、主格

youtu.be



After you try on the clothes, you can put the ones you don’t want back in the box and leave it at your front door — Prime Wardrobe also comes with free scheduled pickups from UPS. If you decide to keep at least three items you will get a 10 percent discount off your purchase, and if you keep five or more pieces the discount rises to 20 percent.

試着したあとで、返却したくないものは手元において、返却用ボックスは玄関前に置いておけばよいのです ― プライム・ワードローブには、UPSによる定期引取サービスがついています。 少なくとも3つのアイテムを購入すると決めたのならば、その注文には10%の割引が適用され、5つ以上なら20%まで上がります。

This is Amazon Fashion’s latest attempt to grow its retail footprint — Amazon launched the Echo Look “style assistant” back in May, and it began working with celebrities like Dwyane Wade to build out mini stores on its website. Given Amazon’s history of entering and methodically dominating retail markets (see: books, electronics, and probably groceries), this likely isn’t the last move we’ll see from Amazon Fashion this year.

これは、Amazonファッション自体の小売の足跡を成長させる最新の試みです ― 5月には、Echo Look「スタイルアシスタント」を立ち上げて、ドウェイン・ウェイド(バスケットボール選手)のようなセレブと共に、そのウェブサイトで小さな物語を構築する取り組みをAmazonはじめています。

Amazonの小売市場への参入と系統的な支配の歴史(書籍、電化製品の市場を見て下さい、そしておそらく食料品もそうなります)を考えれば、 多分これは、Amazonファッションから今年私達が見ることになる最後の動きではないでしょう。

  • methodically - 系統的

Amazon Prime Wardrobe is currently in beta, but you can sign up to get notified when it officially launches.

Amazonプライム・ワードローブは、現在ベータ版ですが、正式に立ち上がった時に通知を受けとる為にサインアップが可能です。


つまみ食いギター・フレーズ集【濃い味】編

シンコーミュージック
売り上げランキング: 1,042,300

元記事は以下からどうぞ。

www.theverge.com

トヨタの空飛ぶ自動車?トヨタは「空中での解決法」を求めてスタートアップを支援している

Toyota flying car? Automaker pursues ‘aerial solutions,’ backs start-up

f:id:takamints:20170605065822p:plain
Tsubasa Nakamura, project leader of Toyota-backed start-up Cartivator, third from left, watches the flight of the test model of the company’s flying car on a former school ground in central Japan on June 3. Another member, fourth from left, operates the remote control. (Photo: Koji Ueda, AP)
6月3日、中部日本の元学校のグラウンドで、トヨタが支援するスタートアップ Cartivatorのプロジェクトリーダー、ツバサ・ナカムラ(左から3番目)が、同社の飛行自動車のテストモデルの飛行を見ています。左から4番目の他のメンバーが操縦しています。

It would be a truly Olympic feat.

真のオリンピックの偉業となるだろう。

A start-up backed by Japanese automaker Toyota revealed a rudimentary prototype of a flying car, aiming to whisk a driver through the air to light the Olympic torch in Tokyo in summer 2020.

日本の自動車メーカー トヨタの支援を受けたあるスタートアップが、空飛ぶ自動車の初期タイプを披露しました。 2020年の夏、東京オリンピックの聖火を灯すためにドライバーを、空中へ移動させることを狙っています。

  • rudimentary - 初歩的な
  • whisk - 特定の方向に(誰かまたは何か)特定の方向に突然そして素早く移動する。

Although the start-up is not officially collaborating with Toyota, the automaker confirmed to USA TODAY that it is exploring “aerial solutions” on its own in early-stage research. And some of its employees are aiding the start-up on a voluntary basis.

しかし、このスタートアップは公式にはトヨタと提携していません。 この自動車メーカーはUSA TODAYに対して、その件y空の初期段階で「空中での解決法」を探っていると認めました。 そして、従業員の何人かがこのスタートアップを自発的に支援しているのです。

  • voluntary - 自発的に、有志

Toyota described its own flying car ambitions as “in the very early stages” and said “nothing has been decided yet about commercialization.”

トヨタは、「全く初期の段階で、商業的なことについてはまだ何も決定していません」として、その飛行自動車への野望に言及しました。

Still, the involvement of the world’s second-largest automaker reflects a serious step forward for flying cars amid a swirling debate over whether they’re realistic at all.

さらに、世界で二番目に大きな自動車メーカーの関与が、飛行自動車を真剣に前にすすめることについて、彼らが、完全に現実的であるかどうかの議論が渦巻いています。

“Within Toyota, we are advancing broad research and development on ways of transportation — including aerial solutions — that can lead to a prosperous society in the future,” the company said in a statement.

トヨタの中で私たちは、将来繁栄する社会へ導ける輸送方法 ― 空中も含む ― の研究開発を幅広く進めています。」同社はこのように言いました。

  • prosperous - 繁栄する

フジミ模型 1/16 トヨタ2000GT
フジミ模型
売り上げランキング: 588,380

To be sure, the start-up venture, dubbed Cartivator Resource Management, got off to a sputtering start Saturday.

念のため、このスタートアップベンチャー、あるいは Cartivator Resource Management は、土曜日に注目され始めた(?)。

  • sputtering - 燻る。沸騰のことでしょうか?

Using aluminum framing, eight propellers and sensors to fly — and cushioned by basketballs attached to the bottom of its frame — Cartivator’s Sky Drive vehicle flew to eye level for several seconds before crashing back to the earth and suffering damage.

飛ぶために、アルミフレームと8つのプロペラ、そしてセンサーを使用して ― そして、そのフレームの底に取り付けられたバスケットボールをクッションにしている ― Cartivator’s Sky Drive は、目の高さまで数秒間飛び、地面に落下しダメージを負った。

Further flight attempts were abandoned. Needless to say, this was not a day of flight that will go down in history alongside the Wright brothers.

さらなる飛行の試みは中止された。言うまでもなく、これは、ライト兄弟以降の歴史上、引き下げられる飛行の日ではなかった。

Still, the company, which got nearly $400,000 from Toyota, deemed the liftoff a success and said it’s charting a path toward manned flight in 2019.

トヨタから40万ドル近く得た同社は離陸を成功とみなし、2019年の有人飛行に向けての道を描いていると言いました。

Project leader Tsubasa Nakamura said in a blog post that Cartivator would reveal a redesigned prototype in November.

プロジェクトリーダーのツバサ・ナカムラは、Cartivatorは11月に再設計されたプロトタイプを披露するでしょうとブログに書きました。

“I really appreciate Toyota group companies, and other companies or individuals supporting us so far,” he said. “We are able to accelerate our development because of this support.”

「これまで我々を支えてくれたトヨタのグループ企業や、他の企業、また個々の人々には本当に感謝しています。 そのサポートによって私たちはこの開発を加速できます」と彼は語りました。

(以降は後ほど)

Cartivator’s formation places the company in direct competition with many other high-profile flying-car ventures, including efforts by Google co-founder Larry Page and ride-hailing app Uber.

Cartivatorの体制は同社を他の多くの人目を引く航空自動車のベンチャーと、直接競合していると位置づけています。 そこには、グーグルの共同設立者であるラリー・ペイジや乗車共有のUberなどの取り組みも含んでいます。

  • high-profile - 人目を引く

Start-ups taking a crack at flying cars include Netherlands-based PAL-V and Slovakia-based AeroMobil, which are accepting orders for flying cars that would require a runway and a pilot’s license. Massachusetts-based Terrafugia and Germany’s Lilium Aviation are developing cars that take off and land vertically.

航空自動車を試みているスタートアップには、道路走行とパイロットの免許を必要とする空飛ぶ自動車の注文を受け付けているオランダのPAL-VやスロバキアのAeroMobilを含んでいます。 マサチューセッツのTerrafugiaとドイツのLilium Aviationは垂直離着陸の車を開発しています。

  • taking a crack at ~ - ~ を試みている

Toyota’s entry into the flying car space could take the race to a new stratosphere.

トヨタの航空自動車の空間への参入は、新たな成層圏での競争になり得ます。

The company said it “shares the same desire” as Cartivator to ignite the Olympic flame in 2020 using the flying car.

飛行する車を使用して2020年のオリンピックの火を添加する Cartivator として、 同社はそれを「同じ欲求を共有する」と言いました。

But the company’s entry into the space also renews the debate over whether flying cars are feasible at all.

しかし同社のその空間への参入はまた、飛行自動車は実現可能なのかどうかという議論を再開します。

Tesla CEO Elon Musk is a skeptic. The billionaire innovator, who doubles as CEO of SpaceX with dreams of colonizing Mars, said recently in an interview at TED Talks that he likes flying things but that flying cars aren’t doable.

テスラのCEO イーロン・マスクは懐疑的です。火星移住の夢を追うSpaceXのCEOでもある、この億万長者は、彼は飛ぶものは好きだが飛行自動車は好きになれないと、最近のTED Talksのインタビューで語りました。

  • skeptic - 懐疑的

“There is a challenge with flying cars in that they’ll be quite noisy, the wind force generated will be very high,” he said.

「飛行自動車については、それらは本当にうるさいという課題があります。その生成される風の力がとても高くなるでしょう」彼はそういいました。

And from a practical perspective: “If something’s flying over your head and there’s a whole bunch of flying cars going all over the place, that is not an anxiety-reducing situation,” Musk said. “You’re thinking, ‘Did they service their hub cab, or is it going to come off and guillotine me?’”

そして、経験的な見通しからマスクは言っています:「もし、何かがあなたの頭の上を飛んでいるなら、そして、多くの飛行自動車があらゆる場所にあるならば、それは、不安を軽減する状況ではない。あなたは『彼らはタクシーを呼んだのか?もしくは、私をギロチンにかけに来るの?』と考えるでしょう」

Consumers are worried, too. About 83% say they’re very concerned or moderately concerned about the overall safety, according to a recent survey by Michael Sivak and Brandon Schoettle of the University of Michigan’s Transportation Research Institute.

消費者も心配しています。 ミシガン大学輸送研究所のMichael SivakとBrandon Schoettleによる最近の調査によると、 消費者の約83%が、とても、または、なんとなく安全性について懸念しているとのことです。

Count Uber among the companies that are taking flying cars seriously. Despite legal roadblocks in Uber’s development of autonomous cars, the company recently pledged to demonstrate a working flying vehicle that takes off and lands vertically at the 2020 World Expo in Dubai.

飛行自動車を真剣に考えている企業間でUberを数える。 Uberの自律型自動車の開発における法的な障壁にもかかわらず、同社は最近、2020年のドバイの万博で、垂直離着陸する空飛ぶ自動車への取り組みのデモを約束しました。

  • roadblocks - 道路のブロック。障壁。道路封鎖。
  • pledged - 約束する。保証する。

“Urban aviation is a natural next step for Uber,” chief product officer Jeff Holden said in April.

「都市航空はUberにとって自然な次の段階です」製品最高責任者のジェフホールデンが4月に言いました。

Contributing: AP

Follow USA TODAY reporter Nathan Bomey on Twitter @NathanBomey.


元記事は以下からどうぞ。

www.usatoday.com