ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

イーロン・マスクのNG集 - SpaceXの軌跡

Here’s Elon Musk’s SpaceX blooper reel

f:id:takamints:20170915063057p:plain

youtu.be

“Technically it did land… but not in one piece.” Elon Musk has posted a long-awaited blooper reel of SpaceX’s failed orbital rocket booster which features plenty of explosions and fire. The tongue-in-cheek video is set to Sousa’s Liberty Bell (more popularly known as the Monty Python theme song) and shows a range of rockets falling over, crashing, and exploding throughout the past few years. One sequence shows a burnt out rocket with the caption, “it’s just a scratch.”

「技術的には着陸したっていえるけど、、、バラバラだわ。」長らく待ち望まれた、NG集(動画)をイーロン・マスクが投稿しました。 SpaceXの軌道ロケットブースターの失敗が記録されています。山ほどの爆発と火災が含まれていますよ。 この自虐的な動画では、モンティ・パイソンのテーマソングとして知られる「Sousa’s Liberty Bell」が流され、過去数年の間のロケットが降りてきてクラッシュ、爆発するさまを見せています。あるシーンでは燃えてしまうロケットに、次のようなキャプションが表示されます「かすり傷だよ」

The video is captioned with reasons for each failed episode, which includes running out of hydraulic fluid, running out of liquid oxygen, a sticky throttle valve, and engine sensor failure among them. If you’re into explosions and space, it’s a really great video which shows just how much work and effort is put into developing rockets, only to have them explode into a fiery mess.

このビデオでは、失敗したエピソードそれぞれの理由が示されます。作動油や液体酸素が尽きたり、スロットルバルブの固着や、エンジンセンサーの誤作動などです。もしあなたが爆発や宇宙の中にいるなら、これは素晴らしい映像です。ロケット開発への取り組みがどのようになされているかを見せてくれるのですから。それらを爆発させるだけで激しい混乱に陥るということも。



Meanwhile, SpaceX has been successfully landing its Falcon 9 rockets for more than a year, but getting there involved many explosions, and some of those are pretty spectacular.

そうしているうちに、SpaceXは、同社の Falcon 9 ロケットの着陸を一年以上成功させてきました。 しかし、多くの爆発にも関わってきました。そのうちのいくつかは、とてもすごいものです

イーロン・マスク 未来を創る男
アシュリー・バンス
講談社
売り上げランキング: 5,291

元記事はコチラからどうぞ。

www.theverge.com

オフィス共有のWeWorkがソフトバンクから44億ドルを調達

WeWork just raised another $4.4 billion from SoftBank

f:id:takamints:20170825044553p:plain
Miguel McKelvey and Adam Neumann discuss WeWork at IGNITION 2016. Business Insider

WeWork has raised $4.4 billion in funding from SoftBank Group and SoftBank Vision Fund, the office sharing startup announced Thursday.

オフィス共有のスタートアップ WeWork が木曜日、ソフトバンクグループとソフトバンク・ビジョン・ファンドから、44億ドル(約4800億円)の資金を調達したことを発表しました。

SoftBank is investing $3 billion in WeWork itself, and putting another $1.4 billion into three new WeWork subsidiaries — WeWork China, WeWork Japan, and WeWork Pacific.

ソフトバンク自身は、30億ドルをWeWorkを投資していますが、さらに14億ドルを新たなWeWorkの3つの子会社 WeWork China と WeWork Japan、そして WeWorkパシフィック へ追加しています。


STARTUP(スタートアップ):アイデアから利益を生みだす組織マネジメント
ダイアナ・キャンダー
新潮社
売り上げランキング: 3,329

As part of the investments, SoftBank will is naming two directors to WeWork’s board: Ronald D. Fisher, a director of SoftBank Group; and Mark Schwartz, an external director of SoftBank Group.

この投資の一部として、ソフトバンクは二人の取締役をWeWorkの取締役会に任命しました。ソフトバンクグループの取締役ロナルド・D・フィッシャーとソフトバンクグループの外部取締役 マーク・シュバルツです。

Earlier this year, the Wall Street Journal reported that WeWork raised $300 million from SoftBank with plans to raise a total of $3 billion. Then, in early July, Bloomberg reported that WeWork had gotten another $760 million. At the end of July, WeWork secured an extra $500 million from SoftBank. Thursday’s announcement includes the previous investments.

今年のはじめに、ウォール・ストリート・ジャーナルは、WeWorkが30億ドルの出資計画を伴うソフトバンクから3億ドルを調達したと報じました。 そして、7月のはじめには、ブルームバーグが、さらに7億6千万ドルをWeWorkが手に入れたと報じています。 7月の終わりには、WeWorkはソフトバンクから追加の5億ドルを確保しています。 木曜日の発表には、これらの以前の投資についても含まれています。

WeWork leases out large blocks of space in commercial buildings and then subleases them to smaller companies, frequently tech startups. The new-age real estate firm was valued at $21 billion in July, making it the fifth highest-valued startup in the world.

WeWorkは商業ビルの大きな空間を小さな区画に分割し、沢山のテックスタートアップなどの、より小規模の企業へリースします。 この新世代の不動産会社は、7月に210億ドルの評価を得て、世界で5番目の評価額を持つスタートアップになっています。

SoftBank’s investment represents one of the first made by its new $100 billion tech-focused Vision Fund, which was announced last October and is being described as the largest fund of its kind in the world.

ソフトバンクの投資は、テック企業にフォーカスした自身の新たな1000億ドルのビジョン・ファンドによって初めての行われた投資の一つを表しています。 これは昨年10月に発表され、世界で最も巨大な基金であると説明されています。


元記事はコチラからどうぞ。

www.businessinsider.com

参考:

sharing-economy-lab.jp

エキゾチックなキットカットが高需要:ネスレが新工場を作っています

Demand for Exotic Kit Kats Is So High Nestle’s Building a New Plant

  • Nestle to build first Japan plant in 26 years to meet demand
  • Tourists’ spending on sweet snacks surged to $1.2 billion

Wasabi, green tea and sake aren’t just foods in Japan, they’re also a few of the many versions of Kit Kats offered in the country.

わさび、緑茶、日本酒、これらは日本の食品ってだけじゃないのです。 この国では、色んなバージョンのキットカットとして提供されているのです。

While the wafer-and-chocolate snacks have been available in more than 300 flavors here for more than four decades, recent offerings from custard pudding to ginger have made the nation the go-to destination for picking up odd variations. They’re so popular among tourists that Nestle SA is building its first Kit Kat factory in 26 years to meet booming demand.

この国では、ウェハーとチョコのスナックが、300以上のフレーバーで、既に40年以上、利用できています。 最近では、カスタードプリンからジンジャーまでが提供され、この国を妙なバリエーションを取り上げる方向へ向かわせています。 ネスレSAは急増する需要に対応して、26年間ぶりに、キットカットの工場を作っており、それは旅行者の間でとても人気があります。

f:id:takamints:20170726145416p:plain
Bars of KitKat chocolate are displayed at the Kitkat Chocolatory Ginza store.Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg
銀座のKitKatショコラトリに展示されているKitKat



It’s no surprise, then, that the archipelago boasts the world’s second-largest consumption of Kit Kats. Nestle Japan will start operating a second factory in the western city of Himeji from August dedicated to making upscale, pricier versions of the snack.

驚くことではありません、この島国は世界で2番めに大きなキットカットの消費国であることを誇っているのですから。 ネスレ・ジャパンは、高価で高級なこのスナックのバージョンの製造に専念するため、8月から西日本の都市、姫路市で二番目の工場の創業を開始します。

  • archipelago - 諸島。ここでは日本列島を意味するのですね。

That’s probably a safe bet, thanks to Japan’s tourism boom. Spending by visitors surged to a record 2.5 trillion yen ($22.5 billion) in the six months through June, according to the Japan National Tourism Organization. They’re also spending more on confectionaries, with candy consumption more than tripling over the past four years to 131 billion yen in 2016, according to the Ministry of the Environment.

それは、おそらく、日本旅行のブームのお陰で、安全な賭けでしょう。 日本国観光機構によれば6月までの6ヶ月で、訪問者の支出は2兆5000億円まで急増しました。 環境省によれば、彼らはまた、キャンディの消費でお菓子の類においてさらに多く出費しており、過去4年間で2016年の1310億円を3倍以上、上回っています。

f:id:takamints:20170726145500p:plain

“We have Kit Kat back in Germany, but it’s not the same,” said backpacker Matt Borscak, 34. “The cultural touch makes it interesting. I bought a few packs of the wasabi ones, and I can’t wait to shock my friends.”

「ドイツにもキットカットはありますが、同じものではありません。」 34歳のバックパッカー、マット・ボルスカクが言いました。 「文化的な感触が興味深くしています。私はわさびのパックを少し購入しました。はやく友人をびっくりさせたいです。」

A popular destination for fans of the snack is the Kit Kat Chocolatory in an underground shopping center connected to Tokyo Station, where Nestle sells high-end flavors that can fetch more than 1,500 yen per package. Boxes of gourmet seasonal flavors – raspberry and grapefruit – with some costing as much as 3,500 yen, or more than 10 times the cost of a regular bag of Kit Kats, are stacked across a counter, wrapped in gold paper. On Tuesday, Nestle Japan opened its renovated Chocolatory flagship store in Ginza, Tokyo’s main shopping district.

人気のある、このスナックのファンの行先は、東京駅に繋がる地下のショッピングセンターにあるキットカット・ショコラトリです。そこは、ネスレが1パッケージ1500円以上にもなる、ハイエンドのフレーバーを販売しているところです。 季節のフレーバーを詰め込んだ箱 ― ラズベリーとグレープフルーツ ― 3500円の値段がついたものもあり、通常のパッケージの10倍以上のキットカットです。 これらはカウンターに積み上げられ、金の包装紙で包まれています。 火曜日にネスレジャパンはその改装されたショコラトリの旗艦店を東京の主要なショッピングの場所である銀座にオープンしました。

f:id:takamints:20170726145534p:plain
Employees pack boxes of the KitKat Chocolatory Gateau Mignon in Tokyo.Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

“We take pride in our unique flavors and I think that makes Japan special in the Kit Kat world,” Takuya Hiramatsu, a spokesman for Nestle Japan, said in a telephone interview, noting that the company offers 30 flavors now. He cited matcha as a favorite of tourists and locals alike, with visitors also snapping up flavors like wasabi, sake and purple yam.

f:id:takamints:20170726145603p:plain
A presentation of “Frozen Chocolatory” at the Kitkat Chocolatory Ginza store.Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

While Kit Kat chocolates debuted in the United Kingdom in 1935 and are an enduringly popular snack in North America and Europe, consumers in Japan embraced them in part because the product’s name sounds like “kitto katsu,” or “sure win” in Japanese. That has made them a popular gift for people about to sit for an examination, or take on an important project. Packages adorned with phrases like “Do Your Best!” and “Believe in Yourself!” are popular during school entrance exam season.


元記事は以下からどうぞ。

www.bloomberg.com