読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。



Check out this genius Nintendo Switch controller concept

A Pokémon Snap shutter-release button!

Ryan Salamanda/Twitter

Nintendo this morning unveiled its ambitious Switch device, a portable handheld-console hybrid that will act as the company’s successor to the Wii U. One of its trademark features is a wild modular controller scheme called Joy-Con. Essentially, the left and right portions of the wireless controller slide out and reattach to a portable display you remove from the base station. Joy-Con also lets you play multiplayer games by using each tiny Wiimote-like peripheral as a standalone handheld controller.

任天堂が今朝、野心的なスイッチという機器を披露しました。 同社の Wii Uの後継となる、ポータブルなハンドヘルドコンソールのハイブリッドです。 そのトレードマークの装備のひとつは、Joy-Conと呼ばれる、ちょっと変わったモジュラー型のコントローラーです。 基本的に、ワイヤレスコントローラーの左右の部分がスライドし、ベースステーションから取り除いたポータブルディスプレイに再び装着できます。 Joy-Conもまた、スタンドアロンのハンドヘルドコントローラーとして、小さなWiimoteのような周辺機器を、それぞれが使うことで、マルチプレイヤーゲームを遊べます。

  • successor - 後継者
  • wild - 突飛なという意味もあるようです。

This opens up all sorts of possibilities. In fact, Twitter user Ryan Salamanda has devised a fascinating Joy-Con peripheral concept that would make the right unit swappable for game-specific modules. He came up with a Pokémon Snap shutter-release button that would also give you an optical zoom wheel.

これは、可能性を広げます。事実、ツイッターユーザーのリャン・サラマンダが、魅惑的なJoy-Conのコンセプトを考案しました。 それは、右側のユニットをゲームに特化したモジュールに取り替え可能にしようとするものです。 彼は、ポケモン・スナップの光学ズームホイールを兼ねるシャッターボタンで思いついたのです。

  • devised - 考案した
  • fascinating - 魅惑的な
  • came up - 思いついた

He also included a fishing option with a physical reel, a Gamecube module for playing old-school titles like Super Smash Bros., and a gun attachment for third- and first-person shooters. For Yo-Kai Watch fans, Salamanda even put together a physical spinning disc concept to replicate how the game’s touchscreen controls work for charging special moves. These could be bundled with new Switch games, the concept suggests.

彼は、物理的リールのフィッシングオプションや、 スーパースマッシュブラザーズのような昔からのゲームタイトルをプレイするための、ゲームキューブモジュール、 三人称視点や一人称視点のシューター用の銃のアタッチメントも。も含めました。 妖怪ウォッチファンの為に、サラマンダは一緒に物理的に回転するディスクのコンセプトも出しています。 そのゲームでの充電中の特別な動きのための、タッチスクリーンのコントロール動作を複製するためにです。 これらが新しいスイッチのゲームに同梱され得ると、このコンセプトは示唆しています。


Even more astounding: Salamanda came up with the concept art back in August, when the Switch was known only as the Nintendo NX and it hadn't even been seen yet. It was ostensibly created for an IGN slideshow, in which the publication asked fans to come up with NX concept art based on the leaks and rumors swirling around the device a few months ago. While we knew some critical details about the Switch’s ultimate design before Nintendo revealed it today, Salamanda’s two-month-old concept is eerily accurate. We've reached out to Salamanda to get the full story behind his concept, and we'll update the story when we find out.

さらに驚くことに:8月の時点で、サラマンダは、このコンセプトアートを思いついたのです。 その時、このスイッチは、まだ「任天堂NX」としてしか知られておらず、まだその姿は見られていなかったのです。 これは表向きは、IGNのスライドショウのために作成されました。 数ヶ月前、その出版はファンに、そのデバイスに渦巻くリークや噂に基づいたNXのコンセプトアートを考えつくことを尋ねました。 任天堂がスイッチの最終的なデザインを披露する前に、私達が幾つかの重要な詳細を知ったのですから、サラマンダの2ヶ月前のコンセプトは、不気味なほどの精度です。 私たちは、サラマンダに彼のコンセプトのすべての話を聞こうと連絡を取りました。私達がそれを知ることになれば、この記事を更新します。

  • astounding - 驚異的な、素晴らしい、奇なる
  • ostensibly - 表向き

Of course, the company’s hardware team may never stumble across it. Yet here’s hoping Nintendo does eventually take advantage of the device’s huge peripheral potential in some way, or at the very least lets developers have some fun.

もちろん、同社のハードウェアチームは、決してそれに出会わないかもしれません。 しかしまだ、任天堂は、この機器の周辺機器の巨大な可能性を最終的に利用するといういう期待があります。

  • stumble across - 遭遇する。ひょっこり出会う。
  • take advantage - 利用する

SOURCE: IGN, Ryan Salamanda (Twitter)




Nissan’s autonomous chair is your line waiting buddy


Nissan’s ProPILOT tech might mostly be used to help provide its cars with autonomous driving features, but a new project puts it into a chair. Yes, a chair.



The chair propels itself, detecting the chair ahead of it and keeping a fixed distance between itself and its neighbor, as it moves along a predefined path. It’s less flexible than the chairs in Wall-E (kudos to Megan for noticing the similarity), but perfect for alleviating the pains of an age-old human tradition – standing in line.

椅子が自分で進みます。前方の椅子を検知し、自分と近くの椅子との距離を同じに保ち、事前に定義された経路に沿って動くようです。 これは、Wall-E の椅子よりも柔軟さが少ない(その類似性に気付いたミーガンはスゴイ)のですが、年寄りが行列に並ぶ時の伝統的な苦痛を軽減するためには完璧です。

  • alleviating - 軽減する

ProPILOT Chair is designed to make it a lot easier to wait for something, whether it’s the latest iPhone or just a seat at the city’s hottest brunch joint. It’s also going to actually be used in real-world applications, which is more than I expected at first glance from what seems so obviously like a marketing ploy.

ProPILOTチェアは何かを待つことを、大いに楽にするために設計されました。 最新のiPhoneや都市の最もホットなブランチジョイントなどですね。 これは、明らかなマーケティングの策略のようなものよりも、一目見るだけで、現実世界で実際に使用される、私の期待以上のアプリケーションになります。

  • ploy - 策略


Nissan is accepting applications between now and December 27 for restaurants in Japan who are interested in providing these for customers looking to take a seat and be ferried in queue while they wait. Applicants chosen from that group will get outfitted with the smart chairs in 2017, and between now and October 2 a public display at Nissan’s global HQ will show off six of the chairs operating in a live lineup simulation.

日産は、日本でこれらを顧客に提供したいレストランのために、今から12月の27日までの間、申し込みを受け付けています。 待っている間、座る場所を探していたお客様は列の中を運ばれます。 そのグループから選ばれる応募者は、2017年のスマートチェアを手にできるでしょう。そして、今から10月2日までの間、日産のグローバルHQで、目の前で6つの椅子が並ぶシミュレーションが行われるさまを公開しています。

  • applications - 「申し込み」という意味もあるらしい。
  • Applicants - 応募者

The whole thing still sounds vaguely ridiculous, but don’t discount it completely; a lot of carmakers, including Nissan competitor Toyota, are looking at solving future mobility in a broad sense, which also includes providing at-home and in-city solutions for an aging population. Also, I’ll definitely use one of these chairs to slide between work and gaming stations at home as soon as possible.

全てのことが、なんとなく馬鹿げたことのように聞こえるでしょうか。しかし、完全に放り出してはダメですよ。 日産やTOYOTAなど多くの自動車メーカーは、未来の移動問題の解決を探しているのです。 それは、また、自宅や都市における老人のための解決策でもあるのです。 また、私は絶対にこれらの椅子の一つを使うつもり。仕事とゲームの場所を、できる限りすばやく移動するためにね。



これがSpaceXの惑星間輸送システム ― 火星移住用の宇宙船とロケット


SpaceX unveils the Interplanetary Transport System, a spaceship and rocket to colonize Mars


Private spaceflight company SpaceX has released a video that details its long-awaited "Interplanetary Transport System." The video was published less than an hour before CEO Elon Musk was scheduled to detail the system at the International Astronautical Conference in Guadalajara, Mexico.

民間宇宙企業のSpaceXが、待望の「惑星間輸送システム」の詳細を語るビデオを公開しました。 この映像は、メキシコのグアダラハラでの国際宇宙カンファレンスで予定されていた、CEOのイーロン・マスクによる、そのシステムの詳細説明の1時間ほど前に公開されました。

The video appears to show SpaceX's new rocket — the BFR, or "Big Fucking Rocket" — as well as the company's interplanetary spaceship — the BFS, or "Big Fucking Spaceship."

この映像には、SpaceXの新しいロケット ― BFR つまり「Big Fucking Rocket 超バカでかいロケット」 ― と、同社の惑星間宇宙船 ― BFS 「Big Fucking Spaceship (超バカでかい宇宙船)」が登場します。


The rocket and spaceship combination will apparently be much bigger than SpaceX's Falcon 9. Elon Musk tweeted that, together on the launchpad, they will reach 122 meters tall — almost twice as tall as the 70-meter Falcon 9. The BFR has 28,730,000 pounds of thrust at liftoff. Musk has said that the Raptor engine — SpaceX's next generation rocket engine — has about 500,000 pounds of thrust, which means the BFR would use somewhere in the neighborhood of 50–60 Raptor engines in its first stage. (For reference, the Falcon 9 generates 1.7 million pounds of thrust at liftoff and uses nine "Merlin" engines.)

このロケットと宇宙船の組み合わせは、明らかにSpaceXのFalcon 9よりも、かなり大きくなるでしょう。 イーロン・マスクはそのようにツイートしました。打ち上げ場も同じで、それらは122メートルの高さ ― 70メートルのFalcon 9のほぼ倍の高さです。 BFRの離陸時の推進力は2873万ポンド(約 1300万 kg)です。 マスクは、そのラプターエンジン ― SpaceXの次世代ロケットエンジン ― は、約50万ポンド(約 22万6800 kg)の推進力であり、これが意味するのは、BFRは第一段階で50から60付近のラプターエンジンを使用することを意味すると、言いました。(参考のために書いておくと、Falcon 9は打ち上げ時に、9つの「Merlin」エンジンを使用して、170万ポンド(約 77万 kg)の推進力を生み出します。)


The simulation video shows that, after reaching space, SpaceX plans to park its spaceship in orbit while the BFR returns to the launchpad. SpaceX has landed six of its Falcon 9 rockets so far — two on solid ground and four at sea — and it plans to do the same with the BFR, though the process looks much more precise here. The BFR will apparently land directly back on the "launch mount," in order to allow SpaceX to rapidly attach a fueling tank to the top of the BFR. That fueling tank will then be sent back up into space to fuel up the BFS for its trip through the Solar System.

このシミュレーション映像は、宇宙に達したのち、SpaceXは、BFRが地上の打ち上げ場まで戻る間、この宇宙船を軌道上に停泊させることを計画しています。 SpaceXは、これまで6機のFalcon 9を着陸させました ― 地上へ2度、海上へ4度 ― そのため、BFRでも同じことを計画しています。今回のこのプロセスは、より正確さが必要ですが。 BFRは、直接「打ち上げマウント」へ戻って着陸するようです。SpaceXが、急いで燃料タンクをBFRの先端へ装着できるようにするためにです。 その燃料タンクは、BFSが太陽系を旅するための燃料を補給するため、宇宙へ送り返されるでしょう。

The fuel tanker ship (which looks very much like the BFS in this video) presumably lands back on Earth. The BFR is shown taking off from and landing back at Launch Pad 39A at the Kennedy Space Center. SpaceX signed a 20-year lease for Launch Pad 39A in 2014 — it was the famous launch site for many of the Apollo missions (including Apollo 11) and hosted the first and last Space Shuttle launches.

この燃料タンクの宇宙船は(ビデオではBFSと非常に似ています)恐らく、地球へ戻って着陸します。 BFRはケネディ宇宙センターの39A打ち上げ場から飛び立ち、戻って来るように描かれています。 SpaceXは2014年に 39A打ち上げ場の20年のリース契約にサインしました ― それは、多くのアポロミッション(アポロ11号も含みます)によって有名な打ち上げ場です。 そして、最初と最後のスペースシャトルの打ち上げが行われたところでもあります。

  • presumably - おそらく、あるいは

The BFS is the other major component being shown off here, and it is detailed in the second half of the video. It has solar arrays that will deploy during the trip to Mars, and they are capable of generating 200kW of power.

BFSは、現在披露された、他の主なコンポーネントであり、ビデオの半分で詳細に描かれています。 それは、火星への旅の間展開される、太陽発電パネルを装備しており、それらは200kWの電力を生み出すことが可能です。


The BFS will "coast" to Mars at a speed of more than 62,000 miles per hour, according to the video. Upon entering Mars' atmosphere, the outside of the ship will heat up to more than 3,000 degrees Fahrenheit. It will then use supersonic retro propulsion (or "many rockets firing at once") to lower the giant craft to the surface of Mars.

映像によれば、BFSは火星まで、62000マイル/時(時速10万キロ)の速度で「漂う」ことになるようです。 火星の大気圏に突入するとき、宇宙船の外側の周囲の温度は華氏300度(摂氏5400度)まで熱くなります。 そこでは、火星の表面へ向けて巨大な宇宙船を降ろすために、超音波レトロ推進(または「多くのロケットを一度に噴射」)を使用するでしょう。

  • coast - 動詞では「漂う」

And that's about it. The video is short on details beyond what you see here. We still don't know how Musk plans to keep travelers alive either during or after the trip to Mars, where they'll live, how much any of this will cost, or where he'll get the money from. There is one final bit, though: an animation of Mars becoming a lush, green-and-blue world, much like Earth. Is terraforming going to be part of Musk's announcement, too? We'll hopefully find out shortly when he takes the stage in Mexico.