読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ボットの共通技術標準化に、最大のボットのプラットフォーム、スタートアップ、そして投資家達が取り組んでいます

人工知能・機械学習

How the biggest bot platforms, startups, and investors are working on common tech standards

f:id:takamints:20160826072813p:plain
Above: Startups, investors, and leaders from the biggest chat platforms on the planet gather for a photo at the Botness conference held June 13-14 at PCH/Highway1 in San Francisco. Credit: Botness

It’s early days for bots, but based on what is being made, VB Insights believes the bot landscape is made up of more than 170 companies who have received more than $4 billion in funding.

現在はボットにとって始まりの時期ですが、作られているものに基づけば、今後のボットの展望は、40億ドル以上の投資を受けた170を超える企業で構成されているとVBインサイトは考えています。

On Wednesday the influential Botness group released a survey to get a better feel for the bot community.

水曜日に、影響力のあるBotnessグループが、このボットのコミュニティにとって、より良い感触を得るための調査を発表しました。



“The aim is to give everyone who is investing in messaging and bots access to the same information. Once published, we will extract the list of pressing problems and issues to be discussed at the next Botness event and solicit for participants for working groups,” the group said in a Medium post penned by Chris Messina of Uber, Jon Bruner of O’Reilly Media, and Automat CEO Andy Mauro.

「目的はメッセージングに投資しているすべての人とボットが同じ情報にアクセスするようにすることです。一度発行されると、私たちは、次のBotnessイベントで議論される、差し迫った問題のリストを書き出し、ワーキンググループへの参加者に求めるでしょう。」 Uberの Chris MessinaとO’Reilly Media の Jon Bruner、そして、Automat の CEO、Andy Mauroによって書かれたMedium の記事で、このグループが言いました。

  • pressing problems - 差し迫った問題
  • solicit - 求める

Botness has held two events. The first Botness, held in April at Slack headquarters, attracted about 20 people. Among them: Twilio CEO Jeff Lawson, Tim O’Reilly of O’Reilly Media, Veronica Belmont of Growbot, early bot investor Phil Libin of General Catalyst, and Lili Cheng of Microsoft Research.

Botnessは2つのイベントを開催します。最初のBotnessは、Slackの本社で4月に開催され、20人ほどが参加しました。 彼らの中には、TwilioのCEO Jeff Lawson、O’Reilly Media の Tim O’Reilly、Growbot の Veronica Belmont、初期のボットへの投資家 General CatalystのPhil Libin、そして マイクロソフト・リサーチの Lili Cheng がいました。

Leaders from Facebook Messenger, Kik, Slack, Twilio, Microsoft, and Google — owners of the largest chat apps on the planet — attended the last Botness event, held June 13-14 in San Francisco.

フェイスブックメッセンジャー、Kik、Slack、Twilio、マイクロソフトのリーダーたち、この惑星の大きなチャットボットアプリのオーナーたちが、7月13日から14日にサンフランシスコで開催された最新のBotnessイベントに出席しました。

Also in attendance were more than 100 people representing 30 startups like Howdy, ManyChat, and Kip, as well as Matt Hartman and Peter Rojas from betaworks, creators of bot camp, possibly the first startup accelerator for bots.

また、出席者は、bot camp のクリエイターであり、おそらく最初にボットを加速したスタートアップである betaworks の Matt Hartman と Peter Rojas に並んで、HowdyやManyChat そして Kip など、30のスタートアップからで、100名を超えました。

“I think what you’re seeing is the community rallying together around the fact that it’s an early market and there are no standards and the APIs are immature, so that we can all figure out how to solve this together, which is also I think pretty amazing,” Mauro told VentureBeat at Botness.

「あなたが見ているのは、それが初期の市場であって、標準が無く、APIが未熟だという事実の周辺で、ともに立ち上がっている、このコミュニティなのだと私は考えています。 ですから、私たちは、どうやってこれを一緒に解決するかということを完全に描き出せます。 これは、まったく素晴らしいと、私は考えてもいます。」 MauroはBotnessでVentureBeatに語りました。

  • rallying - 立ち直る、持ち直す、盛り返す、立て直る
  • immature - 未熟

(以下は後程)


Mauro led two workshops at the Botness gathering that brought startups and major chat platforms together to discuss what developers need to create awesome bots. Botness and the workshops encouraged collaboration to make a vibrant bot ecosystem. The survey is the first step in that direction, he said in the Medium post Wednesday.

Mauroは開発者が素晴らしいボットを作るために必要とするものを議論するために、スタートアップと主要なチャットプラットフォームをもたらしているBotnessの集会で、2つのワークショップを率いました。 Botnessとそのワークショップでは、活気のあるボットのエコシステムを作るために、コラボレーションを奨励しました。 その調査は、その進行方向の中で、最初の段階にありますと、彼は水曜日のMediumの記事の中で言っています。

  • gathering - 集会
  • vibrant - 活気のある

“Everyone quickly realized that transparency and collaboration were essential to turning the promise of messaging and bots into a viable market where both platform companies and startups can thrive building experiences consumers love,” Mauro said about the workshops.

「誰もがすぐに、透明性と協調が、メッセージングとボットの約束を、実行可能な市場へ変化させるために不可欠だと気付きました。 プラットフォーム企業とスタートアップの両方が、消費者が好きな体験を作りながら繁栄できる市場です。」

  • viable - 実行可能な
  • thrive - 繁栄する

Final day to fill in the survey is Sept. 1.

調査が入る最終日は、9月1日です。


元記事は以下。

venturebeat.com

地球に最も近い太陽系外惑星が発見された

宇宙・天体

Astronomers have found the closest exoplanet to Earth

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/08/proxima-centauri.jpg?w=738

For the first time, astronomers have discovered a planet orbiting our sun’s nearest neighbor. The newly identified exoplanet (a planet outside our solar system) is officially the closest known exoplanet to Earth, located at a distance of 4.25 light-years away.

我々の太陽系に最も近い軌道を回る惑星が初めて天文学者により発見されました。 この新しく識別された太陽系外惑星は、正式に最も地球に近い太陽系外惑星で、4.25光年の距離にあります。

They’re calling it Proxima b, and it orbits around our nearest stellar neighbor, Proxima Centauri, every 11 days.

彼ら天文学者は、それをプロキシマbと呼んでいます。そして、その軌道は我々に最も近い隣の星、プロキシマ・ケンタウリの周囲を11日で周っています。


系外惑星の事典
系外惑星の事典
posted with amazlet at 16.08.24

朝倉書店
売り上げランキング: 145,910

Astronomers believe Proxima b is a rocky world that’s a bit more massive than the Earth. Best of all, it’s at the right distance from Proxima Centauri to support liquid water on its surface. For these reasons, Proxima b may just be the closest planetary host for alien life.

天文学者は、プロキシマbが、地球よりも少し強力な岩石の世界であると考えています。 まったく最高なのは、それはその表面に液体の水を蓄えるために、プロキシマ・ケンタウリから良い場所にあるのです。 これらの理由のために、プロキシマbは異星人が生活できる最も近い惑星かもしれません。



https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/08/proxima-centauri-compared-to-earth.jpg?w=540&h=367

Proxima b’s orbit around Proxima Centauri compared to Mercury’s orbit (the Sun’s closest planet) around the Sun / Infographic courtesy of the Pale Red Dot campaign

プロキシマ・ケンタウリの周囲を周るプロキシマbの軌道が、太陽を周る水星(太陽に一番近い惑星)の軌道と比較されています。 / Pale Red Dot キャンペーンによるインフォグラフィック



Compared to our Sun, Proxima Centauri is a smaller, cooler star. In the infographic above, you can see the area highlighted in green, which marks the Goldilocks Zone where liquid water could exist on a planet’s surface (an important ingredient to support life). This zone represents an area that’s not too hot and not too cold, but just right to allow for liquid water to exist.

プロキシマ・ケンタウリは、私たちの太陽に比べて、より小さく、冷たい星です。 上のインフォグラフィックの中に、緑色で強調された領域があります。 これは、水(生命を維持するために重要な成分)が液体として惑星表面に存在可能な、ゴルディロックスゾーンを示しています。 この領域は、暑すぎず、冷たすぎず、液体の水がちょうど存在できる領域を表しているのです。

  • ingredient - 成分

Because it’s a cool, red star, the Goldilocks Zone for Proxima Centauri is considerably closer than the Goldilocks Zone for our Sun (outside the space shown in the infographic above).

それは冷たい赤い星であるため、プロキシマ・ケンタウリゴルディロックスゾーンは、我々の太陽のゴルディロックスゾーン(上記インフォグラフィックに表示されている外部の空間)よりも近いと考えられます。

Compared to Earth, Proxima b’s orbit and rotational speed are unique. Oddly enough, Proxima b’s day actually lasts longer than its year. It takes about 11 Earth-days for Proxima-b to complete one orbit around its star, but takes 83 Earth-days to make one full planetary rotation.

、地球に比べて、プロキシマbの軌道と公転速度はユニークです。 奇妙なことに、プロキシマbの1日は、その一年よりも長いのです。 プロキシマbの公転周期は地球での約11日の時間がかかりますが、1回の完全に自転するには83日かかります。

With these unique characteristics, astronomers believe that it’s very unlikely that Proxima b has seasons.

これらのユニークな特徴から、プロキシマbには全く季節というものがありそうにないと、天文学者達は考えています。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/08/proxima-centauri-planet-with-sun.jpg?w=520&h=333

An artist’s impression of Proxima b orbiting the red dwarf star Proxima Centauri / Illustration courtesy of the European Southern Observatory

あるアーティストのプロキシマbのインプレッション。赤い矮星であるプロキシマ・ケンタウリの軌道を周っている。/ 南ヨーロッパ天文台によるイラスト


(以下は後で)

Also, because it orbits so closely to its star, it’s possible that Proxima b is bombarded with ultraviolet and X-ray flares from its host star, making the existence of life (as we know it) potentially more difficult.

また、主星の大変近くを周回するので、プロキシマbは、その主星からの紫外線やX線のフレアーで爆撃されている可能性があり、(私たちが知っているような)生命の存在を、より難しくしている可能性があります。

Proxima b is far from the first exoplanet to be discovered. Astronomers around the world have confirmed the existence of over 3,000 exoplanets to date.

But Proxima b is special. It’s an Earth-like planet that we discovered around the solar system’s nearest star in our galaxy.

プロキシマbは発見される最初の系外惑星からは、かけ離れています。 これまで、世界中の天文学者たちは3000以上の系外惑星の存在を確認しました。 しかし、プロキシマbは特別です。それは、我々の銀河系で太陽系に最も近い星の周辺で我々が発見した地球に似た惑星です。

“Many exoplanets have been found and many more will be found, but searching for the closest potential Earth-analogue and succeeding has been the experience of a lifetime for all of us.” Guillem Anglada-Escudé, led the team of astronomers in the Pale Red Dot campaign to observe nearby stars

「多くの太陽系外惑星が見つかっており、さらに見つかるでしょう。しかし、地球に最も似たポテンシャルに最も近いものを探し、成功することは、我々全員にとって、生涯の体験でありました。」Guillem Anglada-EscudéがPale Red Dotキャンペーンで天文学者のチームを近傍の星々の観測へ導いた。

  • analogue - アナログ、類似物

Not too long ago, astronomers weren’t sure how common exoplanets in general were – let alone ones similar to Earth, which were assumed to be unique and probably very rare. And now we’re finding an Earth-like planet in the next stellar neighborhood?

それほど昔のことではなく、天文学者たちは、主要な系外惑星がどれほど一般的に存在するのか確かではありませんでした。 - たった一つの地球に似ているもの、これはユニークで、おそらく大変珍しいものだと想定されます。 そして、いま、我々は、隣の星の中に、地球に似た惑星を見つけていました。

All of this makes the search for life elsewhere in the universe more exciting and more plausible than previously thought.

このすべては、宇宙における他の場所での生命の検索を、以前よりも、よりエキサイティングで、現実的にします。

  • plausible - もっともらしい

“The search for life on Proxima b comes next…” Guillem Anglada-Escudé

「プロキシマbで声明を検索するなら次に、、、」Guillem Anglada-Escudé

Discovering the existence of Proxima b is just the first step. Astronomers will now go to work to conduct follow-up observations of the Earth-like planet. With what they know now, scientists believe that Proxima b is one of our best targets to hunt for evidence of life elsewhere in the universe.

プロキシマbの存在の発見は、第一段階に過ぎません。天文学者は、今や地球に似た惑星の観測の補助を行うために取り組むようになるでしょう。 現在彼らが知っていることで、科学者が、プロキシマbは宇宙の他の場所の生命の証拠を見つけるための、我々の最高のターゲットであると考えています。

And if they find anything? Well, 4.25 light-years is a long distance away, but projects like StarShot are already working on the technologies to travel to nearby stars like Proxima Centauri. So, in case we ever do answer the age-old question “Are we alone?”, we just might have a chance to go check it out for ourselves.

そして、もし、彼らが何かを見つけるのなら、ええ、4.25光年は遥か彼方ですが、このStarShotのようなプロジェクトは、プロキシマ・ケンタウリような、近傍の星へ旅行するための技術の上で既に取り組まれています。 ですから、我々の中で古くから長年問われてきた「私たちは独りぼっちなのか?」という問題が、我々自身によって確認できる機会を持つことになるのかもしれません。


元記事はこちらです。

techcrunch.com

プリウスは日本国内で他のプリウス達と会話ができる

交通・輸送 技術と未来 日本 IoT

In Japan, Priuses can talk to other Priuses

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/08/2016_toyota_prius_four_touring_10_aae9e5026f0118d0fd09e2b9c088b827f27b8471.jpg?w=738


ガソリン生活
ガソリン生活
posted with amazlet at 16.08.16
朝日新聞出版 (2014-10-20)
売り上げランキング: 3,792

While the US waits to get Super Cruise in Cadillacs next year, Toyota has already rolled out a pretty robust V2V, or vehicle-to-vehicle, system in three models available in Japan. The latest version of the Prius, the Lexus RX, and the Toyota Crown, a luxury sedan sold in Japan, all have the ITS Connect system available as an option.

米国は来年キャデラックのスーパークルーズを待っているところだが、トヨタはすでに大変堅牢なV2V、つまりvehicle-to-vehicle ― 自動車間通信システムを日本国内の3モデルで利用可能にしました。

The cars communicate using a channel abandoned by analog TV transmissions when they switched to digital a few years ago. The cars send and receive very simple–but very useful–information: location, speed, and heading. “People ask about privacy” regarding these communications said Toyota spokesperson Hideki Hada in a phone interview, “but this is very obvious information.”

この乗用車たちは、数年前デジタルテレビへの移行によって放棄されたアナログテレビ送信用の帯域を使用して通信します。 この乗用車間では、とても単純ですが便利な情報、位置情報、速度情報、そして方向を送受信します。 「人々はプライバシーについて尋ねます」この通信についてトヨタのスポークスパーソンである Hideki Hada が電話でのインタビューに答えてくれました。 「しかし、これはとてもありふれた情報です」

  • abandoned - 放棄された
  • obvious - 明らか、明白、自明、一目瞭然、顕著、明細、分かり切った、見かけ上、決まりきった、当たり前の、有り触れた

He’s right. The cars can communicate up to 300 m (nearly 1000 feet) in a 360-degree radius, a distance that allows a lot of humans to also see where your car is, how fast it’s likely going, and where it’s headed.

彼は正しい。この車たちは、周囲360度で300メートルまでの距離で通信が可能です。 これは、あなたの車がどこにあり、どれほど速く走っていて、どこへ向かっているかを、多くの人が見られるようになる距離です。

Also, the vehicles are communicating directly with each other, no cloud required, via two small antennas on each car. The messages being sent and received are very small and frequent, Hada said, and do not require a lot of processing power.

この車は2つの小さなアンテナで互いに直接通信します。クラウドは必要ありません。 メッセージは非常に小さく頻繁に送受信され、多くの処理能力を必要とはしませんと、Hada が言いました。

These three models are equipped to handle V2I, or vehicle-to-infrastructure, communications too. Some traffic signals can send information with their current color and the number of seconds before the light will change to the next color. If it’s about to change to green, the car will tell the driver. If it’s about to change to red, the Prius will kick into an aggressive regen braking mode to recover more energy. Besides managing traffic lights, ITS Connect will also communicate with the car ahead while you’re driving to improve adaptive cruise control and let you know if an emergency vehicle is headed your way.

これら3つのモデルは、V2I(ビークルToインフラストラクチャ)通信も装備されます。 いくつかの交通信号は、現在の信号の色と次の信号に代わるまでの秒数の情報を送信できます。 もし青に代わるのなら、車はドライバーにそれを教えます。 もし、赤に変わるのなら、プリウスは、多くのエネルギーを回収するために積極的な回生制動モードに入ります。 信号を管理すること以外に、あなたが適応巡行制御を改善するために運転していて、行先に緊急車両がいるかどうかを知りたい場合、ITS Connectはこの車の進行方向によっての通信も行うでしょう。

Hada said it was still too early to see a quantifiable benefit to having V2X communications since there are so few cars on the road using it so far, but more people are adding this optional tech to their new cars than the company expected.

Hadaは、車が何かと通信を行うことによる定量的な利益を得るには早過ぎたと言いました。これまで、それを使用する道路上の自動車はとても少ないのですから。しかし、多くの人々はこの付加的な技術を、企業の期待以上に、彼らの新しい車に追加しています。。

There are two factors driving that uptake. First, Toyota worked with the Japanese government to promote this technology and educate consumers. Hada used a video of a winter pile-up of multiple cars as an example. V2V would help a driver avoid this situation, he said, because it’s communicating with cars 300m ahead that are saying they have stopped. This information would be relayed to both the driver and the central processor to avoid the hazard.

取り込む運転の2要素があります。最初は、トヨタは、日本政府とともに、この技術の宣伝と消費者の教育のために取り組んでいます。 Hadaは例として冬の複数車両の衝突の映像を使用しました。 V2Vはこの状況を避けられるようにするでしょうと、彼は言いました。 なぜなら、それは300m前方と通信しており、それらは、停止したと言っているからです。 この情報は、危険回避のために運転者と中央処理装置の両方へ受け渡されるでしょう。

  • pile-up - 複数車両の衝突

Why not just let the car’s sensors save the day? The collision system alone uses cameras and radar. “These can’t see that far,” Hada said. “Their ranges are far too short.” The same processor receives all information from the sensors and V2X, so the brake system “knows” there’s an accident ahead. With V2V communications, the driver now has more time to apply that brake or evade rather than waiting for the imminent collision and the safety system to kick in at the last second. “If we add one more signal–V2V,” Hada said, “then we can have an earlier warning.”

この車のセンサーにその日を救わせましょう。衝突システム単体ではカメラトレーダーを使用します。 「これらは、そんなに遠くを見ることができない」とHadaが言いました。「それらの範囲はあまりにも短いのです。」 この同じプロセッサがセンサーと自動車から発せられるあらゆる情報を受信します。 ですからブレーキシステムは前方に事故があることを「知る」のです。 自動車から自動車への通信なら、運転者には、差し迫る衝突を待っているのではなく、ブレーキを踏むのか、それとも回避するのかを適用するためのより多い時間と、最後の瞬間に起動する安全システムがあるのです。そしてHadaはさらに言いました。「もし私たちが、もう一つの信号をV2Vへ加えるなら、早期警戒を行えます。」

  • evade - 逃れる
  • imminent - 差し迫った

Now for the second reason people have been eager to add the V2X option: price. Buyers can see right on the invoice what ITS Connect costs: a whopping 17,000 yen. Which is $265. “The goal is to have it in every car, but it takes a while,” Hada said. “We’re not only doing it for tech appeal, [though] we started rolling it out on high-tech appeal cars.”

さて、人々がV2Xオプションを加えてきた、2つ目の理由が何かと言えば、価格です。 購入者は請求書をまともに見られます。ITS Connectの費用は、なんと1万7000円です。265ドルです。 「ゴールは、すべての自動車がこれを装備することです。しかし、それはしばらく時間がかかります。」Hadaは言いました。 「私たちは、これにより技術をアピールしているだけではない(のですが)、ハイテクをアピールする車に展開し始めたのです。」

Red-light communication similar to what the ITS Connect can do is the first step in V2I communications, one that Audi is also taking with three of its 2017 models. And if your city has talking traffic lights (not all do), you can also try out the EnLighten app for iOS and Android in whatever car you have.

ITS Connectが行えることと同じような赤色光通信は、Audiが3つの2017年モデルで行おうとしているV2I通信において最初の段階にあります。 そして、もしあなたの街に通信する信号があるなら(全部ではなくとも)、あなたの自動車がどのような車種でも iOSAndroidのアプリ EnLighten 試せます。

  • enlighten - 啓発する

元記事はこちら。

techcrunch.com