読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Faraday Futureのチーフエンジニアはバズワードだらけで言葉足らずだ

Faraday Future’s Chief Engineer Is Short On Answers, Full Of Buzzwords

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2016/01/slack-for-ios-upload.jpg?w=738



Faraday Future’s Nick Sampson joined me on the TechCrunch CES 2016 for what turned out to be a lively interview. Sampson is Faraday’s Senior Vice President of R&D and engineering and, I guess, moonlights as the company’s spokesperson. But he’s no Elon Musk.

Faraday Futureの Nick Sampsonが、TechCrunch CES 2016で、活発なインタビューになることが判明したことのために、私につながりました。 SampsonはFaradayの研究開発とエンジニアリングの上級副社長で、私が思うには、同社のスポークスパーソンとしての別の仕事も持っているようです。 しかし、彼は、イーロン・マスクではありません。

  • moonlights - 【動詞】本来の雇用された仕事以外の仕事を持つ。

So far even after the company’s public reveal, very little is known about Faraday Future. Sampson barely knew how to describe the design features of the wild concept the company had just announced. The company seems more interested in building hype than cars.

Faraday Future公表の後でも、これまで同社については、ほとんど知られていません。 Sampsonは、同社がちょうど発表したワイルドなデザインコンセプトの機能をどのように説明するかは、かろうじて知っているようです。 同社は、クルマを作るよりも、誇大広告を作ることに、より興味を持っているように思えます。

The full 20 minute interview is embedded here and I have a lot more thoughts on the company that I’ll publish in the coming days. From my vantage point, Faraday Future feels like the Donald Trump of startups.

全部で20分のインタビューが、以下に埋め込まれています。 そして、私には、そのうち公開するつもりなのですが、この企業について多くの考えがあります。 私の視点では、Faraday Future は、スタートアップのドナルド・トランプのように感じられます。

www.youtube.com


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com