ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

とある星の奇妙な振る舞い ― エイリアンの人工衛星で説明可能かもしれません

A swarm of alien satellites may explain one star's strange behavior

http://o.aolcdn.com/dims-shared/dims3/GLOB/crop/960x550+0+0/resize/1200x688!/format/jpg/quality/85/http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/9a014af2ea5c63629e1da5f656d87465/202810407/eso-vlt-cr27.jpg


地球外生命を求めて (Dis+Cover Science)
マーク・カウフマン
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 176,077

There's something extremely odd about KIC 8462852, a star 1,481 light-years away from Earth. It demonstrates irregular, seemingly unnatural, flickering patterns -- usually, scientists detect a faraway planet by measuring the regular drops in brightness that occur as it passes in front of its sun, but KIC 8462852 is different. It exhibits extreme drops in brightness, up to 22 percent at one moment, and there appears to be no pattern to the light show. For comparison, a planet the size of Jupiter normally drops in brightness by just 1 percent as it crosses the sun, according The Washington Post. The star's weird behavior remains unexplained, but scientists have a few ideas about its origins -- including a massive alien structure.

地球から1481光年彼方に KIC 8462852 という何か究極的に奇妙な天体があります。 不規則で不自然なパターンの光の明滅 ― 通常、科学者は遠くの惑星を検出する場合、その惑星が太陽の正面を通過する時に発生する、定期的な輝度の減退を計測します。 しかし、 KIC 8462852 は違います。 その輝度は極端に落ちて、あるときは22パーセントにも達します。そして、そのライトショーにはパターンが現れません。 比較してみましょう。ワシントン・ポストによれば、木星の大きさの惑星ならば太陽面を通過するときに、通常1パーセントしか輝度を減らしません。 その星の奇妙な振る舞いは、説明がつかないまま残っています。しかし、科学者はその原因について、いくつかの考えを持っています ― 巨大なエイリアンの構造物も含まれます。

The alien theory is a long-shot, according to Yale University astronomer Tabetha Boyajian and Penn State University researcher Jason Wright, but they think it's worth considering in KIC 8462852's case. Wright helped develop a protocol for spotting alien civilizations, The Washington Post reports, and he says the flickering around this star could be "a swarm of megastructures" built to collect solar energy.

エール大学の天文学者 Tabetha Boyajian と ペンシルバニア州立大学の研究者 Jason Wright によると、このエイリアン説は大胆な仮説です。 しかし、彼らは KIC 8462852のケースには、検討に値すると考えています。 Writeは、エイリアンの文明にスポットを当てるための手順の開発を支援したと、ワシントン・ポストがレポートしています。そして、彼はこの星周辺の明滅は、太陽エネルギーを採取するために作られた「メガ構造物の群れ」によるもので有り得ると言っています。

"Aliens should always be the very last hypothesis you consider, but this looked like something you would expect an alien civilization to build," Wright says.

「エイリアンは、あなたが推測するとき、常にまったく最終的な仮説であるべきです。しかし、これは、エイリアンの文明が作り出したものと思えるようなものに見えます。」 Writeは言います。

Researchers are considering other natural explanations for KIC 8462852's dimming, including monstrous crashes along the asteroid belt or another giant collision in the star's neighborhood, resulting in unpredictable debris patterns. Or, a group of comets orbiting the star could have been disrupted by another star passing by, sending ice and rocks flying and explaining the dips in light. There are issues with all of these explanations -- for example, it would be nearly impossible for us to catch the comet theory in action on a telescope that's only been active since 2009. Nearly impossible, a lot like spotting an alien megastructure orbiting a planet. And remember, the light we receive is old, meaning any potential structures around KIC 8462852 were there back in Earth's 6th century, The Washington Post says.

研究者は、KIC 8462852 の光の明滅について、他の自然な説明を推測しています。それには、小惑星帯による巨大な破壊や、近くの星々のなかでの、他の大きな衝突、予測できない破片のパターンの結果、などを含みます。さもなくば、その星を廻る彗星のグループが他の星を通過するときに破壊され、氷と岩を飛ばして光の中に溶け込んでいるという説明になります。 これらの説明全てには問題があります。たとえば、それは私たちが2009年からしか活動していない望遠鏡で、彗星理論の活動を捉えることは、ほとんど不可能です。 惑星軌道を回るメガ構造物に多くのスポットが当たるようなことも、ほとんど不可能です。 そして思い出してください。私たちが見る光は過去の光だということを。つまり、KIC 8462852周辺の構造物の可能性のあるものは、地球の6世紀の時代のものだということを意味しています。 ワシントン・ポストはこのように言っています。



Wright, Boyajian and Andrew Siemion (director of the SETI Research Center at the University of California, Berkeley) plan to aim a huge radio dish at KIC 8462852 to see if it emits radio waves indicative of technological activity, The Atlantic reports. The first observation is scheduled for January, with a second next fall.

Wright、Boyajian、そして Andrew Siemion (カリフォルニア大学バークレー校のSETI研究センターのディレクター)は、テクノロジーの証であるラジオ波が放出されていないかを見るために巨大なラジオ波のアンテナをKIC 8462852へ向ける計画を行っていると、The Atlanticが報告しています。 その最初の観測は、来年1月に予定されており、2回目は次の秋です。



元記事は以下からどうぞ。

www.engadget.com