読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

超でかドローン!(どこでもいいけど)私を仕事に連れてって

This supersized drone will fly you to work (or anywhere)

http://o.aolcdn.com/hss/storage/midas/5747cccda1d69789119b92a00e83a76/203221891/ehang184Hero.jpg

It's happened. Someone built a quadcopter big enough to carry human cargo. The future is officially here, and it's kinda scary. Scary in the cool way, though. The same company that brought us the regular-sized Ghost drone has just announced the "184" Personal Flying Vehicle (PFV). It's about the size of a (very) small car, and claims to be able to deliver one human (up to 260 pounds) anywhere within a 10 mile/23-minute flight time reach. A working prototype of the autonomous craft is being shown at CES, and we're pretty excited. If a little skeptical.

これは事件だ。クアッドコプターを、人を運べるくらいに十分大きくしたのは誰? 未来はまさにここにある。かっこいいけど、ちょっと怖い。かっこ怖いというところ。

通常の大きさのドローン Ghost を、我々にもたらしてくれた同じ企業が、このパーソナル・フライング・ビークル(PFN)「184」を発表しました。 それは非常に小さな自動車程度の大きさで、一回のフライトで、10マイル(約16キロ)/23分以内へ、人間を一人運べるということです(260ポンド ― 約120キロ まで)。

このプロトタイプの自律航空機への取り組みは、現在CESで公開されています。私たちはかなり興奮しましたよ。ちょっとだけ疑わしいような気もしないでもないが・・・。

http://www.blogcdn.com/slideshows/images/slides/375/944/3/S3759443/slug/l/dsc03940-800-1.jpg

http://www.blogcdn.com/slideshows/images/slides/375/944/4/S3759444/slug/l/dsc03943-800-1.jpg

The 184 doesn't just look like a drone; it acts like one. Passengers will only have minimal controls: take off, pause flight and land. The drone's autonomous flight controls do the rest. All you need to do is push a button -- that's if you can pry your white knuckles off the seat long enough to press them. Naturally, you have to tell it where you want to go (via a smartphone app, of course), but once you do, it'll fly you there automatically. To stop you getting uncomfortable while the quad delivers you to your destination, the 184 also comes with a few creature comforts. There's air conditioning, a 4G data connection, storage big enough for a backpack and even a (dual color) reading light. We assume for reading over your business presentation as you casually hover to work. NBD.

184はドローンのように見えず、独特の動作をします。 搭乗者は、離陸、フライトの一時停止、そして着陸という、最低限のコントロールをするだけになるでしょう。 あとは、このドローンの自律制御で飛行するのです。 あなたは、やるべきことは、シートにゆったり座ってボタンを押すだけ。 どうなることか心配でたまらないかもしれないけれどね。 当然ですけど、どこへ行きたいかは言わなくてはなりません(もちろんスマートフォンを通じてです)。 でも、一度そうすれば、あとは自動的に連れて行ってくれるのです。 目的地まで運ばれている最中、あなたの居心地が悪くならないように、この184は快適な機能を装備しています。 エアコン、4Gデータ通信、十分大きなバックパック、そして、読書用のライトまで装備しているので、仕事に行く最中に、今日のプレゼンテーションを読み返せるはずです。

  • pry - てこで動かす。個人の私事にかかわる。
  • white knuckles - ひどく緊張させるもの、ハラハラさせるもの
  • Naturally - 当然

(中略)

Update: Ehang tells us that it estimates the price of the 184 will be around $200,000 to $300,000, and that it plans to make the drone commercially available sometime in 2016.

184の価格は、だいたい20万ドルから30万ドルになるだろうとのこと。2016年中の販売を計画しています。


詳細は、以下の元記事からどうぞ。

www.engadget.com