ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ドローン新発売:DJIのM100は開発者向けにOculusのVR ゴーグルで飛ばせる

PILOTS COULD FLY DJI'S NEW M100 DRONE FOR DEVELOPERS USING OCULUS VR GOGGLES

http://e.fastcompany.net/multisite_files/fastcompany/imagecache/slideshow_large/slideshow/2015/06/3047157-slide-s-1-fc-pilots-could-fly-djis-new-m100-drone-for-developers-using-oculus-vr-goggles.jpg

DRONE PILOTS SHOULD BE ABLE TO FLY WITH NO FEAR OF CRASHING, EVEN AS DEVELOPERS CAN MORE EASILY CREATE TOOLS FOR THE FLYING VEHICLES.



ドローンのパイロットは墜落を恐れずに飛行すべきです。 開発者としても、その飛行物体のためのツールを、さらに簡単に作れます。

Imagine piloting a drone by seeing where it's flying using a set of Oculus virtual-reality goggles and controlling its direction by waving your hands.

ドローンが飛ぶ姿をOculusの仮想現実ゴーグルで見て、あなたの両手で、その方向を制御することで操縦しているところを想像してみてください。

Soon, you won't have to imagine it anymore. Today, DJI, the world’s largest maker of consumer drones, unveiled both a new quadcopter aimed at developers, as well as an in-flight object-avoidance system and a software developer kit for its existing Phantom and Inspire drones.

すぐに、あなたは、もはや想像する必要がなくなります。 本日、世界で最も大きな消費者向けドローンのメーカーである DJI が、開発者のために飛行時の障害物回避システムを装備した新しいクアッドコプターと、同社から既に発売されているドローン Phantom と Inspire 向けの、ソフトウェア開発キットを発表しました。

The new quadcopter, known as the Matrice M100, was designed for developers to try out new hardware and software tools, the company said. The drone is meant to be set up quickly and be flown with no need for programming. Among the new applications that are possible, the company said, are those that allow for integrating Oculus goggles as well as gesture-control systems like that from Leap Motion.

その新しい Matrice M100 というクアッドコプターは、開発者向けに、新しいハードウェアとソフトウェアツールを試せるように設計されていると、同社は言いました。 そのドローンは、プログラミングの必要なしで、すばやくセットアップできて、飛ばすことが可能だということを意味しています。 同社が言うには、新しい作成可能なアプリケーションの中で、Oculusのゴーグルと、Leap Motion のようなジェスチャー制御システムを統合できるようになっている。

http://a.fastcompany.net/multisite_files/fastcompany/imagecache/inline-large/inline/2015/06/3047157-inline-s-6-fc-pilots-could-fly-djis-new-m100-drone-for-developers-using-oculus-vr-goggles.jpg

The Matrice features multiple communication ports, power supply leads, and expansion bays. That makes it possible to mount peripheral hardware on the drone and to access flight data and control mechanisms.

Matrice は、多重通信ポート、電源供給線、そして、拡張ベイを装備しています。 それによって、ドローンに周辺機器を装着可能となっていて、飛行時の情報と制御機構にアクセスできるようになっています。

The new drone is able to fly for up to 20 minutes and carry a payload of about 2.2 pounds. But it also can be set up to fly with a second battery compartment, meaning it could fly for up to 40 minutes. However, that would mean it could only carry a smaller payload.

この新しいドローンは、20分間まで飛行可能で、約2.2ポンド(1kg)の荷物を運べます。 しかし、2番目のバッテリーを装着すれば40分まで飛行可能になります。しかし、その分運べる重量は小さくなります。

Like DJI’s other drones, the M100 can utilize the company’s Lightbridge video transmission system, which allows the unmanned aerial vehicle to utilize any camera with HDMI or analog video output.

DJIの他のドローンのように、M100は、同社の Lightbridge ビデオ送信システムを利用できます。 これは、無人航空機が、HDMIやアナログビデオ出力のカメラなら、どれでも利用できるようにするものです。

http://e.fastcompany.net/multisite_files/fastcompany/imagecache/inline-large/inline/2015/06/3047157-inline-s-2-fc-pilots-could-fly-djis-new-m100-drone-for-developers-using-oculus-vr-goggles.jpg

GUIDANCE SYSTEM

DJI also unveiled its first object-avoidance system, a small hardware device that mounts on a drone that it said is the first commercially available system of its kind. It will work with DJI’s new M100, or any other drone that has onboard USB and UART connection ports, the company said.

誘導システム

DJIは、自身初となる、障害物回避システムを発表しました。これはドローンに搭載される小さなハードウェア機器で、この種のシステムのなかで、初めて商業的に利用可能になったものだということです。それは、DJIの新しい M100 や、USBやUART接続ポートを持つ他のドローンで、動作するだろうと、同社は言いました。

Thanks to a set of ultrasonic sensors and stereo cameras, the guidance technology knows when a drone is within 65 feet of physical objects and will prevent the device from flying too close.

超音波センサーとステレオカメラのセットのおかげで、その誘導技術は、ドローンから65フィート(約20メートル)以内にある物理的な物体を把握し、この機器が、あまりに近くを飛行しないようにするのです。

Finally, the China-based company announced an SDK for its Inspire 1 and Phantom 3 drones. The system is meant to allow developers to build applications for those devices.

最終的に、その中国企業は、同社のドローン Inspire 1 とPhantom 3 のために、SDKを発表しました。 このシステムによって、開発者は、これらの機器向けのアプリケーションを開発できるようになったことを意味します。


たいていのことは20時間で習得できる
ジョシュ・カウフマン
日経BP
売り上げランキング: 18,234

The M100 will sell for $3,299, while the guidance system will cost $999. Both are expected to be available by the end of June, with pre-orders being taken now.

M100は3,299ドル(約41万円)で販売され、誘導システムは999ドル(約12万円)のコストがかかるでしょう。 両方とも、6月の終わりに利用可能になるとされており、現在予約受付中です。

Last month, DJI announced a new venture fund, known as SkyFund. Created in conjunction with the Silicon Valley venture capital firm Accel Partners, SkyFund will invest at least $10 million in startups building applications for DJI drone platforms.

先月、DJIは SkyFund という新たなベンチャー基金を発表しました。 シリコンバレーベンチャーキャピタルの Accel Partners と共同で作られた SkyFundは、DJIのドローンプラットフォーム向けにアプリケーションを構築するスタートアップに対して、少なくとも1千万ドルを投資するつもりです。




元記事は以下からどうぞ。

www.fastcompany.com