読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

iPhone 6SのForce Touchがベールを脱いだ: ショートカットでiOS全体の素早い動作に期待大

Force Touch on iPhone 6S revealed: expect shortcuts, faster actions across iOS

https://9to5mac.files.wordpress.com/2015/08/forcetouch1.jpg?w=2000&h=0



While Force Touch on the Apple Watch allowed Apple to add an additional layer of buttons to a small display, the iPhone 6S and iPhone 6S Plus screens don’t lack for either real estate or buttons. So why would Force Touch be desirable on larger displays? Following up on our May report that Force Touch is coming to Apple’s next iPhones, sources who have used the iPhone 6S have provided new details on how Force Touch works and feels under iOS.

Apple Watch の Force Touch は、Appleに、小さな画面に追加のボタン層を加えることを可能にしましたが、 iPhone 6S と iPhone 6S Plus の画面に、現実の物かどうかに関わらず、ボタンがないわけではありません。

では、なぜ大画面にForce Touch が必要とされるのでしょう。 私たちの5月の報告「Force Touch はAppleの次のiPhoneに搭載される」では、iPhone 6S を使用した複数の情報源が、Force Touch がどのように動作し、iOSの元で、どんな感じなのかという、新しい詳細を提供しました。

According to sources, the iOS version of Force Touch is known internally as “Orb.” Instead of opening up a large window of extra controls that did not fit on the screen, as is done on the Apple Watch, Force Touch on the iPhone is designed to skip existing lists of options or button presses. “There is consistent usage of Force Touch across the operating system to ‘shortcut’ actions,” rather than present new options like with the Apple Watch, according to a source. The source provided a few examples:

  • New to the Force Touch experience, a user can look up a point of interest in the Maps application, and then Force Touch on the destination to immediately begin turn-by-turn directions. Currently, if a user wants to start navigating to a destination, she must search for the point of interest, click the navigation logo on the map view, then click another button to actually start navigating. In this case, the Force Touch gesture will skip two steps.
  • In the Music application, a user can Force Touch on a listed track to be presented with some of the most commonly-used actions. For instance, if a user deep presses on the listing for a song, a menu will appear to quickly add the song to a playlist or save it for offline listening. This Force Touch gesture would act as a substitute for clicking the actions button on the right side of each track listing in the Music app.
  • Another feature in testing, according to one source, are shortcuts that appear after Force Touching an app icon on the Home screen. For example, if a user deep presses on the Phone app icon, he could choose to shortcut directly to the Voicemail tab. This could also apply to deep pressing the News app icon and being taken directly to either the Favorites or For You tabs.
  • Some of the Force Touch gestures will come from Apple’s latest MacBooks. For instance, a user can Force Touch a link in Safari to see a preview of that webpage. The gesture also works for deep pressing on an address or contact name to see a preview of a map view or contact card, respectively. Similarly, a user can Force Touch a word to look up its definition.

情報源に寄れば、そのiOSバージョンのForce Touchは、内部的に「Orb」として知られています。 画面にフィットしていなかった追加のコントロールの大画面を開く替わりに、iPhoneのForce Touchは、存在しているオプションの一覧やボタンを押すことを飛ばすために、必要とされます。 情報源のある人によれば「オペレーティングシステム全体でForce Touchを「ショートカット」の動作として使うことには、Apple Watch と同じように、新しいオプションを提示するよりも、一貫性があります。」ということです。 その情報提供者は、いくつかの例を挙げています:

  • 初めてForce Touchを体験するなら、ユーザーは、その地図アプリケーションに、肝心な点を見つけられます。行き先をForce Touch すると、すぐに方向を変えはじめます。現在は、ユーザーが行き先へのナビゲーションを開始したいなら、彼女は肝心なその場所を検索しなくてはならず、地図表示の上のナビゲーションのロゴをクリックして、また別のボタンをクリックして、やっとナビゲーションが始まります。このケースでは、Force Touchのジェスチャーは2ステップをスキップするでしょう。
  • Musicアプリケーションで、ユーザーが最も一般的に使う動作のいくつかで表現される楽曲の一覧をForce Touchできます。たとえば もし、ユーザーが曲の一覧を、深く押し込んだなら、メニューが現れ、その曲を素早く、プレイリストに追加したり、オフラインで聴くために保存したりできるのです。このForceTouchジェスチャーは、Musicアプリの右側の各トラック一覧のアクションボタンをクリックすることの、替わりの動作を行います。
  • 情報源に寄れば、試験中のまた別の機能は、ホーム画面のアプリのアイコンをForce Touchした後に現れるショートカットです。たとえば、ユーザーがPhoneアプリを強く押したら、彼は、ボイスメールタブへ直接行けるショートカットを選べるようになるのです。これは、ニュースアプリのアイコンを強く押したら、お気に入りやあなたのためのタブが直接得られるようにも適用できます。
  • いくつかのForceTouchのジェスチャーは、Appleの最新のMacBookから持ち込まれます。たとえば、ユーザーは、ウェブページのプレビューを見るためにSafariのリンクをForce Touchできます。そのジェスチャーは、住所や知り合いの名前を強く押して、それぞれ地図や名刺をプレビューするためにも使われます。同様に、ユーザーは、単語の定義を見つけるために、その単語をForce Touchできるのです。

  • respectively - それぞれ

Because of its small display, the Apple Watch’s Force Touch feature is consistently represented by a grid of options that cover the entirety of the current view on the screen. On the new iPhones, Force Touch will be represented in three ways: no additional user interface as with the subtle integration on the new MacBooks, a user interface that appears surrounding the finger where the Force Touch gesture is conducted, or a shortcut list toward the bottom of the display akin to a typical options list across iOS.

Sources explained that the physical feedback given to the user with each Force Touch press has been tuned to be “nice” and “consistent” across the system. Besides a Force Touch display, sources say that 4K video recording for the iPhone 6S was in the cards earlier this year, but it is unconfirmed whether that feature will be ready to go for September. Of course, the new devices will also sport a faster A9 chip in addition to 2GB of RAM, faster LTE speeds for web browsing, and more efficient chips for better battery life.


Apple has also been planning to open up Force Touch beyond its core apps and operating system so that developers could ship iOS 9 App Store apps that leverage the new interaction paradigm. Beyond this fall’s new iPhones, sources say that the upcoming larger, 12.9-inch iPads, codenamed J98 and J99, will feature a Force Touch display that interacts with the long-in-the-works iPad stylus. An uncorroborated tip indicates that the larger-sized device could debut alongside an iOS 9.1 update.

Apple is expected to show off the new iPhones alongside the new iOS-based Apple TV, and potentially new iPads, on September 9th.

情報源に寄れば、この秋以降の新しい iPhoneや大きくなって出てくる、J98とJ99というコード名が付けられた 12.9インチの iPad も Force Touch ディスプレイを装備するだろうということです。それは、長く使用できる iPadスタイラスで操作できるようです。 この裏づけのない情報は、大きなサイズの機器は、iOS 9.1の更新といっしょに出てくる可能性を示しています。

Appleは新しいiPhoneを、新たなiOSベースのApple-TVや新たなiPadといっしょに、9月の9日に披露すると期待されています。

  • corroborate - 裏付ける

元記事は以下からどうぞ。

Force Touch on iPhone 6S revealed: expect shortcuts, faster actions across iOS | 9to5Mac