読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Buddyはホントにホントにとんでもなく可愛いファミリーロボット

ロボット クラウドファンディング 人工知能・機械学習 コンピュータビジョン

Buddy Is A Really, Really, Ridiculously Cute Family Robot




Robots need better PR agents. They’re often portrayed as hard-edged, cold automatons that are just waiting to kill you in your sleep. Buddy, a family robot currently available for pre-order on Indiegogo, seems to be a lot nicer.

ロボットは良い広告エージェントを必要としています。それらはしばしば、柔軟さが欠如し、夢の中であなたに危害を加えるのを待っているような冷たい人型ロボットとして描かれます。 しかし、現在 Indigogoで事前注文可能な家庭向けロボットの Buddy は、それより、かなり良いものに見えます。

  • portrayed - 描かれる
  • hard-edged - ここでは「硬い」というような意味ですが、「現実を見据えた」という成語でもあるようです。
  • automatons - オートマトン、人を模して動くように作られた機械・機器。

Indeed, the second that Buddy rolled into the office, everybody was quick to rush over to ooh and aww as they snapped selfies with the cute little guy.

確かに、Buddyがオフィスにやって来た瞬間、全員が、この可愛い奴とセルフィーを撮るために、「うわー」とか「ああ」とか言いながら、駆け寄ってきましたよ。

Buddy is set to boast a pretty expansive features set that makes him more than just a cute toy. He’ll be able to act as a smart hub for a variety of your internet-connected home products and can also monitor your home in a much more mobile way than other smartcams can through telepresence.

Buddy は 彼自身をより可愛らしいオモチャにする、かなり多くの機能を誇ります。彼は、家庭内で、インターネットに接続された様々な製品の、スマートハブとして演じることが可能です。 そして、他のスマートカメラがテレプレゼンス(仮想現実を利用した遠隔操作・監視の環境)を通して実現するより、もっとモバイルな方法で、家の中をモニターできます。

Blue Frog Robotics, the team building Buddy, wants the happy little dude to become a part of the family. Buddy will have facial recognition capabilities to recognize family members and get to know their needs. Buddy has features specially catered towards children including a number of fun and educational games, as well as medication reminders and fall detection for more elderly users.

Buddyを作った Blue Frog ロボティクスは、家族の一員になる楽しく小さな友達を求めています。 Buddyは、家族を見分け、彼らが必要としていることを知るために、顔識別の能力を持つでしょう。 Buddyには、高齢者向けの診察リマインダーや転倒検出機能と同様に、数多くの楽しい学習ゲームを含む子供向けに特化された機能があります。

  • catered - 仕出し。仕出す。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/08/img_0356.jpg?w=300&h=300 Me and Buddy waiting for a photo with similar emotions on display.

The Buddy we were introduced to was just in the prototype stage and thus lacked much of the functionality set to be available in the final product. The voice recognition was a bit hit-or-miss and it currently only understood a few basic commands, but assuming the further development of these technologies, it’s clear that Blue Frog Robotics has already nailed one of the hardest parts of building a companion robot, getting people to feel comfortable around it.

我々が紹介するBuddyはプロトタイプステージにあり、最終的な製品で可能になる機能セットの多くを欠いています。 音声認識は、少し間違うことがあり、現在は少しのコマンドしか理解できません。しかし、もう少しこれらの技術の開発を仮定すれば、Blue Frog ロボティクス社が、困難なコンパニオンロボットの部品のひとつを、既に釘付けにしているのは、確かです。それは、周囲の人々を心地よく感じさせることです。

  • nailed - 釘付け

I honestly never stopped smiling while I was interacting with Buddy, which is a major selling point for a robot that’s meant to hang out with kids and bring out the kid in the rest of us.

You can currently reserve your robot helper, set to ship in July 2016, for $649. The Indiegogo campaign has already raised over $450 thousand, comfortably breaking through it’s $100 thousand goal.

Buddyと触れ合っている間、私は笑顔を止められませんでした。これはロボット販売の主要なポイントです。つまり、子供達と戯れ、子供達を引き出します。

現在、649ドル(約7万9千円)でこのロボットヘルパーを予約可能で、2016年の7月に出荷されます。 Indigogoのキャンペーンは、簡単に10万ドルの目標額を達成し、既に45万ドルの資金を集めています。

f:id:takamints:20150901064851p:plain



元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com