読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

翻訳スタートアップUnbabelの新技術「スマートチェック」がベールを脱いだ

Translation Startup Unbabel Unveils New Smartcheck Technology

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/09/shutterstock_291280838.jpg?w=738



Unbabel, a startup backed by Y Combinator, that combines human editing and machine learning into an online translation platform, announced a new feature today called Smartcheck.

オンライン翻訳プラットフォームに、人による編集と機械学習を組み合わせ、Y Combinator によって裏付けられたスタートアップ Unbabel が、本日「スマートチェック」という新機能を発表しました。

  • backed by - 「裏付けられる」。パッと見「支援される」とか「後押しされる」と思いましたが、どうやら違うようで(それは supported や encouraged かも)

The system consists of a translation service built on top of an intelligent translation engine. Translators sign up for work, then customers looking for translators can search by language, business skills and so forth. The platform currently supports 22 languages and 45 language pairs such as Spanish to English.

そのシステムは、あるインテリジェント翻訳エンジンの上に構築された翻訳サービスで構成されています。 翻訳者が業務用に登録すれば、翻訳者を探している顧客が、言語やビジネススキルなどで検索できます。 このプラットフォームは現在22言語をサポートしており、「スペイン語から英語へ」といった45種類の組み合わせが可能です。

  • so forth - 「など」。うーん初めて知りました。

The smart part comes in because the translation system actually learns from the translations happening within its system. It begins to recognize translation patterns, so that if it sees a particular way of translating a phrase, it will learn that is the correct way of saying it — essentially learning what’s correct and what isn’t.

そのスマートな(賢い)部分とは、この翻訳システムが、そこで行われる翻訳から、現実に学習することにあります。 システムの学習は、翻訳パターンを認識することで始まり、もし具体的なフレーズの翻訳方法を見つけたなら、そこから正しい方法を学びます ― 実質的に何が正しくて、何が正しくないのかを学習するのです。

“So over time the system gets smarter and better. It monitors the behavior of the editors and reports [common] translation mistakes back to the community,”Unbabel CEO Vasco Pedro told TechCrunch.

「何度も繰り返すことで、このシステムは賢く、そして良くなります。編集者の振るまいと、このコミュニティに寄せられた主要な翻訳ミスの報告をモニターしているのです。」 Unbabelの CEO Vasco Pedro が、TechCrunch に話してくれました。

The customer pays a per-word price, and the goal of Unbabel is for translators to translate at least 800 words an hour. Since the translators are paid by the hour, the faster they go, the more Unbabel makes. That’s why it’s in their best interest to find ways to speed up the process, while reducing errors.

顧客は、単語単位で料金を支払い、Unbabelが定める翻訳者にとっての指標は、少なくとも1時間に800の単語を翻訳することです。

  • goal - 「目途」「目論見」という意味があるようです。ここでは「目安」「指標」のほうが適当かもしれない。通常は「ゴール」や「目的」と訳しますが、ちょっと違う。「ノルマ」ほど必達という意味が無い雰囲気を感じます。

That’s the goal behind the new Smartcheck feature.

それが、新たなスマートチェック機能の背景にあるゴールです。

The new feature helps translators as they go through the translation process, not only pointing out possible errors, but also offering helpful hints about how to correct the problem.

この新しい機能は、翻訳者たちが翻訳プロセスをやっている最中、ありうる間違いに注目するだけではなく、その問題をどうやって正しくするかという便利なヒントを与えて、彼らを支援します。

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/09/unbabel.jpg?w=300&h=190



“As the translator types the translation, it gives them hints and highlights areas that need work,” Pedro explained.

「翻訳者が翻訳した文章を打ち込んでいる時、彼らにヒントを与えて、必要な箇所をハイライトします。」 Pedro はそう説明しました。

This could be as simple as a spelling issue, telling the translator to avoid subjective words or that the writing style is not in line with the customer’s.

これによって、スペリングの問題のように単純なこととして、翻訳者に対して主観的な単語を避けるように言ったり、顧客に沿った文章のスタイルになっていないと通知したりできるようになるのです。

The system learns what these hints are from monitoring the translator work inside the translation engine. This the point where the human and machine parts of the system begin to align.

翻訳エンジンの内側で、翻訳者の作業をモニターして得られた、これらのヒントを、このシステムは学習します。 人と、このシステムの機械部品を合わせ始めるというところが、このポイントです。

The company currently has about 32,000 translators on the platform with 380 customers. In July it had its best month ever, surpassing $100,000 in monthly revenue for the first time, according to Pedro.

同社は現在、このプラットフォームに、380の顧客と、約3万2千人の翻訳者を保有しています。 Padroによれば、この7月は今までにない最高の月でした。月の収入として初めて10万ドルを突破したのです。

It is in the process of moving to a subscription model where customers pay a fixed rate up to a certain of number of translated words.

このシステムは現在、翻訳された単語の確かな数まで顧客が固定料金を支払うサブスクリプション(購読型)モデルへの移行プロセスにあります。

The company participated in the Y Combinator Winter 2014 class and has raised $1.5M.

同社は、2014年冬の Y Combinator クラスに参加し、15億ドルの資金を獲得しました。

  • participated - 参加する、携わる


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com