読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

マツダ RX-VISION は ロータリーエンジンを復活させる

Mazda's gorgeous RX-Vision concept revives the rotary engine

f:id:takamints:20151101073059p:plain


マツダ・ロータリーエンジンの歴史

グランプリ出版
売り上げランキング: 539,835

For decades, Mazda had been known as the sole remaining automaker producing cars powered by rotary engines — that is, until the RX-8 left the market in 2012. But at this year's Tokyo Motor Show, the company announced plans to bring the rotary engine back to life, and these are the lines along which it's thinking: meet the beautiful RX-Vision.

数十年間、マツダロータリーエンジンの自動車を出す唯一の自動車メーカーとして知られてきました ― それは、RX-8が2012年に市場を去るまでの話です。 しかし、今年の東京モーターショーで、同社はロータリーエンジンをよみがえらせる計画を発表し、その考えに沿った線があります。それが、この美しい RX-VISIONです。

Mazda isn't saying much about what'll go under the hood of this swooping, graceful addition to the classic RX series, but the revival of the rotary engine alone will be enough to excite many. Although rotary engines present serious technical challenges when it comes to meeting fuel efficiency targets and emissions guidelines, they're known for cramming immense power inside a compact, lightweight package with fewer moving parts than piston engines.

この急激に下がっているボンネットの下で何が行われようとしているのか、マツダは多くを語っていません。 クラシックRXシリーズへ優雅に手を加えられています。 しかし、ロータリーエンジン単独の復活は、そう多くの人を興奮をさせるために、充分では無いでしょう。 もっとも、ロータリーエンジンは、燃料効率の目標と排出ガイドラインを満たそうとするとき、深刻な技術的課題を提示します。 それらは、通常のピストンエンジンよりも少ない可動部品によって、巨大なパワーを小さくて軽いパッケージに詰め込むことで知られています。

  • hood - フード。自動車の場合はボンネット。
  • swooping - 急降下
  • it comes to meeting fuel efficiency targets - 燃料効率目標を達成する
  • cramming - 詰め込む
  • immense - 巨大

マツダはなぜ、よみがえったのか?
宮本 喜一
日経BP
売り上げランキング: 154,361

Those hurdles may not be easy to overcome, even for Mazda. “RX-Vision represents a vision of the future that Mazda hopes to one day make into reality," reads the press release. "A front-engine, rear-wheel drive sports car with exquisite, Kodo design-based proportions only Mazda could envision, and powered by the next-generation SkyActiv-R rotary engine.”

それらのハードルは、マツダにとってさえ簡単には乗り越えられないでしょう。プレスリリースを読むと「RX-Visionはマツダはいつの日か現実に作ることを希望している未来のビジョンをあらわしています。」 「フロントエンジン、リア駆動の絶妙なスポーツカー、魂動デザインをベースにしたマツダにしか描き出せないプロポーション、そして、次世代のロータリーエンジン SkyActiv-R を搭載 」

  • exquisite - 絶妙
  • powered by - 搭載でよいみたいですね。なるほど。


But although the company can only say at this point that it "hopes" to bring the RX-Vision to life, its incarnation on the Tokyo Motor Show floor had enough presence of its own. Here it is from every angle.

この時点で同社はRX-Visionを現実にすることを「希望している」としか言えませんが、東京モーターショーのフロアで具現化されたものは、それ自身の十分な存在感を持っていました。 いろんなアングルから見てみましょう

  • incarnation - 化身、権化、具現

https://cdn1.vox-cdn.com/thumbor/LyfC_ajoPcit8t_YF1S_YsPbBT4=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4205851/IMG_0490.0.jpg

https://cdn1.vox-cdn.com/thumbor/nEFaqYng2_LqU3SsYnrtB9SJMFw=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4205855/IMG_0494.0.jpg

https://cdn3.vox-cdn.com/thumbor/RvfYTc0jo0pxN5G7KA2zP_zN-oA=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4205853/IMG_0491.0.jpg

https://cdn0.vox-cdn.com/thumbor/bPcAvSx9PRVnlCDAdDcNWfrNoLs=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4205849/IMG_0488.0.jpg

https://cdn3.vox-cdn.com/thumbor/lzhU9TnMxM-wVr-SVKQqy1FMbFg=/1020x0/cdn0.vox-cdn.com/uploads/chorus_asset/file/4205857/IMG_0496.0.jpg


元記事は以下からどうぞ。

www.theverge.com

広告を非表示にする