ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Oculus Riftの利用規約には、超・胡散くさい項目が、いくつかあります

There Are Some Super Shady Things in Oculus Rift's Terms of Service

http://i.kinja-img.com/gawker-media/image/upload/s--A0JFtGAp--/kn72pfc9cjbt6seney8t.jpg



The Oculus Rift is starting to ship, and we’re pretty happy with it. While it’s cool, like any interesting gadget, it’s worth looking through the Terms of Service, because there are some worrisome things included.

出荷開始されたOculus Rift利用規約には、いくつかの心配になるようなことが含まれているため、読んでおいた方が良い。


レビュー記事はこちらです。

eigo-no-jikan.hatenablog.com


Quite a few of the items in the document are pretty typical in any sort of Terms of Service agreement. These include details like waiving your right to a juried trial and agreeing to go into arbitration instead. Oculus can also terminate your service for myriad reasons, and third parties can collect information on you. However, there are some even more devilish details in the Rift’s full Terms of Service.

多くの項目は、利用規約としてとても典型的ですが、トライアルの展示審査の権利を放棄したり、代わりに仲裁に入ることに同意したりするような詳細を含んでいます。 Oculusは無数の理由によりあなたのサービスを終了させることもでき、サードパーティは、あなたの情報を収集できるのです。 しかし、さらにいくつか、悪魔のような詳細が、Riftの利用規約の中に存在します。

  • waiving - 放棄
  • juried - 展示審査
  • arbitration - 仲裁
  • myriad - 無数の

Oculus (and basically Facebook) owns creative content

Oculus(と基本的にはFacebook)がクリエイティブなコンテンツを所有します

If you create something with the Rift, the Terms of Service say that you surrender all rights to that work and that Oculus can use it whenever it wants, for whatever purposes:

利用規約には、あなたがRiftで何かを作ったとしても、あなたはそれに対する全ての権利は諦めること。そして、Oculusが望むならば、それがどのような目的であっても、Oculusがそれを使用できるということが、書かれています。

By submitting User Content through the Services, you grant Oculus a worldwide, irrevocable, perpetual (i.e. lasting forever), non-exclusive, transferable, royalty-free and fully sublicensable (i.e. we can grant this right to others) right to use, copy, display, store, adapt, publicly perform and distribute such User Content in connection with the Services. You irrevocably consent to any and all acts or omissions by us or persons authorized by us that may infringe any moral right (or analogous right) in your User Content.

  • irrevocable - 取り返しがつかない、取り消し不能
  • perpetual - 永住、永久的な

Basically, if you create something using the device, Oculus can’t own it, but the company can use it—and they don’t have to pay you for for using it. Oculus can use it even if you don’t agree with its use.

基本的に、あなたがこの機器を使用して何かを作ったとしても、Oculusはそれを所有しない。 しかし、同社はそれを使用可能です ― そして、彼らはそれを使用してもあなたに支払いをする必要が無い。 Oculusは、あなたが、その使用に同意しなかったとしても、それを使用できます。

This probably doesn’t matter much if you’re using the device as a gaming platform, but with a new type of device that’s out there, there are a whole range of unforeseen uses. Based on the wording of the Terms of Service, a creative developer could make a piece of interactive artwork that Oculus could then use for an Oculus ad without the artist’s permission.

ゲームプラットフォームとして使うだけならおそらく問題にはならないが、出たばかりの新しい機器は、全体的に予測できない使い方がある。 利用規約に基づけば、クリエイティブな開発者は、対話的なアートワークを作ることができて、OculusはOculusの宣伝のためにそれを使うのだ。 開発者の許可を得ずに。

  • unforeseen - 不測

Who knows what else VR might allow people to create. But to do so—at least initially with the Oculus Rift—you might lose out on exclusivity with your work, something that’s important for writers and artists.

VRを人々に作れるようにするのは何なのか、知っている人。しかし、そうすると ― 少なくとも最初はOculus Riftと共にだ ― そうすると、あなたは負ける。あなたの仕事の独占権において、敗北する。それはライターやアーティストにとって重要事項です。

Oculus can collect data from you while you’re using the device

Oculusはあなたがこの機器を使用しているときにあなたから情報を収集できます

This caveat is more obvious but also more worrisome. The Terms of Service document reads:

この警告は、もっと明らかですが、もっと厄介です。利用規約には次のように書いてあります:

  • worrisome - 厄介
  • caveat - 警告
  • Information about your interactions with our Services, like information about the games, content, apps or other experiences you interact with, and information collected in or through cookies, local storage, pixels, and similar technologies (additional information about these technologies is available at https://www.oculus.com/en-us/cookies-...);
  • Information about how you access our Services, including information about the type of device you’re using (such as a headset, PC, or mobile device), your browser or operating system, your Internet Protocol (“IP”) address, and certain device identifiers that may be unique to your device;
  • Information about the games, content, or other apps installed on your device or provided through our Services, including from third parties;
  • Location information, which can be derived from information such as your device’s IP address. If you’re using a mobile device, we may collect information about the device’s precise location, which is derived from sources such as the device’s GPS signal and information about nearby WiFi networks and cell towers; and
  • Information about your physical movements and dimensions when you use a virtual reality headset.’

Furthermore, the information that they collect can be used to directly market products to you:

さらに、彼らが集めたその情報は、あなたに対して、製品を直接販売するために使用可能です。

To market to you. We use the information we collect to send you promotional messages and content and otherwise market to you on and off our Services. We also use this information to measure how users respond to our marketing efforts.

This is kind of creepy! Given that Oculus can collect information about how you move and how you’re shaped. The Facebook-owned company can use your location and log your activity, and it can even do so automatically.

これは不気味です!Oculusは、あなたがどう動いて、どのような姿勢をとったのかについての情報を集めることが可能なのだと考えられます。フェイスブックが所有する企業が、あなたの位置情報と活動履歴を使用できる。そして、それは、まったく自動的に行われるのです。

And on a related note, given that Facebook owns Oculus, it’s not surprising that the Terms of Service also include language that allows the company to monetize your experience: that is, after all, what the Facebook platform has been historically extremely good at.

そして、関連する注意事項には、フェイスブックがOculusを所有しているということです。それは驚くべきことではありません。この利用規約は、同社があなたの経験したことをマネタイズすることを許している次のような言葉も含んでいるのですから: それは結局、フェイスブックのプラットフォームが歴史的に究極的に良いとしているものです。

What’s most worrisome here is that the emergence of VR technology opens up an new type of data for companies to mine en masse which can be collected efficiently. The fact that Oculus, the clear leader in the new VR marketplace, is setting this precedent could be dangerous for the future of the technology. Furthermore, as UploadVR noted, the Oculus Rift is a device that is always on (much like Microsoft’s Xbox One Kinect feature) which leads to further concerns about when the information will be collected. Who the hell knows when and where the NSA will get involved.

最も厄介なのは、VR技術の出現が、企業のために効率よく収集された庶民の鉱山という新しいデータのタイプを切り開くということだ。 事実として、明確に新たなVR市場のリーダーであるOculusは、この先例は技術の未来にとって危険になり得る。 さらに、UploadVR が記した、Oculus Riftは、常に、情報が収集されるときについてのちょっとした懸念を導き出す機器として存在している(マイクロソフトXbox Oneキネクト機能とよく似ている)。いつどこで NSAが関わってくるのか、知れたものではない。

We’ve reached out to Oculus for more details about its new Terms of Service and will update this post if we hear back.

私たちはOculusに、その新しい利用規約について、さらなる詳細を問い合わせました。 なにか聞けたらまたこの記事を更新します。


元記事は以下からどうぞ。

gizmodo.com