読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

超人を怖れるのは誰だ

医療・介護・健康 健康

長い上に専門用語バリバリでとんでもない文章に手を出してしまったと落ち込んでいます・・・

Who’s Afraid Of Superhumanity?

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/04/supercouple.jpg?w=738

Editor’s note: Michael Solana is the author of Citizen Sim: Cradle of the Stars, and works for Founders Fund. He believes, above all things, in teenagers with superpowers.

編集者の注釈:Michael Solanaは「Citizen Sim: Cradle of the Stars」の著者。そして、 創業者基金のために仕事をしている。彼は何よりも、スーパーパワーを持つティーンエージャーを信じている。


When I was eight I determined it my destiny to be one of the X-Men, a superhero born with extraordinary abilities. It seemed there were many bad things I could stop if only I were stronger, faster, smarter. To make a positive difference in the world, I had to be better. But there was just a very small chance I was carrying the X-gene, and so I would lie in bed each night and pray to God I was different, a mutant.

私は、8歳の時に、X-Menの一人になることに決めた。並はずれた能力を持って生まれたスーパーヒーローだ。 もし自分が強ければ、速ければ、頭がよければ、止めさせることのできる多くの悪事があるように思えていた。 良い世界を作るには、自分が良いでなければならない。 しかし、とても小さなチャンスがあった。私が、X染色体を背負っていたというチャンスだ(=男性であるということ)。 そして、私は毎晩ベッドに横たわり「ボクは違う、ミュータントだ」と神に祈っていた。



This was my introduction to genetics: To both my conception of genes and my very strong desire, mine were superhuman. Twenty years later, nothing has changed but this: we no longer have to pray to God. The age of biological self-determination is upon us.

私と遺伝学に出会いはこんな風でした:私の遺伝子のコンセプトと、非常に強い欲望の両方は、超人へ向かっていた。 20年後、何も変わってはいないが、我々は神に祈る必要はなくなっている。 我々は、生物学的自己決定の時代にいる。


But an overwhelming majority of Americans oppose “germline engineering” in humans — the alteration of genes in the first cells of the blastocyst. A group of the most important biologists alive, led by an inventor of the new genome-editing technique that makes this easier than ever before, has called for a moratorium on the technology’s use.

しかし、アメリカ人の圧倒的大多数は、ヒトの「生殖細胞系列のエンジニアリング」に反対する。生殖細胞系列のエンジニアリングとは、胚盤胞の最初の細胞の遺伝子を変更することだ。 現在の最も重要な生物学者のグループは、以前よりも簡単な新しい遺伝子操作技術の発明者によって導かれた、そのテクノロジーの使用を、一時停止するように呼びかけている。

  • overwhelming - 圧倒的な
  • oppose - 反対する
  • germline - 生殖細胞系列生殖細胞の総称.
  • alteration - 変更
  • blastocyst - 胚盤胞。卵割腔形成後から着床前の胚形成初期に形成される構造。
  • moratorium - 猶予期間。一時停止。


A little over two years ago CRISPR-Cas9 was developed, the genome-editing technique that reignited the perennial public fear and mistrust of genomics. And in a phenomenal recent piece by the MIT Technology Review, the practice was introduced on social media with this unfortunate quote: “The fear is that germ-line engineering is a path toward a dystopia of superpeople and designer babies for those who can afford it.”

2年ちょっと前、CRISPR-Cas9が開発された。これは、遺伝子操作手法。以前からあった、遺伝子学への世間の恐怖と不信を再び呼び起こさせました。 そして、MITテクノロジーレビューによる驚異的な最新のレビューで、次のような残念な注釈付きで、その練習がソーシャルメディアで紹介されました。 「『生殖細胞系列のエンジニアリング』は、ディストピアへ向かう道となる。超人やデザイナーベビーがもたらすディストピアだ」

  • reignited - 再燃された
  • perennial - 多年生の。既存の。長年の
  • mistrust - 不信
  • phenomenal - 驚異的な
  • unfortunate - 残念な
  • dystopia - ディストピア。暗黒郷。
  • afford - 与える

Why Are We Afraid of Superhumanity?

There are of course a great many risks when altering the structure of human DNA. This is not a game of Jenga. If mistakes are made, lives could be lost. But lives are lost every day on operating tables across the globe, and what scientist would be taken seriously who stood and called for cessation of open heart surgery on grounds that sometimes people die? People are already dying. That’s the problem we’re trying to fix.

我々はなぜ、超人類を怖れるのか

もちろん、ヒトのDNA構造を変化させることには、大きな危険性がたくさんある。これはゲームのジェンガではないのだ。もし間違いがあったら、生命が失われかねない。 しかし、生命は毎日、世界中の手術台の上で、失われており、時に人が死ぬという理由で、心臓切開手術の中止の立場をとったり呼びかける科学者は真剣に取り扱われるべきだ。人は常に死に行くものだ。これは解決しなければならない問題だ。

  • cessation - 中止

Our DNA isn’t perfect; it’s just what we were born with, and aspects of it are killing us. With germline engineering, a world is conceivable in which the genes for strong disposition to heart disease are removed from afflicted men and women long before they’re ever born, in which Alzheimer’s disease, cystic fibrosis, Huntington’s disease, and sickle cell anemia are deleted from the human story.

私たちのDNAは完璧ではない:それは、私たちが生まれる持ったものであり、そして、それらが私たちに死をもたらすという側面でもある。 「生殖細胞系列のエンジニアリング」について、世界では、心臓病に強く関連する遺伝子が男女が生まれてから長いあいだの悩みを取り去り、アルツハイマー嚢胞性線維症ハンチントン病、鎌状赤血球貧血症が、人間の物語から消し去られると、考えられている。

  • conceivable - 考えられる
  • disposition - 配置
  • afflicted - 悩む
  • cystic fibrosis - 嚢胞性線維症
  • sickle cell anemia - 鎌状赤血球貧血症

There are risks with the application of every new technology, and some of them are quite scary. But the risks have been mitigated by research and practice, and the only crime against humanity here would be ignoring our potential to improve — yes, to make better — the human body.

これらは、全ての新しい技術の適用における危険性で、それらのうちのいくつかは、本当に怖い。しかし、そのリスクは研究と訓練で緩和される。 現在の人間性に対する犯罪だけが、私たちの体を改善しより良いものとするための可能性を抹殺しようとしている。

  • scary - 怖い、おっかない
  • mitigate - 軽減する、和らげる、緩和する

Many biologists in the moratorium group want access to the technology to identify and mitigate risks themselves, and so clearly understand that mitigation of risk is possible. So what’s the real motivation for our current hysteria, then, and for the parade of doomsaying bioethicists, reading from the panicked book of Michael Crichton, and calling for the termination of an incredibly important, if nascent technology? As it turns out, science has nothing to do with it.

一時停止されたグループの多くの生物学者が、その技術にアクセスしたいと考えている。それら自身の危険性を識別し、軽減するために。そして、リスクの軽減が可能だと明確に理解している。だから、我々の現在のヒステリーや、破滅を予言する生命倫理学者たちのパレードの動機はなんでしょう。 マイケル·クライトンのパニック本を読んで、信じられないほど重要な終末を呼びかけている。それが発生期の技術だから?結局のところ、科学はそれとは何の関係もありません。

  • hysteria - ヒステリー
  • doomsaying - 破滅の予言
  • nascent - 発生期の
  • As it turns out - 結局のところ

For NPR, Rob Stein wrote: “The big worry is that CRISPR and other techniques will be used to perform germline genetic modification… And that’s something that’s always been considered taboo in science..” Full stop.

NPRの為にRob Steinは書いた「大きな心配事はCRISPR と他の技術が生殖細胞系列の遺伝子を変化させるために使われようとしている点… そして、それは常に科学におけるタブーと考えられるようなこと…」はい、終了。

  • Full stop - 終止符

In the New York Times, on the problems with germline engineering, the true fear was very well distilled with: “…which could be used to cure genetic diseases, but also to enhance qualities like beauty or intelligence. The latter is a path that many ethicists believe should never be taken.” Full stop. But why? No one ever expands, here. And since when, from reputed, important voices in journalism, is it okay to end a conversation at “Well, it’s taboo, so we’d better not”?

ニューヨークタイムズで、この生殖細胞系列エンジニアリングについての問題について、真の恐怖の本質が以下のように抽出された。 「… 遺伝的病気を治療するために使用できた。しかし、美容や知性のように、品質を強化することもできた。後者は多くの倫理学者がとるべきではないと信じている道だ」終わった。 どうして、ここから話を展開する者がいない?そして何時から、高い評価を受けているジャーナリズムの重要な声が「ええ、それはタブーですから、やめておいたほうが良い」と、会話を終わらせて良いことになったのか。

  • distill - 「蒸留する/醸造する」から「本質を抜き出す」という意味。
  • cure - 治療法
  • latter - 後者
  • ethicists - 倫理学
  • reputed - 有名な

What’s to stop a very small group of people, now enhanced genetically well beyond the average human in every way imaginable, from winning at the zero sum game of life?

少数の遺伝的に強化された人々のグループを止めるのは何か。想像できるすべての方法で、平均的なヒトを容易に超える人々だ。


Taboos are things that exist in place of reason, where popular social tastes determine human action. There’s nothing rational about them. They may not all be seen through to unjust or calamitous political conclusion — as too many of them are — but certainly every one of them should be questioned. And this one here is roughly: it’s morally acceptable — maybe — to bring a child into the world without a crippling weight around her neck, but to give her some perceived advantage over the rest of us, the genetically typical? Never.

タブーは、一般的な社会的風潮がヒトの行動を決定するような場所に存在するものだ。 それらについて、合理性はまったくない。 不当または悲惨な政治的結論に至るまで、それらの多くがあるとしても、すべてを見ることがないかもしれません。 しかし確かに、それらひとつひとつが問題とされるべきです。 そして、ここにあるひとつは、ざっくりとした話ですが、彼女の首の周りに歩けないようにする重しをつけることのない世界へ、子供を連れて行くことは道徳的に許容可能(かもしれない)です。しかし、私たちの残りの部分を超えて、彼女に、いくつかの認識された利点を与えることは、遺伝的に典型的だろうか?いや、ありえない。

  • rational - 合理的
  • unjust - 不当な
  • calamitous - 悲惨な
  • conclusion - 結論
  • crippling - 壊滅的な

Here, the detractors of germline engineering are betrayed by their true opinion: We can probably get the technology safely working, but what about the cultural ramifications?

ここに、生殖細胞系列のエンジニアリングの中傷が、彼らの本心によって、裏切られた。 本心とはこうだ:「我々は、おそらく技術を安全に働かせるが、文化的な波及効果はどうでしょう?」

  • detractors - 中傷
  • betray - 裏切る
  • probably - 多分
  • cultural - 文化的
  • ramifications - 波及効果、影響

What’s to stop a very small group of people, now enhanced genetically well beyond the average human in every way imaginable, from winning at the zero sum game of life? They’d just take all the resources, right? The superpeople would be super capitalists — Donald Trump with a mind twice as formidable as Einstein’s, and we would all be made his slaves. The Trumpettes, he would maybe call us. The Trumpkins. The Trumped.

今、あらゆる想像可能な方法で平均的な人類を遺伝的にうまく超え強化された非常に少人数のグループを、何をもって人生のゼロサムゲームに勝つことを止めさせるのか。 彼らは全てのリソースを得ようとする。本当?

その超人はスーパー資本家になるだろう? ― アインシュタインの2倍手ごわいマインドを持ったドナルド・トランプ(米国の実業家・資産家)?そして、私たち全員が彼の奴隷にされてしまうって? パンパカパーン!彼は私たちを呼び出すかもね。パンパカパーン!そりゃ捏造だよって。

  • formidable - 手ごわい、恐ろしい
  • Trumped - 捏造

※ まあ、トランペットなのでこんな風で・・・いいのかな。


This is of course insane, and the problem is mostly fiction. From Brave New World to Gattaca, we’ve not heard a story that deals in the genetic enhancement of humans that doesn’t end in gross inequality or disaster. But the inequality piece is the most pernicious. So we’ve arrived at the politics of class, the primary motivation behind most criticism of technology, genetic or otherwise, as one could read plainly from the very start of the now-defunct Valleywag. But Gattaca isn’t real. It’s just a horror story that we’ve told ourselves.


What About a Redraft?

Let’s take the most incorrigible rich people alive. Let’s take the worst Bravo! reality television stars in history (so just, like, any random five I guess), and give them superchildren with superintelligence. Twenty young people are affected at the start, and 20 years later?


With the additional cognitive ability, they’ve cured every known disease and solved the aging problem. They’ve cracked sustainable nuclear fusion, and solved the energy problem. They’ve cracked gravity, and freed us for the heavens.


It doesn’t matter how many superpeople there are. A world with any superpeople in it is a better world.


Is this the future? I can’t know for sure, but it seems more likely than the evil Mega Trump. And while caution should be exercised — while this conversation should be had, certainly — a world post-scarcity, with total freedom and unlimited resources for everyone, should ever be the goal.


I recently re-read Jurassic Park at the end of which (spoiler alert!) a bunch of dinosaurs escape into the world and threaten humanity. It made me angry, but it also got me thinking. The truth is, there may be dinosaurs every now and then that threaten humanity. That’s just life. But as anyone who grew up on comics knows, in the Savage Land the dinosaurs always get their asses handed to them by the Children of the Atom, because in the end, the X-Men always win. So we’d better damn well have them on our side.

Let’s be superheroes.


元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

広告を非表示にする