読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

GEが3Dプリンターでちゃんと動くジェットエンジンをつくってる

GE has 3D-printed a working jet engine

https://qzprod.files.wordpress.com/2015/05/3dp_jet_omg.jpeg?w=1394

While the consumer 3D printing industry is going through a bit of an existential crisis, industrial 3D printing is going strong. Last week, Stratasys announced it had 3D-printed over 1,000 parts for Airbus’ A350 XWB planes that shipped in 2014. Now, Scientists at GE Aviation’s Additive Development Center have made a working jet engine entirely from 3D-printed parts.

消費者の3Dプリンター業界は、少々実存の危機を通ろうとしている間、産業用の3Dプリントは強くなっている。 先週、Stratasys が、2014年に出荷されたエアバスの航空機 A350 XWB のための100個以上の部品を3Dプリンターで出力したと発表しました。 現在、GE Aviationの付加製造プロセス開発センターの科学者が、全体が3Dプリントされた部品で作られたジェットエンジンを動かした。



youtu.be


The catch: The engine is about the size of an American football, so it’s unlikely to be installed on any commercial planes in the near future. But that doesn’t mean it can’t fly: GE says the engine made from additive processes can spin at up to 33,000 rpm, and is based on a design from a radio-controlled jet engine model plane. (Model jet planes are a big deal for some hobbyists.)

そのエンジンはだいたいアメリカンフットボールのサイズで、どんな近未来の商業的な航空機に装着されそうにはありません。 しかし、それは飛べないということではありません。 GEの言葉によれば、付加製造プロセスから作られたそのエンジンは、最大毎分33,000回転が可能で、それはラジコンのジェットエンジンモデルのラジコンからのデザインに基づいているということです。(ラジコンジェット機は一部の愛好家にとって大きな取引です)


“There are really a lot of benefits to building things through additive,” says Matt Benvie, a spokesman for GE Aviation said in a blog post. “You get speed because there’s less need for tooling and you go right from a model or idea to making a part. You can also get geometries that just can’t be made any other way.”

「付加製造によるモノづくりには本当に多くの利益があります。」と、GE Aviationの報道官であるMatt Benvieは、ブログへの投稿でこう語ります。 「道具があまり必要でないので、スピードを得ます。そして、あるモデルやアイデアから部品を作るまでを正しく行う。あなたは他の方法で作られなかった幾何学の知識までも得ることができますよ。」


Printing the parts.(GE Reports)

While this engine was just a small-scale side project for GE’s engineers, there is the potential for 3D printing to help develop more complex designs with less waste than traditional manufacturing techniques.

このエンジンはGEのエンジニアのためのちいさなスケールのサイドプロジェクトですが、3Dプリンタには、複雑なデザインの開発を、従来の伝統的な製造技術よりも無駄なく行えるように可能性があります。


元記事は以下からどうぞ。

qz.com