読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

NASAが冥王星で得た固有のデータに圧倒されてる

天体 NASA 宇宙 冥王星

NASA Got Up Close And Personal With Pluto, The Data Blows Their Minds

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/07/nh-pluto-charon-natural-color.jpg?w=738

It might not be a planet anymore, but Pluto is fascinating.

もはや惑星ではないのかもしれませんが、冥王星は魅惑的です


ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年7月号 [雑誌]
日経ナショナル ジオグラフィック社 (2015-06-30)
売り上げランキング: 115

NASA is just scratching the surface after its Pluto “fly-by” on July 14th. It says that it’s retrieved just 5% of the data on the spacecraft, but has already learned new things and snapped some shots unlike anything we’ve seen before.

NASAは、7月14日に行われた冥王星の「フライバイ」の後、その表面について悩んでいるところです。 宇宙船のデータのちょうど5%を受信したとのことですが、そこから既に新しい複数事象を学び、私たちが今まで見たことの無いような、いくつかの写真を撮影しました。

  • Got Up Close And Personal With - 正しくは「起床した」なんでしょうけど、「近くで個人的に起きた」ってちょっとまあ、ニュアンスはなんとなくわかるんですが日本語にうまく変換できなかったので、普通に訳しました。
  • scratching - 「悩む」という解釈があるようです。比喩的に冥王星の表面を引っ掻き回しているということでも良かったのかもしれません。

Here’s an amazing farewell shot taken of Pluto, highlighting a newly-discovered haze layer (we’re essentially seeing its weather for the first time ever):

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/07/nh-pluto-hazy-skies_0-1.jpg?w=655&h=680

Michael Summers, a part of the New Horizons team said:

The hazes detected in this image are a key element in creating the complex hydrocarbon compounds that give Pluto’s surface its reddish hue.

New Horizonsチームの一員であるMichael Summersが言いました:

この画像から検出された大気の霞が、複雑な炭化水素化合物を形成する際の重要な要素です。その化合物が冥王星の表面に赤みがかった色相を与えています。


NASA says it has to start from scratch on how it thinks of Pluto’s atmosphere and weather:

Scientists had previously calculated that temperatures would be too warm for hazes to form at altitudes higher than 20 miles (30 kilometers) above Pluto’s surface. With New Horizons detecting hazes at up to 80 miles (130 kilometers), “We’re going to need some new ideas to figure out what’s going on,” said Summers.

youtu.be


NASA冥王星の大気と天候をどのように考えるかということを、ゼロから始めなくてはならないと言っています:

科学者達は以前、冥王星の温度は、表面から上空20マイル(30キロメートル)よりも高い高度までを覆う雲の為、とても暖かいと計算していました。 New Horizonsによって検出した雲は、80マイル(130キロメートル)の高さでした。 「私たちには、なにがどうなっているのか説明する為のいくつかの新しい考えが必要になってきたのです。」と Summers は言いました。


Here’s a true-color image of the surface of Pluto:

冥王星表面の正しい色の画像:

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/07/screen-shot-2015-07-24-at-11-10-44-am.png?w=680&h=403


If you have some time today, jump in and watch the live disclosure of findings:

今日時間があるなら、探査についてのライブでの説明を見に行ってください:


Or you can read more about NASA’s findings on their New Horizons project page.

BONUS: Didn’t catch the recent killer photos of planet Earth? Go check em out.

または、NASAの探査について、New Horizonsのプロジェクトページで、もっと多くを読めますよ。

ボーナス: 最近の地球のスゴイ写真を見ていない?なら、ここでチェックしてみて



元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com

広告を非表示にする