ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

2016年に開発者が開発可能な地理空間技術の5つの方法

5 ways developers can exploit geospatial tech in 2016

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2015/10/hands-600497_1920-930x620.jpg

Since the rise of geospatial technology, applications like Facebook, Uber, and Grindr, have enabled users to engage with their surroundings to connect with friends, book a room, or set up a date.

地理空間技術の勃興以来、FacebookやUber、そしてGrindrのようなアプリケーションが、ユーザーの周辺にいる友人に連絡したり、部屋の予約をしたり、またはデートをすることなどを可能にした。

  • exploit - 開発する。功績、偉業
  • geospatial - 地理空間

位置情報ビッグデータ (NextPublishing)
インプレスR&D (2014-03-28)
売り上げランキング: 53,649

But the application of geospatial technologies is really in its infancy. End users demand fast access and precise services that fit their interests, leaving most app developers playing catch up. Here are five tips to leverage the power of geospatial technologies to meet user demands in 2016:

しかし、地理空間技術のアプリケーションは現実に、その幼年期にある。 エンドユーザーは、素早いアクセスと、彼らの興味に沿った正確なサービスを要望しており、 殆どのアプリ開発者は、その需要に追いつこうとしているだけになっているのです。 2016年、ユーザーの需要に出会うため、地理空間技術の活用する5つの方法をどうぞ。

  • infancy - 幼年期
  • precise - 正確な
  • catch up - 追いつく
  • leverage - 活用する

1. Connect data science with geospatial services. Many app developers settle at engaging users with sponsored content based on broad high-level editorial decisions. This practice can end up serving content that is poorly targeted, or even worse, turning users off. Core user data like what interests they have, which restaurants they hit last Friday, and which events they avoided over the weekend, offers huge data mining potential. Be smart: Prioritize investments in machine learning and hire data scientists to perform deep analysis. You’ll end up knowing more about your users’ interests than they know themselves. Connect this data with local services to provide a baseline for serving content that is best suited to your users.

1. 地理空間サービスとデータサイエンスの出会い。 多くのアプリ開発者は、ユーザーを幅広い高レベルの編集決定に基づいたスポンサーコンテンツに出会わせるように取り計らいます。この取組は最終的に貧弱な狙いの内容を提供するに留まる。または、幾分悪く、ユーザーを立ち去らせてしまう。 ユーザーは何に興味を持っているのか?、彼らが先週の金曜日に行ったレストランはどちらか?、彼らはどちらのイベントを週末に避けたか?、といった、ユーザーデータの核は、巨大な可能性を秘めたデータである。 賢くなりなさい:深い分析能力を発揮するため、機械学習とデータサイエンティストの採用への優先的な投資で。 あなたは、最終的に、ユーザー自身が知っているよりも多くのことを知ることになるだろう。 あなたのユーザーに最適なコンテンツを与えるための基準線を提供するために、このデータをローカルサービスに結びつけましょう。

  • settle - 取り計らう。
  • editorial - 社説、編修
  • Prioritize - 優先順位をつける。


2. Optimize for wearable technology. Apple and Google have made huge investments into wearable technologies, but are end users really getting the most out of them? What seems to be a cool fitness monitor or a convenient way of checking and prioritizing email is actually a unique stream of behavioral data input for developers and a localized engagement output for end users. Think of it as another powerful geospatial data stream, from detecting and measuring user location patterns and cross-referencing user preferences to delivering recommendations that make perfect sense to the user’s current time and place. Make your marketing folks super happy; you won’t find nearly as many competitive offerings in wearable marketplaces as you will in overcrowded app stores.

2. ウェアラブルテクノロジーの最適化。アップルとグーグルはウェアラブル技術へ莫大な投資を行ったが、エンドユーザーは本当にその多くを得ているでしょうか?かっこいいフィットネスモニターや、便利な支払い方法、メールの優先順位付けなどは実際に、開発者にとって、またとない行動データの入力の流れであり、エンドユーザーにとっては、その地域に根ざした出力です。 ユーザーの現在の時間と場所に対して完璧な意味のあるレコメンデーションを届ける為に、ユーザーの場所のパターンと、ユーザー設定の相互参照を検出し、測定することで、それを力強い地理空間技術のデータの別の流れとして、考えてみてください。 あなたのマーケティングしている人々を超ハッピーにしてあげましょう。あなたが超満員のアプリストアにいるのであれば、多くの競合がウェアラブル市場で提供しているものとほぼ同じものを見つけただろう。

  • behavioral - 行動の

3. Minimize sophisticated security threats. DDoS attacks are a breeze compared to someone using your geospatial technology to segment, pinpoint, and even engage your users for malicious purposes. Whether it’s a lone wolf or well-financed group, understand and accept that these forces will try to figure out and use geospatial capabilities to take advantage of your users.

3. 洗練されたセキュリティ上の脅威を最小限に抑える。 DDoS攻撃は、あるものに比べれば、そよ風みたいなものだ。 それは、悪意のある目的によって、あなたの地理空間技術を使用して局所やピンポイント、さらに、あなたのユーザーを巻き込んだりさえする者達だ。 それが、一匹狼だろうが、潤沢な資金を持つグループだろうが、それらの力が、あなたのユーザーを利用するために地理空間機能を把握して使用しようとするだろうと、理解し認めなさい。

  • segment - 局所。分割する
  • malicious - 悪意のある
  • take advantage of - 利用する

Invest in a two-pronged security approach: First secure the door by enhancing network security and data encryption to block attempts. Second, identify malicious user signatures by analyzing and detecting similar behavioral characteristics over time.

2方面のセキュリティーアプローチに投資しましょう:最初は、(悪意のある)試みを阻止するため、ネットワークセキュリティとデータの暗号化を高めることによるセキュアなドア。次に、繰り返し行われる類似の行動特性の分析と検出によって、悪意のあるユーザーの署名を識別すること。

4. Curb spam and phishing abuse. Geospatial capabilities are a dream come true for spammers and phishers that create real-life profiles, select and engage victims, and quickly lure in victims using artificial intelligence. The end result: a spiraling volume of users clicking and engaging with competitive services, dodgy scams, and fraudulent offers. Build intrusion detection systems that collect and analyze data points from users (i.e. who do they talk to and when) and correlate geospatial and phone sensor data (i.e. phone orientation and accelerometer input).

4. スパムとフィッシング詐欺を抑えこむ。 地理空間機能はスパマーフィッシング詐欺を行うものたちにとっては夢の実現です。 彼らは、現実生活のプロファイルを生成し、犠牲者を選択して取り入り、そして人工知能を使用して、素早く犠牲者を誘うのだ。 その結果、ユーザー数は、競合サービスや危険な詐欺や詐欺的な申し出へ、螺旋的に流れていく。 ユーザーからのデータポイント(例えば、彼らがいつ誰に話しかけているのか)を収集して分析する侵入検知システムを構築し、地理空間と電話のセンサーデータ(電話の方向と加速度の入力)を相互に関連付けなさい。

  • victims - 犠牲者
  • lure - 誘致
  • spiraling - スパイラル
  • dodgy scams - 危険な詐欺
  • fraudulent offers - 詐欺的な申​​し出
  • intrusion - 侵入
  • correlate - 相互に関連付ける

5. Harness the two-way value street of iOS and Android. Many app developers use an iOS-centric design form for all UX/UI. That is, copy, paste, and patch iOS design schemes and styles to any mobile device OS. Android has many unique and powerful functions like tactile animations and floating buttons. Hire mutually exclusive experts in Android and iOS design and development and enable them to complement (not copy from) the other. While you’re at it, focus your UX/UI to accommodate more one-handed use — it’s happening more and more with the use of larger phones.

5. iOSAndroidの2つの価値ある道を用意する。 多くのアプリ開発者が、全てのユーザー体験、ユーザーインタフェースの為に、iOSを中心としたデザインの形式を使用している。 それは、iOSのデザインスキームとスタイルをコピーして、他のモバイルデバイスOSへ、貼り付けて継ぎ接いだものだ。 Androidは、触覚アニメーションやフローティングボタンなどのような、多くのユニークでパワフルな機能を持っている。 互いに排他的なAndroidiOSのデザインと開発への熟練者を雇い入れ、彼らに他方を補完してもらうのです(コピーではありません)。 あなたがそこにいる間、片手での操作に対応するため、あなたのユーザー体験とユーザーインタフェースに焦点を合わせましょう ― それは、より大きなスマートフォンで、発生しています。

  • tactile - 触覚の
  • mutually - 互いに
  • accommodate - 受け入れる

2016 will be all about predicting and anticipating consumer behavior. In order to take advantage of the engagement potential that geospatial technologies offer, you’ll need more and more data, both in user volume and metrics, to gain and maintain a competitive advantage. Go big with investments in machine learning and hire the smartest data scientists out there to analyze data sets to understand exactly what your users want, at the perfect time, and the perfect place.

2016年は、だいたい消費者の振る舞いを予測し先取りすることになるだろう。 地理空間技術が提供するエンゲージメントの可能性を利用するために、 あなたは、もっともっと多くのデータを必要とするだろう。ユーザーボリュームと、そこから得られるものの両方で、競争の優位性を増して維持するために。 あなたのユーザーが欲しがっているものを、最適なときに最適な場所で、正確に理解するためのデータセットを分析するために、機械学習への投資と、最も賢明なデータサイエンティストの採用によって大きく行きましょう。


元記事は以下からどうぞ。

venturebeat.com

広告を非表示にする