ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ちっちゃな二人の創業者が印象的な、お駄賃アプリのBeanstocks

These Two Little Founders Impress With Beanstocks, A Parent-To-Child Payments App




Two of the youngest co-founders to take the stage at TechCrunch Disrupt’s Hackathon on Sunday were Kieran Mann, 9, and Rohan Chopra, 10. The duo impressed the crowd as they delivered a killer pitch for their app, Beanstocks, an app that allows parents to coordinate allowances and payments for their kids that are attached to real bank accounts.

日曜日、TechCrunch Disruptのハッカソンのステージに立った二人の若い共同創業者は、9歳のKieran Mannと10歳のRohan Chopraでした。 この二人は、親が子供のために、実際の銀行口座に関連付けられたお小遣いを調整できるようにする彼らのアプリ Beanstocks の素晴らしいプレゼンを行って観客を感動させました。

Beanstocks has versions for both parents and children, allowing mom or dad to set recurring payments for kids’ chores like cleaning their room and send cash easily.

Beanstocksは、親用と子供用の両方のバージョンがあり、ママやパパに部屋の掃除のような子供のお手伝いに対する定期的なお駄賃の支払いを設定できるようにして、簡単に現金を送金できるようにしています。

  • chores - 雑用

https://tctechcrunch2011.files.wordpress.com/2015/09/img_0456.jpg?w=1024&h=768

“Piggy banks are so last century,” exclaimed Mann as he pitched onstage. What the founders have in mind is a situation where kids are engaging with real life banking practices from an early age. Younger users can use the app to keep track of their cash and manage how they’re spending money.

「ブタの貯金箱は、20世紀の遺物です」Mannがステージ上から訴えました。 この創業者達の心にあるのは、子供達が小さな頃から現実生活で貯金の練習を行っているという状況です。 若いユーザーは彼らの現金を追跡し続けて、どれくらいお金を使っているのかを管理するために、このアプリを使っています。

Chopra told me that connecting a bank account also takes away lame excuses from parents who may not have cash on them to pay for doing the weekly chores, all they have to do is tap on a toggle in Beanstocks and whatever quantity of cash they have in mind is transferred to the child’s bank account.

Chopra は「銀行口座に接続することで、毎週のお手伝いにお駄賃を出すときに「お金を持っていない」なんて言う親から下手な口実を奪ってもいるんだ」と、私に語ってくれました。 「彼らがすべきことは Beanstocksでボタンをタップすることだけ。そうすれば彼らの思った分のお金が子供の銀行口座に送られるんだよ。」

  • lame excuses - ラメでキラキラ彩られたような言い訳。下手な口実、苦しい言い訳。

Mann and Chopra are both buddies at school who love building stuff. The pair said this is the first Hackathon they’ve participated in, but I wouldn’t have guessed it judging by how at-ease they appeared. They both gave me a quick walkthrough of the app’s different workflows and were both chatting with each other about improvements that they could add in even as they were delivering a pretty convincing pitch.

MannとChopraは学校で、ものづくりが大好きな仲間です。この二人は、これがはじめてのハッカソンへの参加だと言いました。しかし彼らが現れたとき、私は、それが使いやすさによって判定されているとは推測していませんでした。 彼ら二人は私に、そのアプリの別のワークフローを素早く説明してくれました。とても便利な機能を届けたのに、さらに改良を加えることについて互いにおしゃべりしていました。

Mann and Chopra aren’t done with Beanstocks and seemed excited for all of the potential features they were hoping to add, so keep an eye out for what’s next from these two.

MannとChopraは Beanstocksを終わらせておらず、彼らが追加したいと望んでいた、可能性のある機能の全てに興奮しているように見えました。 ですから次に何を繰り出してくるのか、この二人から目を離せません。



元記事は以下からどうぞ。

techcrunch.com