ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

Androidのスマートフォンを地震センサーにするアプリ

This app turns your Android phone into an earthquake sensor

http://1u88jj3r4db2x4txp44yqfj1.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2016/02/2016-02-12T210326Z_1_LYNXNPEC1B178_RTROPTP_3_QUAKE-NEPAL.jpg
Above: People gather near the cracks on the road caused by an earthquake in Bhaktapur, Nepal April 26, 2015. Rescuers dug with their bare hands and bodies piled up in Nepal on Sunday after an earthquake devastated the heavily crowded Kathmandu valley, killing at least 1,900, and triggered a deadly avalanche on Mount Everest. Image Credit: REUTERS/Navesh Chitrakar

画像:2015年4月26日、ネパールのバクタプルの地震により道路の裂け目の近くに集まる人々。救助活動は彼らの素手で行われ、とても混雑したカトマンズの谷を地震が襲った後の日曜日、ネパールに人々の体が積み上げられました。この地震により、少なくとも1900人が亡くなり、エベレスト山の雪崩を引き起こしました。

  • devastated - 打撃を受けた

KAKURI サバイバルシート(防寒・保温シート)
角利産業
売り上げランキング: 808

(By Sebastien Malo, Reuters) — Smartphones could become the makeshift quake detectors of the future, thanks to a new app launched Friday designed to track tremors and potentially save the lives of its users.

スマートフォンが、未来の地震検出器の一時的な代用品になる可能性がある。 その金曜日に発表された新しいアプリは振動を追跡し、潜在的にそのユーザーの命を守るように設計されている。

  • makeshift - 一時しのぎ
  • tremors - 震え、振動
  • potentially - 潜在的に

MyShake, available on Android, links users to become an all-in-one earthquake warning system; it records quake-type rumblings, ties a critical number of users to a location, and could eventually provide a countdown to the start of shaking.

Androidで利用可能な MyShake は、オール・イン・ワンの地震警報システムになるためにユーザーをつなぎます。 地震の揺れのタイプを記録し、危険にさらされるユーザー数を場所に関連付け、最終的に、揺れ始めるまでのカウントダウンを提供可能です。

Its inventors say the app, released by the University of California, Berkeley, could give early warning of a quake to populations without their own seismological instruments.

カリフォルニア大学によりリリースされたこのアプリは、地震学の機材を所有しない人々に対して、地震の早期警報を与えることが出来ると、この発明者は言っています。

“MyShake cannot replace traditional seismic networks like those run by the U.S. Geological Survey,” said Richard Allen, leader of the app project and director of the Berkeley Seismological Laboratory.

「MyShakeは米国地質調査により稼動しているような伝統的な地震のネットワークを置き換えられません。」このアプリプロジェクトのリーダーで、バークレイ地震学研究所のディレクターであるリチャード・アレンが言いました。

“But we think MyShake can make earthquake early warning faster and more accurate in areas that have a traditional seismic network, and can provide life-saving early warning in countries that have no seismic network.”

「しかし、MyShakeは、伝統的な地震ネットワークを持つ地域では、地震の早期警報を、素早くそして高精度にできる。そして、地震ネットワークのない国々では、救助のための早期警報を提供できるのです。」

Earthquake-prone countries in the developing world with poor ground-based seismic network or early warning systems include Nepal, Peru, Pakistan, Turkmenistan and Iran, he said.

地上の地震ネットワークや警報システムが貧弱で、地震が多い傾向のある開発途上国には、ネパール、ペルー、パキスタントルクメニスタン、イランなどが含まれます。そう彼は言いました。

The algorithm behind MyShake, developed by a handful of Silicon Valley programmers, relies on the same technology smartphone gamers depend on to sense the phone’s orientation, known as the accelerometer, in order to measure movement caused by quakes.

シリコンバレープログラマー達によって開発された、そのMyShakeが基づくアルゴリズムは、地震の動きを計測するために、スマートフォンのゲーマー達が方向を検知することに依存している、加速度計として知られる技術と同じものに頼っています。

What smartphones lack in sensitivity — they can only record earthquakes above magnitude 5 within 10 kilometres (6 miles) — they make up for in ubiquity.

スマートフォンの感度は悪い ― それらは、10キロ以内でマグニチュード5以上の地震だけを記録できます ― それらは偏在するために作り上げている。

Currently, 300 smartphones equipped with MyShake within a 110-km square area are enough to estimate a quake’s location, magnitude and origin time.

現在のところ、110キロメートル四方内の領域に、MyShakeが装備された300台のスマートフォンがあれば、地震の場所と規模と発生時刻を見積もるのに十分です。

There were some 3.4 billion smartphone subscriptions worldwide in 2015, according to the Ericsson Mobility Report, so the app’s creators hope to build a seismic network covering the globe.

エリクソンモバイルレポートによれば、2015年には世界中で34億のスマとフォンの契約がありました。 ですから、このアプリのクリエーター達は、地球を覆う地震ネットワークを構築したいと希望しています。

“We want to make this a killer app, where you put it on your phone and allow us to use your accelerometer, and we will deliver earthquake early warning,” Allen said.

「私たちは、このキラーアプリを作りたい、これを、あなたのスマホに入れて、あなたの加速度計を私たちに使用させてください。そうすれば、私たちは、地震の早期警報を届けられるでしょう。」 アレンが言いました。

Sophisticated early-warning systems can warn of coming quakes as much as a few minutes before they begin, but cannot stop them causing death and destruction on a large scale.

洗練された早期警報システムは、地震が来る数分前に、警告することが可能ですが、大規模な死や破壊を引き起こすことを止めることは出来ない。

Nepal is still rebuilding after two separate earthquakes in April and May 2015 that killed 9,000 people, injured more than 22,000 and damaged or destroyed nearly 900,000 houses.

ネパールはまだ復興中です。2015年の4月と5月の2つの地震で、9000人が亡くなり、負傷者は22000人以上、90万戸近くの家屋が被害を受けたり破壊されました。

(Reporting by Sebastien Malo, editing by Tim Pearce for Thomson Reuters Foundation, the charitable arm of Thomson Reuters, that covers humanitarian news, women’s rights, trafficking, corruption and climate change. Visit http://news.trust.org)


元記事は以下からどうぞ。

venturebeat.com

広告を非表示にする