読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

テスラの「生物兵器防御」フィルターは実際に空気を浄化し、あなたを救えます

Tesla 交通・輸送

Tesla’s “Bioweapon Defense” Filter Can Purify Air That Would Kill You

https://img.buzzfeed.com/buzzfeed-static/static/2016-05/2/16/enhanced/webdr07/enhanced-mid-32056-1462220532-1.jpg?no-auto
Tesla / Via teslamotors.com


究極のサバイバルテクニック
ベア・グリルス
朝日新聞出版 (2014-04-18)
売り上げランキング: 4,230

Tesla CEO Elon Musk doesn’t go for half measures. His electric cars feature “Insane” and “Ludicrous” modes that deliver on that hyperbole, taking them from zero to 60 miles per hour in a matter of seconds. So it’s hardly surprising to learn that the “bioweapon defense mode” Tesla has built into the air filtration systems of its Models S and X vehicles works largely as advertised.

テスラのCEO イーロン・マスクは中途半端なことはしない。 彼の電気自動車は「非常識」で「馬鹿げた」モードを装備している。そのモードは文字通りの意味ではないが、停止状態から時速60マイル(およそ97km)まで、ほんの数秒しかかからないというものです。だからテスラがその乗用車 Model SとXの、空気フィルターシステムに構築した「生物兵器防御モード」が、宣伝通りに動作すると知っても、驚きはしない。

The level of pollution Tesla is proving it can handle don’t exist — it’s a purely hypothetical feature, built simply because Tesla has the ability to build it. “We’re trying to be a leader in apocalyptic defense scenarios,” Musk said, when unveiling the Model X last fall. The filter itself is a specifically designed high efficiency mechanical filter that Tesla claims can filter out bacteria, allergens, and viruses.

テスラが扱えると証明した汚染レベルは存在しません ― それは純粋に仮想的な機能で、単にテスラはそれを構築する能力を持っているから作りました。 「我々は終末論的な防衛シナリオにおけるリーダーになろうとしている」マスクは昨年の晩秋 Model Xのお披露目の時に言いました。 それ自体が高効率な機械的フィルターだとテスラが主張するそのフィルターは、バクテリアやアレルゲン、そしてウィルスをフィルターできます。

To prove that the filtration system could live up to its “bioweapon” name, Tesla engineers subjected a Model X to “extreme levels of pollution,” exposing it to air close to 100 times more contaminated than what the EPA defines as “good.” Then, they turned on “Bioweapon Defense Mode.” According to a blog post Tesla published on Monday, the the car’s filtration system took less than two minutes to scrub the air inside the care clean, making it safe enough for testers to remove their gas masks.

そのフィルタリングシステムが、その「生物兵器」と名づけられるまで生きられるということを証明するため、テスラのエンジニア達が、EPAが「良い」と定義する状態よりも100倍近く汚染された「究極の汚染レベル」の空気に曝(さら)して、Model Xで受けて立ちました。 そこで、彼らは「生物兵器防衛モード」をオンしました。月曜日にテスラが公開したブログ記事によれば、その車のフィルターシステムは、2分未満で内部の空気をきれいにし、テスターたちがガスマスクを取り外してもよいぐらいまで十分に安全にしました。

“Bioweapon Defense Mode is not a marketing statement, it is real,” Tesla proclaims in its blog post. “You can literally survive a military grade bio attack by sitting in your car.”

生物兵器防衛モードは、宣伝文句ではありません。それは現実です。」テスラは、そのブログ記事で宣言します。「あなたは、この車の中に座っていれば、軍事的な生物兵器による攻撃を、文字通り生き延びられるのです」

Of course, the company had to find a way to test that particular claim. So, since the levels of pollution necessary to put the filtration system through its paces don’t exist on roads (a good thing, for everyone in the world not in a hospital clean room right now), the company had to build its own test environment — in this case, a giant bubble.

もちろん、同社はその特定の主張を試験する方法を見つけなくてはなりませんでした。 そのため、そのペースを通じてフィルターシステムを配置するために重要な汚染レベルは道路上に存在しません。 (今現在、世界中の病院のクリーンルームにいない全ての人にとって、良いことです。)

Interestingly, Tesla also measured the quality of the air around the Model X in the bubble and, evidently, the car’s filtration system was able to clean it as well. According to Tesla’s measurements, the contamination in the surrounding area dropped by 40%. So, if you’re not on the waiting list to buy a Tesla right now, take solace in the fact that just being close to one could help in case of a bio attack.

興味深いことに、テスラはこの風船の中で、Model Xの周囲の空気の品質も計測し、明らかに、この車のフィルターシステムは同様に空気を浄化できたのです。 テスラの計測によれば、その周囲の領域の汚染は40%低下しました。 もしあなたがテスラの購入待ちリストに載っていないのならば、生物兵器の攻撃があったとき、あなたは誰か一人の命を救えるということになります。その事実でご自身を慰めてくださいね。

Brendan Klinkenberg is a tech reporter for BuzzFeed News and is based in San Francisco. Contact Brendan Klinkenberg at brendan.klinkenberg@buzzfeed.com.


原文は以下の記事です。

www.buzzfeed.com