読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニュースな英語のホンヤクコンニャク

英語のニュースでお勉強。 知らない単語や表現を、こっそり調べてエラそうに説明してみるブログです。 元の記事から数日遅れることもありますので、ニュースとしては役に立たないこともある。IT系・技術系が主たる対象であります。

ボットの共通技術標準化に、最大のボットのプラットフォーム、スタートアップ、そして投資家達が取り組んでいます

How the biggest bot platforms, startups, and investors are working on common tech standards

f:id:takamints:20160826072813p:plain
Above: Startups, investors, and leaders from the biggest chat platforms on the planet gather for a photo at the Botness conference held June 13-14 at PCH/Highway1 in San Francisco. Credit: Botness

It’s early days for bots, but based on what is being made, VB Insights believes the bot landscape is made up of more than 170 companies who have received more than $4 billion in funding.

現在はボットにとって始まりの時期ですが、作られているものに基づけば、今後のボットの展望は、40億ドル以上の投資を受けた170を超える企業で構成されているとVBインサイトは考えています。

On Wednesday the influential Botness group released a survey to get a better feel for the bot community.

水曜日に、影響力のあるBotnessグループが、このボットのコミュニティにとって、より良い感触を得るための調査を発表しました。



“The aim is to give everyone who is investing in messaging and bots access to the same information. Once published, we will extract the list of pressing problems and issues to be discussed at the next Botness event and solicit for participants for working groups,” the group said in a Medium post penned by Chris Messina of Uber, Jon Bruner of O’Reilly Media, and Automat CEO Andy Mauro.

「目的はメッセージングに投資しているすべての人とボットが同じ情報にアクセスするようにすることです。一度発行されると、私たちは、次のBotnessイベントで議論される、差し迫った問題のリストを書き出し、ワーキンググループへの参加者に求めるでしょう。」 Uberの Chris MessinaとO’Reilly Media の Jon Bruner、そして、Automat の CEO、Andy Mauroによって書かれたMedium の記事で、このグループが言いました。

  • pressing problems - 差し迫った問題
  • solicit - 求める

Botness has held two events. The first Botness, held in April at Slack headquarters, attracted about 20 people. Among them: Twilio CEO Jeff Lawson, Tim O’Reilly of O’Reilly Media, Veronica Belmont of Growbot, early bot investor Phil Libin of General Catalyst, and Lili Cheng of Microsoft Research.

Botnessは2つのイベントを開催します。最初のBotnessは、Slackの本社で4月に開催され、20人ほどが参加しました。 彼らの中には、TwilioのCEO Jeff Lawson、O’Reilly Media の Tim O’Reilly、Growbot の Veronica Belmont、初期のボットへの投資家 General CatalystのPhil Libin、そして マイクロソフト・リサーチの Lili Cheng がいました。

Leaders from Facebook Messenger, Kik, Slack, Twilio, Microsoft, and Google — owners of the largest chat apps on the planet — attended the last Botness event, held June 13-14 in San Francisco.

フェイスブックメッセンジャー、Kik、Slack、Twilio、マイクロソフトのリーダーたち、この惑星の大きなチャットボットアプリのオーナーたちが、7月13日から14日にサンフランシスコで開催された最新のBotnessイベントに出席しました。

Also in attendance were more than 100 people representing 30 startups like Howdy, ManyChat, and Kip, as well as Matt Hartman and Peter Rojas from betaworks, creators of bot camp, possibly the first startup accelerator for bots.

また、出席者は、bot camp のクリエイターであり、おそらく最初にボットを加速したスタートアップである betaworks の Matt Hartman と Peter Rojas に並んで、HowdyやManyChat そして Kip など、30のスタートアップからで、100名を超えました。

“I think what you’re seeing is the community rallying together around the fact that it’s an early market and there are no standards and the APIs are immature, so that we can all figure out how to solve this together, which is also I think pretty amazing,” Mauro told VentureBeat at Botness.

「あなたが見ているのは、それが初期の市場であって、標準が無く、APIが未熟だという事実の周辺で、ともに立ち上がっている、このコミュニティなのだと私は考えています。 ですから、私たちは、どうやってこれを一緒に解決するかということを完全に描き出せます。 これは、まったく素晴らしいと、私は考えてもいます。」 MauroはBotnessでVentureBeatに語りました。

  • rallying - 立ち直る、持ち直す、盛り返す、立て直る
  • immature - 未熟

(以下は後程)


Mauro led two workshops at the Botness gathering that brought startups and major chat platforms together to discuss what developers need to create awesome bots. Botness and the workshops encouraged collaboration to make a vibrant bot ecosystem. The survey is the first step in that direction, he said in the Medium post Wednesday.

Mauroは開発者が素晴らしいボットを作るために必要とするものを議論するために、スタートアップと主要なチャットプラットフォームをもたらしているBotnessの集会で、2つのワークショップを率いました。 Botnessとそのワークショップでは、活気のあるボットのエコシステムを作るために、コラボレーションを奨励しました。 その調査は、その進行方向の中で、最初の段階にありますと、彼は水曜日のMediumの記事の中で言っています。

  • gathering - 集会
  • vibrant - 活気のある

“Everyone quickly realized that transparency and collaboration were essential to turning the promise of messaging and bots into a viable market where both platform companies and startups can thrive building experiences consumers love,” Mauro said about the workshops.

「誰もがすぐに、透明性と協調が、メッセージングとボットの約束を、実行可能な市場へ変化させるために不可欠だと気付きました。 プラットフォーム企業とスタートアップの両方が、消費者が好きな体験を作りながら繁栄できる市場です。」

  • viable - 実行可能な
  • thrive - 繁栄する

Final day to fill in the survey is Sept. 1.

調査が入る最終日は、9月1日です。


元記事は以下。

venturebeat.com